LINEで送る
Pocket

3台並べて正面

モバイルノートは各パソコンメーカーからさまざまな機種が販売されていて、いざ選ぼうと思ってもどれを選んでよいか迷うユーザーが多いと思います。

そこで、NEC、富士通、dynabook の各メーカーから販売されているモバイルノートを比較してみました。

比較に使用する機種は以下のとおりです。

  • NEC:LAVIE Direct PM(Pro Mobile)
  • 富士通:LIFEBOOK WU2/C3(WU2/D2)
  • dyabook:dynabook GZ

どれもが薄型&軽量、そして高性能で高品質です。

それぞれに特徴があるわけで、自身の使い方で選ぶ機種も違ってきます。

自分が選ぶならどれが良いのでしょう?

ここでは、3つの機種について、性能、使い勝手など以下の項目を比較していきます。

■インターフェース
■サイズ・質量
■ディスプレイ
■キーボード
■性能比較(各種ベンチマーク、バッテリー性能など)

なお、性能比較については、ほぼ同等のスペックを搭載したモデルで比較します。(対象モデルのスペックは後述)

天面を並べて

 

各機種の特徴

比較するまえに、3機種の特徴をかんたんにまとめておきます。

LAVIE Direct PM(Pro Mobile)

LAVIE Direct PM 正面側

性能・堅牢性・キーボード・バッテリーなど実用性を重視したモバイルノートです。

重量も約783g~約941g(重量は構成によって異なります)と 1kg を切る軽さです。

天面には東レの開発したカーボン素材が使われていて点加圧やねじれ剛性も高く、満員電車などでの持ち歩きも安心してできそうなモデルです。

また、LTE モジュール搭載にカスタマイズすることもできるので、Wi-Fiスポットのような公衆無線LANではセキュリティが不安といったユーザーにはおすすめの機種です。

なお、LTE モジュールを搭載できるのは NEC直販サイト NEC Direct で販売しているカスタマイズモデルのみです。

価格はクーポン適用で 税込12万円台前半~。
※NEC Direct のメルマガ会員限定クーポン適用価格。
 ⇒ NEC Direct クーポン情報

LIFEBOOK WU2/C3(WU2/D2)

正面(2台並べて)

高性能で高品質であることはもちろんのこと、とにかく軽い!

最軽量モデルと軽量モデルがあって、最軽量モデルならナント 698g! 指2本でつまんで持てるくらいの軽さです。

軽量モデルでも 約747g~約934g(重量は構成によって異なります)と 1kg を切る軽さは持ち歩きもラクにできます。

モバイルノートながらタイピングしやすいキーボードも魅力です。

旧モデル(2018年11月発売)とはなりましたが、最新モデル「LIFEBOOK WU2/D2」のスペックに大きな変更はなく軽さも全く同じです。

高性能&高品質にくわえ「軽さ」が特徴の機種です。

なお、後述の性能比較レビューは旧モデル「LIFEBOOK WU2/C3」について掲載していますが、最新モデル「LIFEBOOK WU2/D2」を検討する際の参考になるはずです。
※旧モデルは販売終了しました。

最新モデルの価格はクーポン適用で 税込10万円台後半~。
※当サイト限定のシークレットクーポンの適用価格。

 

シークレットクーポン情報

当サイトでは富士通直販サイト WEB MART で使えるシークレットクーポンを提供中です。最新モデル「LIFEBOOK WU2/D2」を 25%オフの価格で購入できる特別クーポンです。(通常クーポンの場合 22%オフ)

シークレットクーポンコード:GRM117LSJ

シークレットクーポンの使い方はこちらをご覧ください。
⇒ 富士通 WEB MART シークレットクーポン

<関連記事>
『LIFEBOOK WU2/C3』実機レビュー
外観デザインやディスプレイ、キーボードのチェックのほか、本体カラー「ピクトブラック」と「ガーネットレッド」の写真を比較掲載しています。
『LIFEBOOK WU2/D2』2019年7月モデルの特徴
新モデル「LIFEBOOK WU2/D2」の特徴と旧モデル「LIFEBOOK WU2/C3」との違いをまとめています。

dynabook GZ

正面(2台並べて)

