真正面(壁紙)

Inspiron 14 5000 (5402) は、第11世代インテル Core G プロセッサーを搭載した高性能で高品質な 14.0型ノートPC です。

同機種は 6月26日時点で すでに販売終了していますが、Core H プロセッサーの搭載でパワーアップした後継モデル「Inspiron 14 5000 (5410)」が販売中です。

本記事では、メーカーからお借りした実機「Inspiron 14 5000 (5402)」について、ベンチマーク結果ならびに外観・ディスプレイ・キーボードなどのレビュー結果を掲載します。

後継機種との比較検討や、中古品購入の参考にしてください。

天面(壁紙)

レビューは 2021年7月27日時点の内容です。

 

スペック構成

レビューに試用した実機のスペック構成は以下のとおり。

OS Windows 10 Home (64ビット) 日本語
CPU インテル Core i7-1165G7 プロセッサー
メモリ 8 GB、2 x 4 GB、DDR4、3200 MHz
ストレージ 512GB SSD (M.2 PCIe NVMe)
ディスプレイ 14.0-インチ FHD (1920 x 1080) 非光沢 LED バックライト 非-タッチ スリム ベゼル WVA ディスプレイ
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス (CPU 内蔵)
ワイヤレス Qualcomm QCA 61x4A WiFi 802.11a/b/g/11n/11ac + Bluetooth 5
カメラ、マイク 720p(30 fps)HDカメラ、デュアルアレイ マイクロフォン
本体サイズ(W×D×H) 約 321.30×216.20×16.74(前面側)~17.90(背面側) mm
本体質量 約 1.40 kg (最小構成)
本体カラー プラチナ シルバー

 

キャンペーン情報


デルオンラインストアで 80,000円以上(クーポン割引後の価格)のパソコンを購入すると楽天スーパーポイント 3,000ポイントもらえます。詳細はこちらをご覧ください。

 

外観チェック

上質でスタイリッシュなデザイン

正面側 右側

背面側 右側

天面の素材はアルミニウム。サラサラとした感触で上質感があります。

天面斜め(その1)

天面斜め(その2)

底面部は剛性を重視した「ユニボディ」の構造です。見た目もスッキリしています。

底面側(斜め)
底面は「ユニボディ」のデザイン

ゴム足は四隅に実装されています。細長いゴム足ですが本体の安定感は良好です。

排気口はヒンジのあいだに実装されています。

排気口
排気口はヒンジのあいだ 2箇所

本体の左右にモノを置いても排熱で温められることはありません。

必要十分なインターフェースを実装

Inspiron 14 5000 (5402) のインターフェースをチェックします。

左側面のインターフェースなど各部名称です。

インターフェース(左側面)

①電源アダプター ポート

②HDMI ポート

③USB 3.2 Gen 1 Type-A ポート

④USB 3.2 Gen 1 Type-Cポート(DisplayPortおよびPowerDelivery対応)

右側面のインターフェースなど各部名称です。

インターフェース(右側面)

⑤microSD カード スロット

⑥USB 3.2 Gen 1ポート

⑦ヘッドセット ポート

Inspiron 14 5000 (5402) には、実用的で必要十分なインターフェースが実装されています。

 

スピーカーは底面部 前面側の左右に実装されています。

スピーカー

 

ディスプレイのチェック

自然な色合いで描画できるディスプレイ

レビュー機のディスプレイは、高輝度ではありませんが、自然な色合いで描画でき表示される文字もクッキリとして見やすいです。

ディスプレイに描画された映像(気球)
画像の表示例

Microsoft Edge に表示される文字の大きさ
テキストの表示例

トーンカーブは、RGBともに理想的な45度の角度に近い形状です。

トーンカーブ
トーンカーブ
(キャリブレーションツール「i1Display Pro」で計測)

 

色域の計測結果です。

色域
色域
(色度図作成ソフト「ColorAC」にて作成)

sRGBカバー率 64.0%
Adobe RGBカバー率 48.7%

色調バランスは良好ですが色域は標準的です。

 

眼に優しい非光沢液晶

ディスプレイの映り込み具合をチェックします。

画面映り込み

映り込みは低減されており、眼への負担も軽減できます。

視野角は広い

視野角をチェックします。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに視野角は広く、斜めからもハッキリとした映像を観ることができます。

 

キーボード&タッチパッドのチェック

タイピングしやすいキーボード

Inspiron 14 5000 (5402) のキーボードレイアウトは標準的です。

キーボードレイアウト(クリックで拡大表示できます)

