正面斜め

デルが販売する XPS 13 Plus (9320) [以下、XPS 13 Plus と記載]は、第12世代インテル Core プロセッサーを搭載した高性能な 13.4型モバイルノートPCです。

最新プロセッサーの搭載によりパフォーマンスも快適、ベンチマークによる性能評価も優秀です。

XPS 13 シリーズの高級感あるイメージを継承しつつシンプルを追求、使いやすさにもこだわりを感じさせるデザインが特徴的。また、タッチファンクションメディアキーやゼロラティス キーボード、シームレスなタッチパッドなど、これまでにない革新的なデザインにも目をひかれます。

レビューでは、メーカーからお借りした実機を試用して前半で外観デザイン/ディスプレイ/キーボードなどをチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能評価を行います。

■XPS 13 Plus (9320) の特徴

  • 第12世代インテル Core i7-1260P/Core i5-1240P プロセッサーを搭載
  • シンプルさと高級感をあわせ持つデザイン
  • アルミ削り出しのスリム&コンパクト&軽量ボディ
  • タッチファンクションメディアキー、ゼロラティス キーボード、シームレスタッチパッドを採用
  • 極狭ベゼルの InfinityEdgeディスプレイ
  • 顔認証カメラと指紋認証センサー搭載

天面(壁紙)

レビューは 2022年11月23日時点の内容です。

 

スペック構成

XPS 13 Plus (9320) は、使いかたや予算に合わせて柔軟なカスタマイズが可能です。

おもなスペックは以下のとおり。

本体カラー ■グラファイト
■ナチュラルシルバー
OS ■Windows 11 Home 64ビット
■Windows 11 Pro 64ビット
CPU ■インテル Core i5-1240P プロセッサー
■インテル Core i7-1260P プロセッサー
メモリ ■16GB LPDDR5 5200MHz デュアルチャネル
■32GB LPDDR5 5200MHz デュアルチャネル
ストレージ ■512GB SSD (M.2 PCIe Gen 4 NVMe)
■1TB SSD (M.2 PCIe Gen 4 NVMe)
■2TB SSD (M.2 PCIe Gen 4 NVMe)
ディスプレイ ■13.4 FHD+ (1920 x 1200) フレームレス 非-タッチ 非光沢 500-Nit ディスプレイ
■13.4 OLED 3.5K (3456×2160) フレームレス タッチ 反射防止 400-Nit ディスプレイ
■13.4 UHD+ (3840 x 2400) フレームレス タッチ 反射防止 500-Nit ディスプレイ
グラフィックス インテル Iris Xeグラフィックス (CPUに内蔵)
ワイヤレス インテル Killer Wi-Fi 6 1675 (AX211) 2×2 + Bluetooth 5.2
カメラ、マイク 720p(30 fps) HD RGBカメラ、400p IRカメラ、デュアルアレイ マイクロフォン
バッテリー駆動時間 最大13時間
本体サイズ(W×D×H) 約 295.30×199.04×15.28 mm
本体質量 約 1.23kg

 

カスタマイズ内容や価格、割引クーポンなどの最新情報はデル直販サイト(デルオンラインストア)をご確認ください。

真正面

XPS 13 Plus (9320)
税込 21万円台から

 

デル オンラインストア クーポン情報

XPS 13 Plus (9320) がクーポン適用で 17%オフ!
【214,971円(税込・配送料込)~】

 

キャンペーン情報


デルオンラインストアで合計金額 80,000円(税抜) 以上購入すると楽天スーパーポイント 3,000ポイントもらえます。詳細はこちらをご覧ください。

 

外観チェック

シンプルで高級感あるデザイン

XPS 13 Plus は、XPSシリーズのデザインイメージを大きく刷新しています。

正面側 右側

背面側 右側

高級感あるイメージを継承しつつシンプルさを前面に押し出したかのようなデザインです。

レビュー機のカラーはナチュラルシルバー。淡いシルバーで周囲の環境に溶け込む色合いです。

天面真上

天面斜め(その1)