軽くて高性能&高品質にくわえタイピングしやすいキーボードや拡張性の高さなど、実用性を重視したモバイルノートです。

薄型ながら フルサイズのLANコネクタや、USBポート、HDMIポートなど必要十分なインターフェースを実装しているのも魅力です。

価格もスペック・性能レベルのわりに安価に設定されており、軽くて価格以上に高性能&高品質なモバイルノートです。

価格は 税込11万円台前半~。
※ダイナブック直販サイト Dynabook Direct の会員価格。
 (Dynabook Direct の入会・年会費無料)

<関連記事>
『dynabook GZ』実機レビュー

 

インターフェースの比較

3機種のインターフェースを比較します。

ポート LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
USB Type-A 1 2 2
USB Type-C 2 2 1
HDMI 1 1 1
SDカードスロット microSDカード SDカード microSDカード
ヘッドホン 1 1 1
LAN 1(収納タイプ) 1(フルサイズ)
LTE 1(カスタマイズで実装可能)
Windows Hello 指紋認証 顔認証 顔認証(非搭載モデルもあり

インターフェースが実装されている箇所をチェックします。

左側面のインターフェースです。

LAVIE Direct PM インターフェース(左側面)
LAVIE Direct PM の左側面

LIFEBOOK WU2/C3 インターフェース(左側面)
LIFEBOOK WU2/C3 の左側面

dynabook GZ インターフェース(左側面)
dynabook GZ の左側面

右側面のインターフェースです。

LAVIE Direct PM インターフェース(右側面)
LAVIE Direct PM の右側面

LIFEBOOK WU2/C3 インターフェース(右側面)
LIFEBOOK WU2/C3 の右側面

dynabook GZ インターフェース(右側面)
dynabook GZ の右側面

LAVIE Direct PM はカスタマイズで LTEモジュールを搭載したとき、SIMカードスロットの実装位置は背面側になります。

SIMカードスロット

対応する SIM カード、バンドは以下のとおりです。

nano SIMカード
LTE(CA対応) : バンド1, 3, 8, 18, 19, 26, 28, 41
3G : バンド1, 6, 8, 19

Windows Hellow による認証機能については、LAVIE Direct PM の指紋センサーは電源ボタンに内蔵、LIFEBOOK WU2/C3 と dynabook GZ は Webカメラに IR(赤外線)カメラが内蔵されています。

電源オンで指紋認証完了
LAVIE Direct PM の指紋認証

顔認証でサインイン
LIFEBOOK WU2/C3 の顔認証

顔認証でサインイン
dynabook GZ の顔認証

とくに LAVIE Direct PM の指紋センサーはかなりの優れもので、電源ボタンを押して電源オンした時点で指紋認証も完了するという、電源オンの操作と指紋センサーに指先をタッチする 2つの操作を1度で済ますことができます。

 

サイズと重量の比較

3機種の本体サイズと重量を比較します。

サイズの比較

天面を並べて

各機種のスペック表から本体サイズを抜粋・比較します。

LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
307.8mm 309mm 308.8mm
奥行き 215.7mm 212mm 211.6mm
高さ 15.5mm 15.5mm 17.9mm

※突起部を除くサイズ。

数値で比較すると若干の違いはありますが、実際の使用感でくらべるとほとんど同じといって良いでしょう。

重量の比較

指2本で持てる驚きの軽さ

重量の比較です。

LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
重量(最小構成) 約783g 約698g 約779g
重量(実測値) 951g 698g 825g

重量(最小構成)は各機種のスペック表から最小構成の重量を抜粋、重量(実測値)についてはレビュー時に実測した数値です。

重量を実測したモデルは以下のとおり。

■LAVIE Direct PM
タッチパネル搭載モデル(本体カラー:クラシックボルドー)

