レノボ ThinkPad Z13 Gen 1 レビュー:良デザインで仕上がりの良さが好印象!所有満足度の高い13.3型モバイルノートPC

 

【アフィリエイト広告】
貸出機材提供:レノボ・ジャパン合同会社

正面斜め

レノボ ThinkPad Z13 Gen 1 (以下、ThinkPad Z13 と記載)は、AMD Ryzen PRO 6000 シリーズ モバイル・プロセッサーを搭載した高性能な 13.3型モバイルノートPCです。

モバイルノートとして快適に使えるスペックの搭載により、軽快な動作でパフォーマンスも快適! ベンチマークによる性能評価も良好です。

筐体には再生アルミニウム素材が採用され、アークティックグレーとヴィーガンレザーの2つのバリエーションで展開。いずれもスタイリッシュ感と高級感をあわせ持つデザインで多くのユーザーが高い所有満足度を得られる仕上がりです。

■ThinkPad Z13 Gen 1 の特徴

  • AMD Ryzen PRO 6000 シリーズ モバイル・プロセッサーを搭載
  • 再生アルミニウム素材の筐体ながらスタイリッシュで高級感あるデザイン
  • アークティックグレーとヴィーガンレザーのモデルを展開
  • MIL-STD-810H(米国国防省調達基準)の12のメソッドに準拠した堅牢ボディ
  • 4辺極狭ベゼルの高輝度・広色域ディスプレイ
  • フルHD IR カメラと指紋認証センサーを標準搭載
  • キー操作でカメラをオン/オフできる

レビューでは、メーカーからお借りしたヴィーガンレザーの実機を試用して前半で外観デザイン/ディスプレイ/キーボードなどをチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能評価を行います。

天面斜め(壁紙)

レビューは 2023年2月15日時点の内容です。

 

スペック構成

ThinkPad Z13 は、アークティックグレーとヴィーガンレザーの2つのバリエーションでラインナップ。おもなスペックは以下のとおりです。

デザインタイプ■アークティックグレー
■ヴィーガンレザー
OS■Windows 11 Home 64bit
■Windows 11 Pro 64bit
■Windows 10 Pro 64bit
CPU■AMD Ryzen 5 PRO 6650U プロセッサー
■AMD Ryzen 7 PRO 6860Z プロセッサー
メモリ■16GB LPDDR5-6400MHz (オンボード)
■32GB LPDDR5-6400MHz (オンボード)
ストレージ■512GB SSD (M.2 2242 PCIe-NVMe Gen4 TLC OPAL対応)
■1TB SSD (M.2 2242 PCIe-NVMe Gen4 TLC OPAL対応)
■1TB SSD (PCIe NVMe x2)
ディスプレイ■13.3型 WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 光沢なし, マルチタッチ非対応, 100%sRGB, 400 nit, 省電力
■13.3型 WUXGA液晶 (1920 x 1200) IPS, 反射防止/汚れ防止, マルチタッチパネル, 100%sRGB, 400 nit, 省電力
■13.3型 WQXGA+ OLED(有機ELディスプレイ) (2880 x 1800) 反射防止/汚れ防止, マルチタッチパネル, 100%DCI-P3, 400 nit
グラフィックス■AMD Radeon 660M グラフィックス (Ryzen 5搭載時、CPUに内蔵)
■AMD Radeon 680M グラフィックス (Ryzen 7搭載時、CPUに内蔵)
ワイヤレスWi-Fi 6E対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠) + Bluetooth 5.2
カメラFHD 1080p カメラ、IRカメラ、電子式プライバシーシャッター
バッテリー駆動時間最大 約22.8時間
本体サイズ(W×D×H)約 294.4×199.6×13.99 mm
本体質量約 1.19kg

 

ラインナップしているモデルのスペック詳細、価格など最新情報はレノボ直販サイト「レノボショッピング」をご確認ください。

真正面

ThinkPad Z13 Gen 1
税込 18万円台から

関連リンク

 

 

外観チェック

スタイリッシュで高級感あるデザイン

ThinkPad Z13 は、スタイリッシュ感と高級感をあわせ持つデザインです。

正面側 右側

背面側 右側

レビュー機はヴィーガンレザーのモデル。天面には再生プラスチック由来の素材で生成されたヴィーガンレザーが施されています。

天面真上

天面斜め(その1)