天面斜め(半開き)

天面は細かめのサンドブラスト仕上げで感触はサラサラしています。

天面斜め(ロゴ)
シンプルデザインの天面に DELL ロゴがアクセント

横から見るとスリムさがわかります。バッグへの出し入れもスムーズにできそうです。

スリムボディ(その1)

スリムボディ(その2)

スリムボディ(その3)
本体はスリム

 

底面側もシンプルデザイン。見た目もスッキリとして XPS のブランドロゴが引き立ちます。

底面真上

底面(斜め)

ゴム足は前面側と背面側に平行して実装されています。細くて高さの少ないゴム足ですが本体の安定感は良好です。

排気口はヒンジのあいだに実装されています。

排気口
排気口(ヒンジのあいだ)

ちなみに、背面側のゴム足は排気口から排熱された空気が再び吸気口に入り込むことを遮断する役割も兼ねています。これにより本体内部を効果的に冷却できるメリットがあります。

インターフェースは少ない

XPS 13 Plus のインターフェースをチェックします。

左側面のインターフェースなど各部名称です。

インターフェース(左側面)

①Thunderbolt 4(USB Type-C、DisplayPort、および電源供給に対応)

右側面のインターフェースなど各部名称です。

インターフェース(右側面)

②Thunderbolt 4(USB Type-C、DisplayPort、および電源供給に対応)

XPS 13 Plus に実装されているインターフェースは Thunderbolt 4 が 2つのみ。シンプル設計を目指した結果とはいえ少ないと思うユーザーは多いでしょう。

ただし、変換アダプターは同梱。ヘッドセットポートと USB Type-A だけですがないよりはましといった感じでしょうか。

変換アダプター
変換アダプター

顔認証カメラと指紋認証センサー搭載

XPS 13 Plus は、顔認証カメラと指紋認証センサーを搭載しています。

顔認証
顔認証でサインイン

指紋認証
指紋認証でサインイン(指紋認証センサーは電源ボタンに内蔵)

顔認証と指紋認証は併用が可能です。マスクを着用しているときは顔認証でサインインできませんが、指紋認証でサインインできるメリットがあります。認証精度はいずれも良好です。

なお、カメラにはプライバシーシャッターは付いていません。ベゼルが細いため致し方なしといったところでしょうか。

スピーカーは4基実装

スピーカーはキーボード面に2基(ツイーター)、底面の左右に2基(ウーハー)、計4基搭載されています。

スピーカー(キーボード面左右)
ツイータースピーカーはキーボード面に実装

スピーカー(底面部左右)
ウーハースピーカーは底面左右に実装

低音域から高音域まで広い音域を再現しており高音質です。

持ち歩きがラクにできるサイズ感と重量感

本体の大きさのイメージです。本体の上に A4コピー用紙と B5版ノートを載せています。

本体の大きさイメージ
本体のサイズ感

本体は A4サイズより小さく、とてもコンパクトです。

本体を閉じたときの高さのイメージです。

本体の高さ
本体の高さを CD ケース(通常サイズ)2枚と比較
(通常サイズの CDケースの厚さは 10mm)

ゴム足を含めた本体の高さは実測で 14~17(最厚部)mm。CDケース 2枚よりスリムです。

本体や電源アダプターなどの重量を実測します。

本体の重さ
・本体:1,230g
・電源アダプター:96g
・電源コード:99g
・USB Type-C ケーブル(本体-電源アダプター接続用):58g

1kg を切るような超軽量モデルとはいえないものの持ち歩きがラクにできる重量感です。

本体の重量感
本体は持ち歩きがラクにできる軽さ

電源アダプターは最大出力が 60W。とてもコンパクトで手のひらにラクラク収まるサイズです。

電源アダプターの大きさ比較

電源アダプターの大きさ

なお、電源アダプターに電源コードと USB Type-C をつなぐとこんな感じになります。

電源アダプターのイメージ

 