■LIFEBOOK WU2/C3
最軽量モデル(本体カラー:ピクトブラック)

■dynabook GZ
GZ63/J(本体カラー:オニキスブルー)

参考までに、スペック構成や本体カラーの違いにより重量は変動します。

 

ディスプレイの比較

ディスプレイは 3機種とも 13.3型フルHD液晶を搭載しています。

3機種のディスプレイに同じ映像を描画して見くらべるとこんな感じ。

ディスプレイ比較
左から LAVIE Direct PM、LIFEBOOK WU2/C3、dynabook GZ

ディスプレイの明るさは 3機種とも 100%で、発色の良さや色の鮮やかさにほとんど違いはなく、いずれも映像描画がとてもキレイです。

参考までに、i1Display Pro で計測したトーンカーブを掲載します。
■理想の形は RGB が 45度の角度の直線であること。
(色調バランスが良く自然な色味の描画が期待できる)
■傾きが緩やかだと色味が強く出る。

トーンカーブ
LAVIE Direct PM のトーンカーブ

トーンカーブ
LIFEBOOK WU2/C3 のトーンカーブ

トーンカーブ
dynabook GZ のトーンカーブ

 

キーボードの比較

キーボードのレイアウトを比較します。

キーボードレイアウト(LAVIE Direct PM)
LAVIE Direct PM

キーボードレイアウト(LIFEBOOK WU2/C3)
LIFEBOOK WU2/C3
(かな表記なしにカスタマイズ)

キーボードレイアウト(dynabook GZ)
dynabook GZ

LAVIE Direct PM のキーレイアウトで[Fn]と[Ctrl]キーの配置が逆になっている点やカーソルキーの配置(独立性)に扱いにくさを感じるかもしれませんが、キーボードは慣れれば違和感も低減されるものです。

以下の表では、各機種のスペック表からキーピッチ、キーストロークを抜粋・比較しています。

LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
キーピッチ 18.5mm 19mm 19mm
キーストローク 1.2mm 1.5mm 1.5mm

タイプ感としては LIFEBOOK WU2/C3 が格段に良いです。というか、3機種を比較すると LIFEBOOK WU2/C3 が良すぎるといった印象です。

LAVIE Direct PM や dynabook GZ のキーボードもタイピングしやすくタイプ感も心地よいことは付け加えておきます。

 

性能比較

比較対象の 3機種からスペックがほぼ同じモデルについて、基本性能や CPU性能、グラフィック、ストレージ、バッテリー性能のほか、総合的なパフォーマンスを比較します。

■比較機種のおもなスペック

LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
OS Windows 10 Home 64ビット
CPU インテル Core i7-8565U プロセッサー インテル Core i7-8550U プロセッサー
メモリ 16GB、デュアルチャネル対応
ストレージ 512GB SSD (PCIe) 1TB SSD (PCIe) 512GB SSD (PCIe)
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 620 (CPU に内蔵)

比較に使用したベンチマークは以下のとおりです。

比較項目 使用するベンチマーク等
基本性能 PASS MARK PerformanceTest 9.0
CPU性能 CINEBENCH R15
グラフィック性能 3DMark
ドラゴンクエストX
ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
ストレージ性能 CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンス PCMark 8
PCMark 10
バッテリー BatteryInfoView(バッテリー残量測定用)
Windows の起動・再起動・シャットダウン時間 起動:電源オン~デスクトップ画面表示までの時間
再起動:再起動クリック~デスクトップ画面表示までの時間
シャットダウン時間:シャットダウンクリック~電源オフまでの時間
※手動にて時間計測

性能測定は同等の条件で実施していますが、動作環境によりスコアが異なる場合があります。

 