天面斜め(半開き)

しっとりとした感触で本革のような風合いです。アルミ素材やプラスチック素材で作られたパソコンにはない独特の高級感があります。指紋や皮脂の跡は目立ちません。

天面斜め(ThinkPad ロゴ)

天面斜め(Lenovo ロゴ)

また、筐体の素材は再生アルミニウム。再生アルミニウムを感じさせない上質な仕上がりで筐体の周囲に施されたブロンズのカラーがアクセントになっています。

本体はとてもスリム!バッグへの出し入れもスムーズにできそうです。

スリムボディ(前面側)

スリムボディ(背面側)

手に持ってもスリム
本体はスリム

 

筐体は剛性を重視した「ユニボディ」の構造です。シンプルで見た目もスッキリしています。

底面真上

底面(斜め)

ゴム足は前面側左右に2箇所、背面側ヒンジ近くに1箇所、計3箇所に実装されています。本体の安定性は良好です。

ゴム足

排気口はヒンジのあいだに実装されています。

排気口
排気口(ヒンジのあいだ)

ちなみに、背面側のゴム足は排気口から排熱された空気が再び吸気口に入り込むことを遮断する役割も兼ねています。これにより本体内部を効果的に冷却できるメリットがあります。

ゴム足で排熱を遮断
背面側ゴム足で排熱を遮断

天面は片手で開けられる

ThinkPad Z13 の天面は片手で開くことができます。

天面は片手で開くことができる

スリムでコンパクトな筐体でも天面を片手で開くことができるのは珍しいです。もちろんタイピング中にディスプレイがグラつくことがないようヒンジのトルクは最適化されています。

インターフェースは少ない

ThinkPad Z13 のインターフェースは、デザイン性をそこなわないようにするためか、少ないです。

インターフェース(左側面)

左側面

①USB 4 Type-C (Thunderbolt4 対応)

インターフェース(右側面)

右側面

②マイクロホン/ヘッドホン・コンボ・ジャック

③電源ボタン (LED内蔵)

④USB 4 Type-C (Thunderbolt4 対応)

USB Tyee-A の周辺機器をつないだり HDMIポートを使って外部モニターへ出力するときなどポートを拡張するときは USB Type-C ハブを使用するとよいでしょう。サードパーティーのハブでも拡張性は格段にアップします。

USB Type-C ハブ

顔認証カメラと指紋認証センサー搭載

ThinkPad Z13 は、顔認証カメラと指紋認証センサーを搭載しています。

顔認証
顔認証でサインイン

指紋認証
指紋認証でサインイン(指紋認証センサーは電源ボタンに内蔵)

顔認証と指紋認証は併用が可能です。マスクを着用しているときは顔認証でサインインできませんが、指紋認証でサインインできるメリットがあります。認証精度はいずれも良好です。

なお、カメラはプライバシーシャッター付きで、[F9]キーを押すだけでカメラの有効/無効を切り替えられます。

カメラシャッター
左の画像:シャッターを開いてカメラ有効
右の画像:シャッターを閉じてカメラを遮断

オンライン会議などでカメラを無効にしたいとき、キーボード上で瞬時に操作できるメリットがあります。

ただし、シャッターは電子式で、カメラの接続を電子回路上で切断するだけです。プライバシーシャッターを有効にしているときもカメラレンズはふさがれません。

カメラの状態確認は、[F9]キーを押したときに画面下側に数秒程度表示されるカメラの状態アイコン(上記写真で矢印の指すところ)やキー内蔵のLEDで確認できます(点灯時はカメラ無効)。

プライバシーキー
[F9]キーでカメラ有効/無効を切り替え
LED点灯時はカメラ無効

スピーカーは底面側左右に実装

スピーカーは底面側左右に実装されています。

スピーカー
スピーカーは底面左右に実装

スピーカー(拡大)
スピーカーの拡大

低音域が少し弱い感じはするものの、音質としてはまずまずです。

コンパクトで軽い

本体の大きさのイメージです。本体の下に A4コピー用紙を置き、本体上に B5版ノートを載せています。

本体の大きさイメージ
本体のサイズ感

本体は A4サイズより小さく、とてもコンパクトです。

本体を閉じたときの高さのイメージです。

本体の高さ
本体の高さを CD ケース(通常サイズ)2枚と比較
(通常サイズの CDケースの厚さは 10mm)