ディスプレイのチェック

高輝度&広色域ディスプレイ

レビュー機の液晶パネルは Sharp製[型番:SHP1548 LQ134N1]。

映像の描画(気球)
画像の表示例

文字の描画
テキストの表示例

トーンカーブは RGB ともに理想的な 45度の角度に近い形状で色調バランスは良好です。

トーンカーブ
トーンカーブ
(キャリブレーションツール「i1Display Pro」で計測)

輝度の計測結果はディスプレイの明るさ設定 100 のとき「432 nit」。高輝度で実際に見た印象としてもかなり明るいです。

 

色域の計測結果です。

色域
色域
(色度図作成ソフト「ColorAC」にて作成)

規格 カバー率
sRGB 99.5% 105.1%
Adobe RGB 77.0% 77.9%
DCI-P3 77.4% 77.5%

広色域で色再現性にもすぐれています。写真編集などシビアな色再現が必要な作業にも活用できます。

 

狭額縁ベゼル

ベゼルは狭額縁です。

左右のベゼルは狭額縁

左右の極狭ベゼルにくわえ上部ベゼルもカメラユニットを収納しながら鉛筆の太さより狭く、画面周りは本当にスッキリしています。

 

映り込みはほとんど気にならない

ディスプレイの映り込み具合をチェックします。

画面映り込み(その1)

画面映り込み(その2)

レビュー機は非光沢液晶です。暗い映像のときはやや映り込みするものの、映り込みが気になることはほとんどなく眼への負担も軽減できます。

広い視野角

視野角をチェックします。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに視野角は広く、斜めからもハッキリとした映像を観ることができます。

ディスプレイを開く角度は十分な範囲をカバー

天面を開くことのできる最大角度は約 135度。

ディスプレイの最大角度

クラムシェルタイプのノートパソコンとして十分な角度をカバーしています。

 

キーボード&タッチパッドのチェック

タイピングしやすいキーボード

XPS 13 Plus のキーボードはレイアウトは標準的です。「ゼロラティス キーボード」と名付けられたキーとキーのあいだの隙間がほとんどなくレイアウトされています。

キーボードレイアウト(クリックで拡大表示できます)

キーピッチは実測で 約19mm(仕様は 19.05 mm)。キーとキーの隙間が狭いぶんキーサイズが大きく窮屈な感じはありません。

キーボードに両手を置いたときのイメージ

キートップの形状は中央部分が少しへこんでいます。感触は少しツルツルしており指先のフィット感は良好です。

キートップ

キーストロークは(感覚的に)ノートPC の平均的なストローク幅 1.5mm より浅い感じ(たぶん 1.2~1.3mmくらい)ですが、打鍵感は意外にしっかりしています。

キーストローク
タイプ音は「タクタク」という音。音の大きさは普通

タイピングしやすいキーボードかというと、ぶっちゃけ好みが分かれるところだと思います。(個人的には慣れればフツウに使えそうな気はしますが)

ファンクションキーはタッチ式

XPS 13 Plus の特徴の一つがファンクションキーがタッチ式である点。静電容量方式のタッチファンクションメディアキーを採用しています。

ファンクションキー(メディア機能)
ファンクションキーはタッチ式

通常はメディア機能のキーが表示されていますが、[fn]キーを押すとキー表示がファンクション機能に切り替わります。

ファンクションキー(ファンクション機能)
[fn]キーを押して表示切り替え

使いやすさの点では好みが分かれるところです。従来からのキータイピングに慣れ親しんだユーザーにとっては使いにくさを感じるかもしれません。筆者は率直に言って使いにくさを感じました。