気になるところは[Enter]キー周辺の一部キーが隣接している点。とくに[¥][backspace]キーは横幅が小さく打ちにくさを感じるかもしれません。

キートップは ほぼフラットな形状。サラサラとした感触で指先のフィット感は良好です。

キートップ

キーストロークはノートパソコンとして平均的なストローク幅で、タイピングしやすいキーボードです。

タッチパッドは大きめサイズ

タッチパッドはクリックボタンが一体化したタイプです。

タッチパッドのサイズ感
タッチパッドのサイズ感(やや大きめサイズ)

サラサラとした感触(パームレストより少しツルツルした感触)で、扱いやすさは良好です。

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは、Inspiron 14 5000 (5402) の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほかバッテリー性能や総合的なパフォーマンスを評価します。

評価に使用したベンチマークは以下のとおりです。

評価項目 使用するベンチマーク
CPU性能 CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]
CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]
グラフィック性能 3DMark FireStrike
ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]
ストレージ性能 CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンス PCMark 10
バッテリー BatteryInfoView(バッテリー残量測定用)

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R20 と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで評価します。

評価にあたっては、性能レベルを把握するため下記 CPU のスコアと比較します。

・インテル Core i7-1165G7 プロセッサー

・インテル Core i5-1135G7 プロセッサー

・インテル Core i3-1115G4 プロセッサー

・インテル Core i7-10510U プロセッサー

・インテル Core i5-10210U プロセッサー

・インテル Core i3-10110U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 5500U プロセッサー

・AMD Ryzen 7 4700U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 4500U プロセッサー

※当サイトで計測したスコアの平均値

■CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]

CPU
Ryzen 5 5500U
2960 pts
Ryzen 7 4700U
2750 pts
Ryzen 5 4500U
2042 pts
Core i7-1165G7
1950 pts
Core i5-1135G7
1796 pts
Core i7-1165G7(レビュー機)
1570 pts
Core i7-10510U
1500 pts
Core i5-10210U
1413 pts
Core i3-1115G4
1224 pts
Core i3-10110U
894.5 pts

■CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]

CPU Mark
Ryzen 7 4700U
14790
Ryzen 5 5500U
13281
Core i7-1165G7
11596
Ryzen 5 4500U
11071
Core i5-1135G7
10715
Core i7-1165G7(レビュー機)
9125
Core i7-10510U
8122
Core i5-10210U
7710
Core i3-1115G4
6702
Core i3-10110U
5533

レビュー機に搭載されている CPU は平均値を下回っており、パフォーマンスがひかえめです。

とはいえ、一般的な使いかた(メール・ネット・オフィスソフト・動画鑑賞など)では、控えめなパフォーマンが気になることはないでしょう。

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで性能評価を行います。

評価にあたっては、グラフィックス性能レベルを把握するため当サイトでレビューした下記グラフィックスのスコアと比較します。

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1165G7搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1135G7搭載機)

・インテル UHD グラフィックス(Core i3-1115G4搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 7 4700U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 5 4500U搭載機)

※当サイトで計測したスコアの平均値

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike のベンチマーク結果です。

Fire Strike は DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テストです。

3DMark Fire Strike
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
3956
インテル Iris Xe(レビュー機)
3315
AMD Radeon(Ryzen 7 4700U)
2992
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
2924
インテル UHD(Core i3-1115G4)
2333
AMD Radeon(Ryzen 5 4500U)
2294

ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]

ドラゴンクエストX のベンチマーク結果です。

ドラゴンクエストX
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
10959
インテル Iris Xe(レビュー機)
9552
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
9124
AMD Radeon(Ryzen 7 4700U)
8576
インテル UHD(Core i3-1115G4)
7706
AMD Radeon(Ryzen 5 4500U)
7002

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果です。

漆黒のヴィランズ
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
4203
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
3548
AMD Radeon(Ryzen 7 4700U)
3546
インテル Iris Xe(レビュー機)
3053
AMD Radeon(Ryzen 5 4500U)
2775
インテル UHD(Core i3-1115G4)
2661

※高品質(ノートPC)/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXV のベンチマーク結果です。

ファイナルファンタジーXV
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
3297
AMD Radeon(Ryzen 7 4700U)
3129
インテル Iris Xe(レビュー機)
2858
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
2688
AMD Radeon(Ryzen 5 4500U)
2440
インテル UHD(Core i3-1115G4)
2389

※軽量品質/解像度 1280×720 で実施

 