ゴム足を含めた本体の高さは実測で 17~19(最厚部)mm。CDケース 2枚より薄く、とてもスリムです。

本体や電源アダプターなどの重量を実測します。

本体の重さ
・本体:1,286g
・電源アダプター:254g
・電源コード:60g

本体は持ち歩きがラクにできる軽さです。

本体の重量感
本体は持ち歩きがラクにできる軽さ

電源アダプターは最大出力が 65W。そこそこコンパクトで手のひらに収まるサイズです。

電源アダプターの大きさ比較

電源アダプターの大きさ

 

ディスプレイのチェック

高輝度&広色域ディスプレイ

レビュー機のディスプレイは Lenovo製のタッチ対応IPS液晶パネル[型番:LEN41A7 (NV133WUM-N63)]。

映像の描画(気球)
画像の表示例(その1)

映像の描画(紅葉)
画像の表示例(その2)

文字の描画
テキストの表示例

自然な色合いでキレイに描画されます。

なお、レビュー機のディスプレイ設定には 2種類のプロファイルが用意されています。2つのプロファイルで色調バランスや輝度、色域を計測したところ結果はほぼ同じ、見た目の色合いにわずかな違いがありました。実際の使用においてはお好みの色合いで選択するとよいでしょう。

ここではデフォルト設定での計測結果を掲載します。

トーンカーブは、青と緑がやや強めに出ていますが RGB ともに理想的な 45度の角度に近い形状で色調バランスは良好です。

トーンカーブ
トーンカーブ
(キャリブレーションツール「i1Display Pro」で計測)

輝度の計測結果はディスプレイの明るさ設定 100 のとき「376 nit」。高輝度で見た目でも十分な明るさを感じます。

 

色域の計測結果です。

色域
色域
(色度図作成ソフト「ColorAC」にて作成)

規格カバー率
sRGB97.9%103.7%
Adobe RGB75.9%76.9%
DCI-P376.2%76.4%

広色域で色再現性にもすぐれています。写真編集などシビアな色再現が必要な作業にも活用できます。

 

狭額縁ベゼル

ベゼルは狭額縁です。

左右のベゼルは狭額縁

上部ベゼルはカメラユニットの収納部分にデザイン性を考慮しつつ少しだけ厚みがありますが、全体的に画面周りはとてもスッキリしています。

 

映り込みはほとんど気にならない

ディスプレイの映り込み具合をチェックします。

画面映り込み(その1)

画面映り込み(その2)

レビュー機は液晶パネルに反射防止加工が施されているので、タッチ対応ながら映り込みは意外に低減されています。暗い映像のときはやや映り込みがあるものの、映り込みが気になることはほとんどないと思います。

広い視野角

視野角をチェックします。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに視野角は広く、斜めからも描画されている映像をはっきり確認できます。

ディスプレイを開く角度は十分な範囲をカバー

天面を開くことのできる最大角度は約 133度。

ディスプレイの最大角度

クラムシェルタイプのノートパソコンとして十分な角度をカバーしています。

 

キーボード&タッチパッドのチェック

タイピングしやすいキーボード

ThinkPad Z13 のキーボードはレイアウトは標準的です。

キーボードレイアウト(クリックで拡大表示できます)

とくに、ThinkPad シリーズの左側[Ctrl]と[Fn]キーの配列は一般的なキー配列と逆ですが、ThinkPad Z13 では一般的なキー配列と同じである点は好印象です。

キーピッチは実測で 約19mm。フルサイズキーボードと同等のキーピッチで窮屈な感じはありません。

キーボードに両手を置いたときのイメージ

キートップの形状は中央部分が少しへこんでいます。サラサラした感触で指先のフィット感は良好です。

キートップ

キーストロークは浅めで(感覚的には)1.3mmくらい。

キーストローク
タイプ音は「タクタク」という音。音の大きさは静か

深めのストロークを好むユーザーは違和感があるかもしれませんが、キーの押し込む強さやキーを押し込んだ後の反発もちょうど良い感じなので慣れればフツウに使えると思います。