基本性能

PASS MARK PerformanceTest 9.0 のベンチマーク結果です。

PASS MARK
Performance Test
LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
PassMark Rating 3974.2 3640.9 3719.8
CPU Mark 9345.5 8830.8 9039.3
2D Graphics Mark 711.6 634.0 687.2
3D Graphics Mark 1265.4 1196.1 1185.3
Memory Mark 2756.7 2681.9 2619.1
Disk Mark 22371.5 12435.3 10711.0

ストレージの性能を表す Disk Mark でスコアの差に大きな開きがあり、それがトータルスコアを表す PassMark Rating に影響していますが、Disk Mark 以外のスコアについては同等と見て良いでしょう。

 

CPU性能

CPU 性能は CINEBENCH R15 のベンチマーク結果で比較します。

CINEBENCH R15 LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
CPU 490 cb 491 cb 482 cb
CPU (Single Core) 168 cb 160 cb 162 cb
 MP Ratio 2.91 x 3.06 x 2.97 x

同じ CPU を搭載していることもあり、CPU パフォーマンスのチューニングにも大きな違いはなさそうです。

 

グラフィック性能

ゲーム系のベンチマークで性能評価を行います。

3DMark

3DMark のベンチマーク結果です。

3DMark LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
Cloud Gate 8977 8357 8479
Night Raid 5172 5003 5227
Sky Diver 4548 4194 4267
Fire Strike 1180 1104 1150
Time Spy 447 414 437

3DMark の各テスト内容は以下のとおり。

Cloud Gate ホームPCやノートPC向けで DirectX 10 を想定したグラフィックス性能テスト
Night Raid DirectX 12 を使用したモバイルPCなど低スペックPC向けのグラフィックス性能テスト
Sky Diver DirectX 11 を使用したミドルレンジ・ゲーミングノート向けのグラフィックス性能テスト
Fire Strike DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テスト
Time Spy DirectX 12 を使用したゲーミングPC向けのグラフィックス性能テスト

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストX のベンチマーク結果です。

ドラゴンクエストX LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
標準品質
解像度 1280×720
8838
(とても快適)
8243
(とても快適)
9158
(とても快適)
最高品質
解像度 1280×720
7687
(とても快適)
6843
(快適)
8106
(とても快適)
標準品質
解像度 1920×1080
5263
(快適)
(未実施) 5524
(快適)

ファイナルファンタジーXIV

ファイナルファンタジーXIV は「紅蓮のリベレーター」と「漆黒のヴィランズ」 2つのベンチマークを使用します。

■紅蓮のリベレーター

紅蓮のリベレーター LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
標準品質(ノートPC)
解像度 1280×720
4330
(快適)
4412
(快適)
4221
(快適)
高品質(ノートPC)
解像度 1280×720
3156
(やや快適)
3066
(やや快適)
3085
(やや快適)

 

グラフィックス性能は、映像描画の快適性の指標になります。

グラフィックスのスペックは いずれも CPU 内蔵の「インテル UHD グラフィックス 620」で同じ CPU を搭載しているので、スコアに多少の違いはあるものの描画性能は同じとみて良いでしょう。

 

ストレージ性能

ストレージは いずれの機種も PCIe / NVMe 対応の SSD を搭載しています。

以下は CrystalDiskMark を使用して計測したシーケンシャルリード(読み込み)/ライト(書き込み)時のデータ転送速度の結果です。

データ転送速度 LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
シーケンシャルリード 3236.3 MB/s 3112.0 MB/s 1628.7 MB/s
シーケンシャルライト 1963.5 MB/s 954.5 MB/s 859.9 MB/s

搭載している SSDメーカーの違いなどよりデータ転送速度に差が出ていますが、これだけ高速に読み書きできるなら実用面での体感的な差は感じないと思います。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 8 と PCMark 10 Extended を使って、実際の使用を想定した性能評価を行います。

PCMark 8

PCMark 8 のベンチマーク結果です。

PCMark 8 LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
Home Test 3774 3581 3747
Creative Test 4523 4224 4698