ただ、スマートフォンやタブレットなど さまざまなデバイスでタッチ操作に慣れているユーザーは違和感は少ないと思います。

キーボードにはバックライトを搭載

キーボードにはバックライトが搭載されています。

キーバックライト

キーボード・バックライトの明るさは、2段階で切り替えできます。

ファンクションキー([6]キーの上のタッチキー)押下:
点灯(暗)→点灯(明)→消灯

タッチパッドとパームレストはシームレス

XPS 13 Plus のもう一つの特徴がタッチパッドの位置を示す表示がないこと。

タッチパッド位置の表示はない

メーカーによると、多くのユーザーはタッチパッドはパームレストの中央に配置されていることを理解しているため、シンプルさを追求するうえでもタッチパッドのボーダーラインは不要と考えたそうです。結果的に一枚のガラスの採用にいたったとのこと。

実際に使用してみると、たしかにタッチパッドのボーダーラインがなくても、クリックやジェスチャー等の操作に違和感はありませんでした。感触もシームレスでツルツルしていて心地良さを感じます。もちろん指紋や皮脂の跡は目立ちません。

また、タッチパッドは指1本でタップすると左クリック、2本の指でタップすると右クリックの動作をします。タッチパッド下側左右を押し込んだクリック操作に硬さを感じたときは指の本数に応じた操作が可能です。

なお、3本の指でタップすると検索メニュー(スタートアイコンの右側のアイコン)、4本の指でタップすると通知領域を表示します。

ちなみに、タッチパッドとして反応する範囲の検証結果は以下のとおりです。

タッチパッドのサイズ感
タッチパッド(赤枠)のサイズ感

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは、レビュー機の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほかバッテリー性能や総合的なパフォーマンスを評価します。

レビュー機の基本スペック

CPU インテル Core i5-1240P プロセッサー
メモリ 16GB LPDDR5 5200MHz
ストレージ 512GB SSD (M.2 PCIe Gen 4 NVMe)
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス

評価に使用したベンチマークは以下のとおり。

評価項目 使用するベンチマーク
CPU性能 CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]
CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]
グラフィック性能 3DMark FireStrike
ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]
ストレージ性能 CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンス PCMark 10
バッテリー BatteryInfoView(バッテリー残量測定用)

なお、ベンチマークの実行にあたっては付属のソフトウェア「Dell Performance」を使用し、「Optimized」と「Ultra Performance」2つのモードで実施しています。

Dell Performance
Dell Performance

各モードの説明は以下のとおり。

モード 説明
Optimized パフォーマンス/ファン/表面温度のバランスを最適化したモード
Ultra Performance パフォーマンスを最大化するがファン/表面温度も増加するモード
Cool パフォーマンスを下げファンの回転数を上げることで表面温度の冷却を優先するモード
Quiet パフォーマンスを下げてファンの回転数を抑えるモード

※コントロールパネル[電源オプション]の電源プランや、Windows 標準設定の[電源とバッテリー]-[電源モード]は、いずれも「バランス」に設定。

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R20 と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで評価します。

評価にあたっては、性能レベルを把握するため下記 CPU のスコアと比較します。

・インテル Core i7-1260P プロセッサー

・インテル Core i5-1240P プロセッサー

・インテル Core i7-1255U プロセッサー

・インテル Core i5-1235U プロセッサー

・インテル Core i7-1165G7 プロセッサー

・インテル Core i5-1135G7 プロセッサー

・インテル Core i3-1115G4 プロセッサー

・AMD Ryzen 7 5800U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 5600U プロセッサー

・AMD Ryzen 7 5700U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 5500U プロセッサー

※当サイトで計測したスコアの平均値

■CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]

CPU
Core i5-1240P(レビュー機/Ultra Performance)
3695 pts
Core i7-1260P
3578 pts
Ryzen 7 5800U
3535 pts
Core i5-1240P(レビュー機/Optimized)
3527 pts
Core i5-1240P
3412 pts
Ryzen 7 5700U
3330 pts
Ryzen 5 5600U
2999 pts
Core i5-1235U
2809 pts
Ryzen 5 5500U
2665 pts
Core i7-1255U
2156 pts
Core i7-1165G7
1908 pts
Core i5-1135G7
1783 pts
Core i3-1115G4
1121 pts

■CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]