キーボードにはバックライトを搭載

キーボードにはバックライトが搭載されています。

キーバックライト

キーボード・バックライトの明るさは、2段階で切り替えできます。

[Fn]+[Space]キー押下:点灯(暗)→点灯(明)→消灯

トラックポイントで操作メニューが表示できる

トラックポイントをダブルタップすると、カメラや音声などを設定変更できる操作メニューが表示されます。

トラックポイント操作メニュー
トラックポイントで操作メニュー表示

オンライン会議などで必要な機能を調整するときに役立ちます。

また、操作メニューにある音声入力については「音声入力を開始」ボタンをクリックするとメモ帳が開き音声をテキストに自動変換してくれます。(日本語対応です)

筆者が試したところ、かんたんな文章から比較的複雑な文章も自動で変換してくれました。便利な機能で活用できるシーンは意外に多そうです。

質感のよいパームレスト

パームレストの素材もアルミニウム。ツルツルとした感触で質感も良好です。

パームレスト

指紋や皮脂の跡はブラック系のカラーとしては目立ちにくいです。汚れが気になったら柔らかいクロスなどでかんたんにふき取れます。

大きめサイズで扱いやすいタッチパッド

タッチパッドは大きめのサイズで感触はツルツル、なめらかなスベリで指2本あるいは3本を使ってのジェスチャー操作もスムーズです。

タッチパッドのサイズ感
タッチパッドのサイズ感

なお、クリック操作はタッチパッド上部側の左右でも操作は可能です。(下部側の左右でもクリック操作可能)

ただし、クリック感は独特で、軽く押すだけでクリック動作します。はじめのうち違和感はあるかもしれませんが、慣れてくれば違和感は低減します。

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは、レビュー機の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほかバッテリー性能や総合的なパフォーマンスを評価します。

レビュー機の基本スペック

CPUAMD Ryzen 5 PRO 6650U プロセッサー
メモリ16GB LPDDR5-6400MHz (オンボード)
ストレージ512GB SSD (PCIe NVMe Gen4)
グラフィックスAMD Radeon 660Mグラフィックス

評価に使用したベンチマークは以下のとおり。

評価項目使用するベンチマーク
CPU性能CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]
CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]
グラフィック性能3DMark FireStrike
ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]
ストレージ性能CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンスPCMark 10
バッテリーBatteryInfoView(バッテリー残量測定用)

ベンチマークの実施にあたっては、電源オプションの電源プランを「バランス」に、電源とバッテリーの電源モードを「バランス」と「最適なパフォーマンス」に設定して実行しています。

電源プラン
電源プランの設定

電源モード
電源モードの設定

なお、ThinkPad Z13 にインストールされている Lenovo Vantage の電源スマート設定(パフォーマンスの設定を切り替える機能)は Windows 設定の電源モードで切り替えるように設計されています。

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R20 と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで評価します。

評価にあたっては、性能レベルを把握するため下記 CPU のスコアと比較します。

・インテル Core i7-1260P プロセッサー

・インテル Core i5-1240P プロセッサー

・インテル Core i7-1255U プロセッサー

・インテル Core i7-1250U プロセッサー

・インテル Core i5-1235U プロセッサー

・インテル Core i7-1165G7 プロセッサー

・インテル Core i5-1135G7 プロセッサー

・AMD Ryzen 7 5825U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 5625U プロセッサー

・AMD Ryzen 7 5800U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 5600U プロセッサー

※当サイトで計測したスコアの平均値

■CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]

CPU
Ryzen 7 5825U
4148 pts
Core i7-1260P
3542 pts
Ryzen 7 5800U
3535 pts
Core i5-1240P
3412 pts
Ryzen 5 PRO 6650U(レビュー機/バランス)
3034 pts
Core i7-1250U
3024 pts
Ryzen 5 PRO 6650U(レビュー機/最適なパフォーマンス)
3013 pts
Ryzen 5 5600U
2999 pts
Ryzen 5 5625U
2974 pts
Core i5-1235U
2738 pts
Core i7-1255U
2340 pts
Core i7-1165G7
1908 pts
Core i5-1135G7
1783 pts

■CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]