※テスト項目説明
 Home Test(家庭での利用を想定したテスト)
 Creative Test(クリエイティブな利用を想定したテスト)

PCMark 10 Extended

PCMark 10 Extended のベンチマーク結果です。

PCMark 10 Extended LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
Total Score 2649 (未実施) 2628
 Essentials 7199 7764
 Productivity 6546 6364
 Digital Contents
 Creation
2893 2828
 Gaming 977 924

※テスト項目説明
 Total Score(総合的な評価)
 Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)
 Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)
 Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)
 Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

 

総合的なパフォーマンスでもスコアに若干の違いはあるものの、ほぼ性能評価としてはほぼ同じとみて良いでしょう。

 

バッテリー

バッテリー性能(駆動時間と充電時間)の測定条件は以下のとおりです。

■駆動時間の測定条件
バッテリーでの駆動は、次の条件でバッテリーによる駆動時間を計測します。
・無線LANでインターネットに接続
・YouTubeを全画面で連続再生
・画面の明るさ:最大レベル
・音量:最大レベル

■充電時間の測定条件
バッテリー充電時間の計測は以下の条件で、充電完了までの時間を計測します。
・測定開始はバッテリー残量がほぼゼロの状態
・電源アダプターを接続し Windows を起動
・スクリーンセーバー(ラインアート)でパソコンはアイドル状態
※スクリーンタイムアウトや PCスリープは設定しない。

結果は以下のとおり。

バッテリー性能 LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
バッテリー駆動時間 6時間 58分 8時間 6分 7時間 24分
バッテリー充電時間
(50%)
1時間 36分 1時間 8分 37分
バッテリー充電時間
(100%)
3時間 35分 3時間 14分 2時間 23分

LIFEBOOK WU2/C3 のバッテリーは 容量 50Wh にカスタマイズされています。
(初期構成時のバッテリー容量は 25Wh)

※ほかの機種のバッテリー容量は不明

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間

Windows の起動、再起動、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測した時間の平均値で比較します。

LAVIE Direct PM LIFEBOOK WU2/C3 dynabook GZ
起動時間 8.5秒 14.4秒 11.6秒
再起動時間 25.5秒 25.5秒 26.7秒
シャットダウン時間 10.3秒 6.7秒 4.9秒

 

3台並べて天面

 

まとめ

以上、LAVIE Direct PM、LIFEBOOK WU2/C3、dynabook GZ の比較レビューをお届けしました。

いずれの機種も性能レベルは高く、スペック相応のパフォーマンスが期待できます。

ただ、LAVIE Direct PM に搭載されている SSD は性能的にランクが上のパーツを採用しているようで、それがベンチマークの随所に出ていたように感じます。

デザイン面ではどの機種も薄型・軽量・スタイリッシュで外出先でもスマートに使えます。

それぞれの機種に魅力があってどれを選べば良いのか悩ましいところですが、選ぶときのポイントをまとめると次のようになります。

■選ぶときのポイント

  • 実用性重視にくわえ、LTE回線 でネットを使いたいなら LAVIE Direct PM
  • とにかく軽くて少しでも持ち歩きをラクにしたいなら LIFEBOOK WU2/C3
  • 実用性重視でコスパの良いモバイルノートなら dynabook GZ

以上、参考になれば幸いです。

最新の価格やキャンペーンなど各種情報は、それぞれの公式サイトでチェックしてください。

 

 

3台並べて正面

 

 

LINEで送る
Pocket

 

富士通 WEB MARTシークレットクーポン

LIFEBOOK-UH

当サイトでは、富士通パソコンの公式通販サイト「WEB MART」で使えるシークレットクーポンを提供中です。
WEB MART に掲載されている通常クーポンよりも割引率が高くおトクに購入できる特別なクーポンです。
シークレットクーポンの使い方は こちらをご覧ください。
 
⇒ 富士通 WEB MART シークレットクーポン