CPU Mark
Core i5-1240P(レビュー機/Ultra Performance)
19743
Core i7-1260P
19034
Ryzen 7 5800U
18835
Core i5-1240P(レビュー機/Optimized)
18444
Core i5-1240P
17932
Ryzen 7 5700U
17115
Ryzen 5 5600U
16487
Core i7-1255U
13140
Core i5-1235U
12919
Ryzen 5 5500U
12667
Core i7-1165G7
11270
Core i5-1135G7
10823
Core i3-1115G4
6510

レビュー機のスコアは平均値を上回り Core i7-1260P 相当のパフォーマンスが出ています。

スリムでコンパクトながら、このパフォーマンスは圧巻です。負荷の高い処理でも快適に使えるでしょう。

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで性能評価を行います。

評価にあたっては、グラフィックス性能レベルを把握するため当サイトでレビューした下記グラフィックスのスコアと比較します。

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1260P搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1240P搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1255U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1235U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1165G7搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1135G7搭載機)

・インテル UHD グラフィックス(Core i3-1115G4搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 7 5800U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 5 5600U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 7 5700U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 5 5500U搭載機)

※当サイトで計測したスコアの平均値

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike のベンチマーク結果です。

Fire Strike は DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テストです。

3DMark Fire Strike
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
4911
インテル Iris Xe(レビュー機/Ultra Performance)
4321
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
4134
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
4090
インテル Iris Xe(レビュー機/Optimized)
3990
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
3577
AMD Radeon(Ryzen 7 5800U)
3491
AMD Radeon(Ryzen 7 5700U)
3468
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
3204
AMD Radeon(Ryzen 5 5600U)
2971
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
2950
インテル UHD(Core i3-1115G4)
2308
AMD Radeon(Ryzen 5 5500U)
2199

ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]

ドラゴンクエストX のベンチマーク結果です。

ドラゴンクエストX
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
11198
AMD Radeon(Ryzen 7 5800U)
10644
AMD Radeon(Ryzen 5 5600U)
9998
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
9820
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
9589
AMD Radeon(Ryzen 7 5700U)
9357
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
8290
インテル UHD(Core i3-1115G4)
7296
インテル Iris Xe(レビュー機/Ultra Performance)
6866
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
6792
インテル Iris Xe(レビュー機/Optimized)
6696
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
6174
AMD Radeon(Ryzen 5 5500U)
6127

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果です。

漆黒のヴィランズ
インテル Iris Xe(レビュー機/Ultra Performance)
5825
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
5752
インテル Iris Xe(レビュー機/Optimized)
4801
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
4790
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
4381
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
4134
AMD Radeon(Ryzen 7 5800U)
3972
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
3738
AMD Radeon(Ryzen 5 5600U)
3682
AMD Radeon(Ryzen 7 5700U)
3553
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
3027
インテル UHD(Core i3-1115G4)
2589
AMD Radeon(Ryzen 5 5500U)
2342

※高品質(ノートPC)/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXV のベンチマーク結果です。

ファイナルファンタジーXV
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
3915
インテル Iris Xe(レビュー機/Ultra Performance)
3913
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
3485
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
3456
インテル Iris Xe(レビュー機/Optimized)
3422
AMD Radeon(Ryzen 7 5800U)
3419
AMD Radeon(Ryzen 7 5700U)
3300
AMD Radeon(Ryzen 5 5600U)
3099
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
3014
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
2927
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
2553
インテル UHD(Core i3-1115G4)
2340
AMD Radeon(Ryzen 5 5500U)
2209

※軽量品質/解像度 1280×720 で実施

 

レビュー機は、グラフィックス性能も優秀です。

軽めのグラフィックス処理ではパフォーマンスを抑えめにしているものの、負荷が高い処理になればそれなりのパフォーマンスを発揮しています。

オンライン会議のほか写真・動画編集など高度なグラフィックス処理でも快適なパフォーマンスが期待できます。

Check

第12世代 Core プロセッサー内蔵の Iris Xe グラフィックスは負荷が低いときよりも負荷が高くなるほどパフォーマンスを発揮する傾向があるようです。[当サイトの検証結果]