CPU Mark
Ryzen 7 5825U
20422
Core i7-1260P
18859
Ryzen 7 5800U
18835
Core i5-1240P
17932
Ryzen 5 5600U
16487
Core i7-1250U
16471
Ryzen 5 5625U
16291
Ryzen 5 PRO 6650U(レビュー機/バランス)
16248
Ryzen 5 PRO 6650U(レビュー機/最適なパフォーマンス)
16232
Core i7-1255U
13869
Core i5-1235U
13275
Core i7-1165G7
11270
Core i5-1135G7
10823

レビュー機のスコアはひかえめです。

AMD Ryzen PRO 6000 シリーズプロセッサーですが、一世代前の Ryzen プロセッサーと同等なスコアです。コンパクトな筐体がゆえ、熱対策のためのパフォーマンス制御が行われているのかもしれません。

ただ、スコア的には快適なパフォーマンスが期待できます。ふだん使いはもちろんのこと写真・動画編集など高負荷な処理も十分快適にこなせるでしょう。

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで性能評価を行います。

評価にあたっては、グラフィックス性能レベルを把握するため当サイトでレビューした下記グラフィックスのスコアと比較します。

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1260P搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1240P搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1255U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1250U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1235U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1165G7搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1135G7搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 7 5825U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 5 5625U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 7 5800U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 5 5600U搭載機)

※当サイトで計測したスコアの平均値

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike のベンチマーク結果です。

Fire Strike は DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テストです。

3DMark Fire Strike
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
4744
AMD Radeon(レビュー機/最適なパフォーマンス)
4641
AMD Radeon(レビュー機/バランス)
4577
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
4134
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
4090
インテル Iris Xe(Core i7-1250U)
3915
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
3678
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
3570
AMD Radeon(Ryzen 7 5825U)
3493
AMD Radeon(Ryzen 7 5800U)
3491
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
3204
AMD Radeon(Ryzen 5 5625U)
2995
AMD Radeon(Ryzen 5 5600U)
2971

ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]

ドラゴンクエストX のベンチマーク結果です。

ドラゴンクエストX
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
11198
AMD Radeon(Ryzen 7 5825U)
10840
AMD Radeon(Ryzen 7 5800U)
10644
AMD Radeon(Ryzen 5 5600U)
9998
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
9589
AMD Radeon(Ryzen 5 5625U)
9531
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
9503
AMD Radeon(レビュー機/バランス)
8913
AMD Radeon(レビュー機/最適なパフォーマンス)
8772
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
8647
インテル Iris Xe(Core i7-1250U)
8319
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
6792
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
6667

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果です。

漆黒のヴィランズ
AMD Radeon(レビュー機/最適なパフォーマンス)
5693
AMD Radeon(レビュー機/バランス)
5691
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
5592
インテル Iris Xe(Core i7-1250U)
5128
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
4790
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
4381
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
4261
AMD Radeon(Ryzen 7 5825U)
4065
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
4004
AMD Radeon(Ryzen 7 5800U)
3972
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
3738
AMD Radeon(Ryzen 5 5625U)
3561
AMD Radeon(Ryzen 5 5600U)
3553

※高品質(ノートPC)/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXV のベンチマーク結果です。

ファイナルファンタジーXV
AMD Radeon(レビュー機/最適なパフォーマンス)
4275
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
3897
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
3485
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
3456
AMD Radeon(レビュー機/バランス)
3437
AMD Radeon(Ryzen 7 5800U)
3419
インテル Iris Xe(Core i7-1250U)
3411
AMD Radeon(Ryzen 7 5825U)
3399
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
3174
AMD Radeon(Ryzen 5 5625U)
3141
AMD Radeon(Ryzen 5 5600U)
3099
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
2997
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
2927

※軽量品質/解像度 1280×720 で実施

 

CPU内蔵のグラフィックスは、CPU性能のほかにも搭載されているメモリ容量や構成チャネル(シングル/デュアル/クアッド)に依存します。

レビュー機のグラフィックスは AMD Radeon 600M シリーズの搭載にくわえ 16GBメモリのデュアルチャネル構成により優秀なスコアです。

負荷の低いベンチマークではスコアはひかえめなものの(ひかえめとはいえ十分なスコア)、負荷が高くなるほどパフォーマンスを発揮しています。

一般的な使いかたはもちろんのこと、オンライン会議のほか写真・動画編集などクリエイティブ作業も十分快適なパフォーマンスが期待できます。

 