CPU内蔵のグラフィックスは、CPU性能のほかにも搭載されているメモリ容量や構成チャネル(シングル/デュアル)に依存します。

レビュー機の場合、デュアルチャネル構成ですが、グラフィックスパフォーマンスもひかえめです。

一般的な使いかた(ネット・メール・オフィスソフト・動画鑑賞など)では問題ないにしてもチョット残念なところです。

メモリ増設することで、ある程度のパフォーマンスアップするはずです。公開されているスペックでは、最大32GBまでメモリを搭載することは可能ですが、メモリ増設するときは底面カバーを開ける必要があるためメーカー保証がなくなる可能性があります。

 

ストレージ性能

レビュー機のストレージは NVMe対応の SSD(容量 512GB) が搭載されています。

データ転送速度
データ転送速度(CrystalDiskMark で計測)

計測結果はとても優秀です。

データアクセスも超高速で Windows やアプリの起動も早いです。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 Extended を使って、実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、性能レベルの程度を把握するため当サイトでレビューした下記機種のスコアと比較します。

・Core i7-1165G7/8GBメモリ搭載機(平均)

・XPS 13 9310

・Inspiron 14 5406 2-in-1

※平均は当サイト計測スコアの平均値

スペック Inspiron 14 5402
(レビュー機)
Core i7-1165G7/8GB XPS 13 9310 Inspiron 14 5406
2-in-1
CPU インテル Core i7-1165G7 インテル Core i7-1165G7 インテル Core i7-1165G7 インテル Core i7-1165G7
メモリ 8GBメモリ 8GBメモリ 16GBメモリ 16GBメモリ
ストレージ 512GB SSD (NVMe) 512GB SSD (NVMe) 1TB SSD (NVMe) 512GB SSD (NVMe)
グラフィックス インテル Iris Xe インテル Iris Xe インテル Iris Xe インテル Iris Xe

■ベンチマーク結果

Total Score
Inspiron 14 5402
3971
Core i7-1165G7/8GBメモリ搭載機
3968
XPS 13 9310
4481
Inspiron 14 5406 2-in-1
4441
 Essentials
Inspiron 14 5402
8736
Core i7-1165G7/8GBメモリ搭載機
9018
XPS 13 9310
9213
Inspiron 14 5406 2-in-1
9417
基準値
4100
 Productivity
Inspiron 14 5402
6509
Core i7-1165G7/8GBメモリ搭載機
6401
XPS 13 9310
6384
Inspiron 14 5406 2-in-1
6713
基準値
4500
 Digital Contents Creation
Inspiron 14 5402
4258
Core i7-1165G7/8GBメモリ搭載機
4423
XPS 13 9310
4832
Inspiron 14 5406 2-in-1
4615
基準値
3450
 Gaming
Inspiron 14 5402
2778
Core i7-1165G7/8GBメモリ搭載機
2640
XPS 13 9310
3835
Inspiron 14 5406 2-in-1
3604

※テスト項目説明

・Total Score(総合的な評価)

・Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)

・Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)

・Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)

・Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

※基準値はベンチマークソフト開発メーカーの推奨スコア

 

レビュー機は 8GBメモリののため、比較対象機にくらべスコアがひかえめです。

ただ、平均値相当のスコアで基準値もクリアしており、一般的な使用(ネット・メール・オフィスソフト・動画鑑賞など)では十分快適なパフォーマンスが期待できます。

 

まとめ

以上、Inspiron 14 5000 (5402) のレビュー記事をお届けしました。

Inspiron 14 5000 (5402) は高性能スペックを搭載していますが、ベンチマークによる性能評価で少し控えめな印象を受けました。

おそらく、本体内部が高温になることでパフォーマンスをひかえめにしていることが考えられます。

後継機種の「Inspiron 14 5000 (5410)」では、CPU をハイパフォーマンスの Core H プロセッサーにリプレースしています。

大幅なパワーアップとともに熱対策にも期待したいところです。

真正面

Inspiron 14 5000 (5410)
税込 6万円台から
※クーポン適用価格

※写真は Inspiron 14 5402

 

デル オンラインストア クーポン情報

Inspiron 14 5000 (5410) がクーポン適用で 最大23%オフ!
【77,904円(税込・配送料込)~】
[ 即納モデルあり(2021.9.21 時点) ]

 

キャンペーン情報


デルオンラインストアで 80,000円以上(クーポン割引後の価格)のパソコンを購入すると楽天スーパーポイント 3,000ポイントもらえます。詳細はこちらをご覧ください。

 

 

LINEで送る
Pocket