 

ストレージ性能

レビュー機のストレージは Samsung製 SSD(型番:PM9A1、容量 512GB)を搭載しています。

ストレージ情報

ストレージ性能は、CrystalDiskMark を使用しデータ転送速度を計測・評価します。

データ転送速度
データ転送速度

※バランスモードで計測した結果。パフォーマンスモードでの計測結果も同等です。

計測結果は優秀です。体感的にも高速にアクセスできていてファイルの読み書きもスムーズです。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 で実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、性能レベルの程度を把握するため当サイトでレビューした下記機種のスコアと比較します。

・Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 10

・HP ENVY x360 13-bf

・VAIO SX12

※当サイトで計測したスコア

おもなスペックは以下のとおり。

スペック XPS 13 Plus
(レビュー機)
ThinkPad X1 Carbon HP ENVY x360 13 VAIO SX12
CPU インテル Core i5-1240P インテル Core i5-1240P インテル Core i7-1250U インテル Core i7-1260P
メモリ 16GBメモリ 16GBメモリ 16GBメモリ 16GBメモリ
ストレージ 512GB SSD (NVMe) 512GB SSD (NVMe) 1TB SSD (NVMe) 256GB SSD (NVMe)
グラフィックス Intel Iris Xe Intel Iris Xe Intel Iris Xe Intel Iris Xe

 

ベンチマーク結果は以下のとおり。

Essentials
XPS 13 Plus(Optimized)
8980
XPS 13 Plus(Ultra Performance)
9023
ThinkPad X1 Carbon Gen 10
9792
HP ENVY x360 13-bf
8935
VAIO SX12
9678
目標値
4100
Productivity
XPS 13 Plus(Optimized)
5973
XPS 13 Plus(Ultra Performance)
6083
ThinkPad X1 Carbon Gen 10
6246
HP ENVY x360 13-bf
5691
VAIO SX12
6277
目標値
4500
Digital Contents Creation
XPS 13 Plus(Optimized)
5630
XPS 13 Plus(Ultra Performance)
5971
ThinkPad X1 Carbon Gen 10
5540
HP ENVY x360 13-bf
4463
VAIO SX12
6430
目標値
3450
Gaming
XPS 13 Plus(Optimized)
3329
XPS 13 Plus(Ultra Performance)
3632
ThinkPad X1 Carbon Gen 10
3511
HP ENVY x360 13-bf
3283
VAIO SX12
4070

※テスト項目説明

・Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)

・Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)

・Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)

・Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

※目標値はベンチマークソフト開発メーカーの推奨スコア

 

レビュー機のスコアは優秀です。高いレベルで性能バランスにもすぐれています。

プライベートからビジネスまで さまざまシーンでしっかり活用できます。

関連記事

 

バッテリー

バッテリー性能については、レビュー機のバッテリー駆動時間と充電時間を計測・評価します。

■駆動時間の測定条件

・無線LANでインターネットに接続

・YouTubeを全画面で連続再生

・画面の明るさ:最大レベル

・音量:最大レベル

■充電時間の測定条件

・測定開始はバッテリー残量がほぼゼロの状態

・電源アダプターを接続し Windows を起動

・スクリーンセーバー(ラインアート)でパソコンはアイドル状態

※スクリーンタイムアウトや PCスリープは設定しない。

 

バッテリーの駆動時間と充電時間の測定結果は以下のとおり。

バッテリー駆動時間 4時間 32分
バッテリー充電時間
(50%までの充電時間)
59分
バッテリー充電時間
(80%までの充電時間)
1時間 36分
バッテリー充電時間
(100%までの充電時間)
2時間 41分

バッテリーを多く消費する条件とはいえ、駆動時間は公開されている最大13時間にくらべると物足りなさを感じます。

バッテリー駆動で使用するときは、画面の明るさを調整するなどバッテリー消費を抑えるような使いかたが良いでしょう。

なお、実際の使用にあたっては、環境や使い方などによりバッテリーの駆動時間は変動するため参考値としてください。

 