ストレージ性能

レビュー機のストレージは、第4世代 PCIe/NVMe 対応の SSD(容量 512GB) を搭載しています。

ストレージ情報
ストレージ情報(対応転送モード:PCIe 4.0 x4 がポイント)

ストレージ性能は、CrystalDiskMark を使用しデータ転送速度を計測・評価します。

データ転送速度
データ転送速度

※電源モードをバランスに設定して計測した結果。最適なパフォーマンスでの計測結果も同等です。

計測結果は優秀です。体感的にも高速にアクセスできていてファイルの読み書きもスムーズです。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 で実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、性能レベルの程度を把握するため当サイトでレビューした下記機種のスコアと比較します。

・dynabook GZ/HV

・HP Elite Dragonfly G3

・XPS 13 (9315)

※当サイトで計測したスコア

※dynabook GZ/HV はバランスモードでのスコア、ほかはパフォーマンスモードでのスコア

おもなスペックは以下のとおり。

スペックThinkPad Z13
(レビュー機)
dynabook GZHP Elite DragonflyXPS 13
CPUAMD Ryzen 5 PRO 6650Uインテル Core i7-1260Pインテル Core i5-1235Uインテル Core i5-1230U
メモリ16GBメモリ16GBメモリ16GBメモリ16GBメモリ
ストレージ512GB SSD (NVMe)1TB SSD (NVMe)512GB SSD (NVMe)512GB SSD (NVMe)
グラフィックスAMD Radeon 660MIntel Iris XeIntel Iris XeIntel Iris Xe
販売価格202,642円240,900円224,400円169,980円

※販売価格は記事執筆時点の税込価格

 

ベンチマーク結果は以下のとおり。

Essentials
ThinkPad Z13(バランス)
9241
ThinkPad Z13(最適なパフォーマンス)
9647
dynabook GZ/HV
10045
HP Elite Dragonfly
9146
XPS 13
8650
目標値
4100
Productivity
ThinkPad Z13(バランス)
7604
ThinkPad Z13(最適なパフォーマンス)
7856
dynabook GZ/HV
6808
HP Elite Dragonfly
6522
XPS 13
5981
目標値
4500
Digital Contents Creation
ThinkPad Z13(バランス)
5695
ThinkPad Z13(最適なパフォーマンス)
5948
dynabook GZ/HV
5961
HP Elite Dragonfly
5475
XPS 13
4698
目標値
3450
Gaming
ThinkPad Z13(バランス)
3692
ThinkPad Z13(最適なパフォーマンス)
3338
dynabook GZ/HV
3700
HP Elite Dragonfly
3376
XPS 13
2626

※テスト項目説明

・Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)

・Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)

・Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)

・Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

※目標値はベンチマークソフト開発メーカーの推奨スコア

 

レビュー機のスコア優秀で、高いレベルで性能バランスにもすぐれています。

また、スコアが同等の比較対象機とくらべ価格が低く設定されていることから、コストパフォーマンスにもすぐれているといえるでしょう。

関連記事

 

バッテリー

バッテリー性能については、レビュー機のバッテリー駆動時間と充電時間を計測・評価します。

※電源モードを「バランス」に設定して計測

■駆動時間の測定条件

・無線LANでインターネットに接続

・YouTubeを全画面で連続再生

・画面の明るさ:最大レベル

・音量:最大レベル

■充電時間の測定条件

・測定開始はバッテリー残量がほぼゼロの状態

・電源アダプターを接続し Windows を起動

・スクリーンセーバー(ラインアート)でパソコンはアイドル状態

※スクリーンタイムアウトや PCスリープは設定しない。

 

バッテリーの駆動時間と充電時間の測定結果は以下のとおり。

バッテリー駆動時間10時間 25分
バッテリー充電時間
(50%までの充電時間)
45分
バッテリー充電時間
(80%までの充電時間)
1時間 13分
バッテリー充電時間
(100%までの充電時間)
2時間 23分

バッテリーを多く消費する条件のなかで 10時間以上バッテリー駆動できれば十分といえるでしょう。画面の明るさなどの設定を調整することで 1日中バッテリーで使えるのではないでしょうか。

なお、実際の使用にあたっては、環境や使い方などによりバッテリーの駆動時間は変動するため参考値としてください。

 

クリエイティブ性能の評価

クリエイティブ性能は RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)と動画エンコードの処理時間で評価します。

評価にあたっては、上記の総合的なパフォーマンスで使用した機種の処理時間と比較します。

・dynabook GZ/HV

・HP Elite Dragonfly G3

・XPS 13 (9315)

※当サイトで計測した処理時間

※dynabook GZ/HV はバランスモードでの処理時間、ほかはパフォーマンスモードでの処理時間

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PhotoDirector
Adobe Photoshop Lightroom
Adobe Photoshop Lightroom Classic

■条件等

・RAWデータ 50ファイルをJPEG形式で一括書き出し

・RAWデータサイズ 4,592×3,056(約14MB)

・プリセット等 編集は適用しない

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PhotoDirector
ThinkPad Z13(バランス)
55秒2
ThinkPad Z13(最適なパフォーマンス)
49秒8
dynabook GZ/HV
44秒9
HP Elite Dragonfly
49秒4
XPS 13
47秒7
Photoshop Lightroom
ThinkPad Z13(バランス)
24秒2
ThinkPad Z13(最適なパフォーマンス)
19秒7
dynabook GZ/HV
18秒8
HP Elite Dragonfly
17秒5
XPS 13
19秒3
Lightroom Classic
ThinkPad Z13(バランス)
27秒9
ThinkPad Z13(最適なパフォーマンス)
26秒1
dynabook GZ/HV
25秒9
HP Elite Dragonfly
24秒4
XPS 13
25秒1

 

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector

■条件等

・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)

・動画再生時間 10分間

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PowerDirector
ThinkPad Z13(バランス)
1分54秒2
ThinkPad Z13(最適なパフォーマンス)
1分52秒2
dynabook GZ/HV
2分7秒4
HP Elite Dragonfly
2分11秒1
XPS 13
2分2秒5

 

実際のソフトウェアを使ったクリエイティブ性能評価も優秀です。

クリエイティブ性能の高さにくわえ高輝度・広色域ディスプレイを採用していることから、写真・動画編集などクリエイティブな作業にもしっかり活用できそうです。

 

駆動音・表面温度のチェック

駆動音のチェック

駆動音は、下記処理中の音量(デシベル)を測定し、評価します

・CPU ベンチマーク「CINEBENCH R20 /マルチ Core」実行中

・10分間動画のエンコード処理中

※一般住宅で周囲の音ができるだけ入らないようにして測定(室温:23℃)

騒音測定イメージ
音量計測イメージ
(使用測定器:Meterk SLM01)

■測定結果

電源モードアイドル状態
(最小音量)
最大音量
中段はピーク時の音量推移
下段はスコア/処理時間(参考値)
ベンチマーク中動画エンコード中
バランス33.2db40.8db
(40db台)
(2942pts)
43.0db
(42~43db)
(1分55秒)
最適なパフォーマンス33.2db42.7db
(42db台)
(3007pts)
43.0db
(42~43db)
(1分53秒)

■騒音の目安

騒音の大きさ騒音の具体例
60 デシベル走行中の自動車内
普通の会話
デパート店内
50 デシベル家庭用エアコンの室外機
静かな事務所の中
40 デシベル閑静な住宅地の昼
図書館内
30 デシベル深夜の郊外
鉛筆での執筆音
20 デシベル木の葉の触れ合う音
雪の降る音

参考:埼玉県深谷市ホームページ「騒音・振動の規制について」

 

平常時は静かです(ほぼ無音状態)。

高負荷な状態では「サーッ」という排気音が大きくなりますが、気になるほどの大きさではありません(個人差はありますが…)。

状況にもよりますが負荷が低減すれば 30~40秒後くらいから音が小さくなりはじめ、負荷低減から 90秒くらいで無音状態に戻ります。

 