クリエイティブ性能の評価

クリエイティブ性能は RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)と動画エンコードの処理時間で評価します。

評価にあたっては、上記の総合的なパフォーマンスで使用した機種の処理時間と比較します。

・Lenovo ThinkPad X1 Carbon Gen 10

・HP ENVY x360 13-bf

・VAIO SX12

※当サイトで計測した処理時間

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PhotoDirector
Adobe Photoshop Lightroom
Adobe Photoshop Lightroom Classic

■条件等

・RAWデータ 50ファイルをJPEG形式で一括書き出し

・RAWデータサイズ 4,592×3,056(約14MB)

・プリセット等 編集は適用しない

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PhotoDirector
XPS 13 Plus(Optimized)
44秒0
XPS 13 Plus(Ultra Performance)
44秒2
ThinkPad X1 Carbon Gen 10
46秒9
HP ENVY x360 13-bf
44秒0
VAIO SX12
41秒0
Photoshop Lightroom
XPS 13 Plus(Optimized)
15秒0
XPS 13 Plus(Ultra Performance)
14秒4
ThinkPad X1 Carbon Gen 10
17秒1
HP ENVY x360 13-bf
18秒6
VAIO SX12
13秒9
Lightroom Classic
XPS 13 Plus(Optimized)
20秒9
XPS 13 Plus(Ultra Performance)
20秒7
ThinkPad X1 Carbon Gen 10
21秒2
HP ENVY x360 13-bf
25秒1
VAIO SX12
18秒8

 

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector

■条件等

・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)

・動画再生時間 10分間

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PowerDirector
XPS 13 Plus(Optimized)
2分1秒8
XPS 13 Plus(Ultra Performance)
1分42秒9
ThinkPad X1 Carbon Gen 10
1分48秒6
HP ENVY x360 13-bf
2分1秒1
VAIO SX12
1分51秒3

 

レビュー機のクリエイティブ性能は優秀です。

写真・動画編集などクリエイティブな作業も快適なパフォーマンスで活用できます。

 

駆動音・表面温度のチェック

駆動音のチェック

駆動音は、下記処理中の音量(デシベル)を測定し、評価します

・CPU ベンチマーク「CINEBENCH R20 /マルチ Core」実行中

・10分間動画のエンコード処理中

※一般住宅で周囲の音ができるだけ入らないようにして測定(室温:25℃)

騒音測定イメージ
音量計測イメージ
(使用測定器:Meterk SLM01)

■測定結果

電源モード アイドル状態
(最小音量)
最大音量
中段はピーク時の音量推移
下段はスコア/処理時間(参考値)
ベンチマーク中 動画エンコード中
Optimized 34.2db
(無音)
37.9db
(37db台)
(3607pts)
39.4db
(38~39db)
(1分58秒)
Ultra Performance 34.4db
(無音)
39.4db
(37~39db)
(3656pts)
41.8db
(38~41db)
(12分43秒)

■騒音の目安

騒音の大きさ 騒音の具体例
60 デシベル 走行中の自動車内
普通の会話
デパート店内
50 デシベル 家庭用エアコンの室外機
静かな事務所の中
40 デシベル 閑静な住宅地の昼
図書館内
30 デシベル 深夜の郊外
鉛筆での執筆音
20 デシベル 木の葉の触れ合う音
雪の降る音

参考:埼玉県深谷市ホームページ「騒音・振動の規制について」

 

平常時は静かです。

高負荷な状態では「サーッ」という排気音が大きくなります。個人差はありますがうるさく感じるほどではありません。

状況にもよりますが負荷が低減すれば 10秒後くらいから音が小さくなり、負荷低減から 20秒程度で排気音は静かになります。

 

表面温度のチェック

表面温度については、下記を実施したときの表面温度を測定し評価します。

・アイドル状態で10分放置後

・Youtube 動画 30分間視聴後

・10分間動画のエンコード実行後

※単位:℃、測定時の室温:25℃

※Dell Performance を「Optimized」に設定して実施

※写真の左がキーボード表面、右が底面側の計測結果

■アイドル状態で10分間放置

アイドル状態で10分放置の表面温度

■Youtube 動画 30分間視聴後

Youtube 動画 30分間視聴後の表面温度

■10分間動画エンコード実行後

10分間動画エンコード実行後の表面温度

高負荷な状態になるとキーボード奥の温度が上昇し、タイピング中でも多少の温かさを感じるかもしれません。

また、パームレストも本体内部の熱の影響を受けやすく表面温度はある程度上昇しますがタイピング操作への影響はないと思います。

 

サウンド チェック

XPS 13 Plus にはサウンドユーティリティソフト「Maxx Audio Pro」がインストールされています。

サウンドユーティリティソフト

Maxx Audio Pro ではコンテンツに合わせたプリセットやイコライジング機能でお好みの音質にチューニングすることができます。

以下は、実際にサウンドを試聴した印象です。

※プリセット「フルリセット」状態で試聴

■スピーカー
低音域から高音域まで広い音域を再現しており高音質。音声も明瞭に聴き取れる。

■ヘッドホン
スピーカーと同様に音質。

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測

Windows の起動、再起動、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

起動 再起動 シャットダウン
1回目 13.9秒 45.8秒 9.9秒
2回目 13.8秒 46.7秒 11.9秒
3回目 14.0秒 45.9秒 10.1秒
4回目 13.7秒 46.5秒 9.5秒
5回目 13.7秒 45.0秒 9.8秒
平均 13.8秒 46.0秒 10.2秒

起動とシャットダウンは体感的にも早いです。

再起動については多少時間はかかるものの頻繁に実行する処理ではないので処理待ちのストレスを感じることはないでしょう。

なお、実際の使用にあたってはインストールしているアプリや Windows の更新など使用状況により時間は変動するので参考値としてください。

 

同梱品

XPS 13 Plus の本体ほか同梱品一式です。

同梱品一式
同梱品
・XPS 13 Plus 本体
・電源アダプター
・電源コード
・USB Type-C ケーブル
・USB Type-C - USB Type-A 変換アダプター
・USB Type-C -ヘッドセットポート変換アダプター
・ドキュメント類

 

まとめ

以上、XPS 13 Plus (9320) のレビュー記事をお届けしました。

XPS 13 Plus は、性能レベルが高くしっかりとしたパフォーマンスで快適に使えるモバイルノートです。

シンプルで高級感を醸し出すデザインにくわえ、ゼロラティス キーボードやタッチ式ファンクション、シームレスのタッチパットなど、時代を先取りしているかのような仕上がりです。

ただ、革新的なデザインだからこそ好みが分かれるのも正直なところ。一般ユーザーに向けたモデルというよりはガジェット好きに向けたモデルといえるしょう。

高評価のポイント

  • シンプルだけど高級感があり高い所有満足度を得られる
  • 高い処理性能で快適に使える
  • 革新的でチャレンジ精神を感じるデザイン
  • 極狭ベゼルの InfinityEdgeディスプレイは画面周りがスッキリ

気をつけておきたいところ

  • プライバシーシャッターは非搭載
  • キーボードやタッチ式ファンクションなどは好みが分かれる

 

カスタマイズ内容や価格、割引クーポンなどの最新情報はデル直販サイト(デルオンラインストア)をご確認ください。

真正面

XPS 13 Plus (9320)
税込 21万円台から

 

デル オンラインストア クーポン情報

XPS 13 Plus (9320) がクーポン適用で 17%オフ!
【214,971円(税込・配送料込)~】

 

キャンペーン情報


デルオンラインストアで合計金額 80,000円(税抜) 以上購入すると楽天スーパーポイント 3,000ポイントもらえます。詳細はこちらをご覧ください。

 

 

LINEで送る
Pocket