表面温度のチェック

表面温度については、下記を実施したときの表面温度を測定し評価します。

・アイドル状態で10分放置後

・Youtube 動画 30分間視聴後

・10分間動画のエンコード実行後

※単位:℃、測定時の室温:24℃

※電源モードをバランスに設定して実施

※写真の左がキーボード表面、右が底面側の計測結果

■アイドル状態で10分間放置

アイドル状態で10分放置の表面温度

■Youtube 動画 30分間視聴後

Youtube 動画 30分間視聴後の表面温度

■10分間動画エンコード実行後

10分間動画エンコード実行後の表面温度

高負荷な状態になるとキーボード奥 中央から左側にかけての表面温度が少し上昇します。多少温かさを感じますがタイピングへの影響はありません。

また、パームレストは本体内部の熱の影響はほとんどなく、負荷が高い状態でタイピングをしていても不快な感じはありません。

 

サウンド チェック

ThinkPad Z13 は、Dolby Atmos スピーカー・システムを搭載しています。

また、サウンドユーティリティソフトでは、スピーカーから出力されるサウンドのコンテンツに合わせたプリセットやイコライジング機能でお好みの音質にチューニングすることができます。

サウンドユーティリティソフト

以下は、実際にサウンドを試聴した印象です。

※プリセット「ミュージック・バランス」で試聴

■スピーカー
低音域が少し弱い感じはするが音質はまずまず。低音域が弱いぶんシャカシャカとし感じもあるが許容範囲。音声は明瞭に聞き取れる。

■ヘッドホン
低音域から高音域まで増幅される。周囲の音が遮断されているぶん音がクリアに聴こえ音質的にもアップする。

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測

Windows の起動、再起動、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

起動再起動シャットダウン
1回目22.5秒40.6秒13.1秒
2回目22.2秒39.8秒12.4秒
3回目22.1秒40.6秒12.4秒
4回目22.2秒39.8秒12.9秒
5回目22.1秒40.2秒12.5秒
平均22.2秒40.2秒12.7秒

※起動、再起動はサインイン画面表示までの時間。シャットダウンは電源オフまでの時間。

起動とシャットダウンは体感的にも早いです。

再起動については多少時間がかかりますが、頻繁に行う操作ではないので処理待ちのストレスを感じることはないと思います。

なお、実際の使用にあたってはインストールしているアプリや Windows Update など状態により変動するので参考値としてください。

 

同梱品

ThinkPad Z13 の本体ほか同梱品一式です。

同梱品一式
同梱品
・ThinkPad Z13 本体
・電源アダプター
・電源コード
・ドキュメント類

なお、ThinkPad Z13 本体のパッケージングの素材は竹とサトウキビの繊維由来の素材から作られています。意外にとてもしっかりした作りで段ボール素材よりも頑丈そうです。

本体のパッケージング

 

まとめ

以上、ThinkPad Z13 Gen 1 のレビュー記事をお届けしました。

ThinkPad Z13 は、ThinkPadシリーズのマットなブラックとは一線を画したデザインで、スタイリッシュ感と高級感をあわせもつ洗練されたイメージのモバイルノートです。

CPUのベンチマークはひかえめだったものの、グラフィックス性能や総合的なパフォーマンスはとても優秀、実際の使用感も満足できる内容です。

性能・デザイン・使いやすさなど全体的な仕上がりの良さは ThinkPadシリーズにふさわしく「さすが」の一言。多くのユーザーが高い所有満足度を得られるデバイスといえるでしょう。

高評価のポイント

  • スタイリッシュ感と高級感をあわせ持つ良デザイン
  • ヴィーガンレザーの天面は高級感がさらにアップ
  • さまざまなシーンで快適に使える処理性能
  • 極狭ベゼルのディスプレイは画面周りがスッキリ
  • 顔認証カメラと指紋認証センサー付きは便利
  • 全体的な仕上がりは ThinkPadシリーズらしい「さすが」の一言

気をつけておきたいところ

  • 浅めのキーストロークとタッチパッドの独特のクリック感
  • プライバシーシャッターは電子式(有効時でもカメラの外観は同じ)

 

ラインナップしているモデルや価格など最新情報はレノボ直販サイト「レノボショッピング」をご確認ください。

真正面

ThinkPad Z13 Gen 1
税込 18万円台から

関連リンク

 

 

タイトルとURLをコピーしました