真正面(壁紙)

日本HP の HP Elite Dragonfly G2 は、第11世代インテル Core プロセッサーを搭載したコンバーチブルタイプの 13.3型 2in1 モバイルノートPC です。

性能レベルの高さにくわえセキュリティ機能も充実!ワークスタイルの変化にともなうテレワークやサテライトオフィスにもマッチするセキュアなモデルです。

スリムでコンパクトなボディにドラゴンフライブルーのカラーはカッコよく、機動力の高さを印象付けてくれます。

■HP Elite Dragonfly G2 の特徴

  • 第11世代インテル Core プロセッサーを搭載
  • マグネシウム削り出しの軽量で堅牢性にすぐれたボディ
  • 米軍調達基準19項目の要件クリアした耐久性と信頼性(MIL-STD-810G準拠)
  • スリムでコンパクトなデザインにドラゴンフライブルーのカラーが機動力の高さを印象付けてくれる
  • 高輝度&広色域の液晶ディスプレイ
  • フルサイズでタイピングしやすいキーボード
  • 5つのスタイルで自在に使える
  • Bang & Olufsen クアッドスピーカーを搭載した高音質サウンド
  • 顔認証センサーと指紋認証センサーを搭載
  • プライバシー・スクリーンを搭載(4G LTE/5G モデル)
  • キーひとつでカメラを遮断できる
  • ハードウェア・ソフトウェアの両面から PC を守る高度なセキュリティ機能を標準搭載
  • 高速無線LAN規格 Wi-Fi 6 を搭載
  • 4G LTE/5G モデルまたは Wi-Fi モデルがラインナップ

レビューでは、前半で外観デザインにくわえディスプレイ、キーボード、アクティブペン(オプション)などをチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能評価を行います。

天面(壁紙)

レビューは 2021年7月9日時点の内容です。

 

スペック構成

HP Elite Dragonfly G2 には、4G LTE/5G モデルと Wi-Fi モデルがラインナップ。それぞれ、CPU/メモリ/ストレージなどのスペック構成により複数のモデルから選択することができます。

構成される主なスペックは以下のとおり。

4G LTE/5G モデル Wi-Fi モデル
OS Windows 10 Pro (64bit)(日本語) ・Windows 10 Home(64bit)(日本語)
・Windows 10 Pro (64bit)(日本語)
CPU ・インテル Core i5-1135G7 プロセッサー
・インテル Core i7-1165G7 プロセッサー
・インテル Core i5-1145G プロセッサー
※Core i5-1145G 搭載時、インテル vPro テクノロジー有効
・インテル Core i5-1135G7 プロセッサー
・インテル Core i7-1165G7 プロセッサー
メモリ ・オンボード8GB LPDDR4X
・オンボード16GB LPDDR4X
ストレージ ・256GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
・512 GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
・128GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
・256GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
・512 GB M.2 SSD(PCIe NVMe)
・インテル Optane Memory H10 with Solid State Storage(32GB+512GB)
・1TB M.2 SSD(PCIe NVMe)
・2TB M.2 SSD(PCIe NVMe)
ディスプレイ 13.3インチワイド(16:9)フルHD 液晶タッチディスプレイ(光沢、1920×1080ドット、1000cd/m2、最大1677万色、IPS方式)、LEDバックライト、ambient light sensor、HP Sure View Reflect(内蔵プライバシースクリーン機能)搭載 ・13.3インチワイド(16:9)フルHD 液晶タッチディスプレイ(光沢、1920×1080ドット、400cd/m2、最大1677万色、IPS方式)、LEDバックライト、ambient light sensor
・13.3インチワイド(16:9)フルHD 液晶タッチディスプレイ(光沢、1920×1080ドット、1000cd/m2、最大1677万色、IPS方式)、LEDバックライト、ambient light sensor、HP Sure View Reflect(内蔵プライバシースクリーン機能)搭載
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィックス (CPUに内蔵)
ワイヤレス インテル Wi-Fi 6 AX201 a/b/g/n/ac/ax(アンテナ数:送信2、受信2)(Wi-Fi準拠)+ Bluetooth5
WWAN ・Intel XMM 7360 LTE-Advanced(GPS機能付き)
・Qualcomm(R) Snapdragon(TM) X55 5G Modem(GPS機能付き)
なし
カメラ、マイク 720p HD Webカメラ[(静止画:92万画素、動画:92万画素、固定焦点レンズ)、IRカメラ(Windows Hello対応)、HP Sure Shutter付き]
内蔵トリプルマイク(全方位マイク機能、ノイズキャンセル機能搭載)
バッテリー駆動時間 最大 17.6時間 (JEITA測定法Ver2.0) 最大 16.45時間 (Mobilemark2014測定、JEITA測定法Ver2.0 は後日公開)
指紋認証センサー パームレストに内蔵
本体サイズ(W×D×H) 約 304.3×197.5×16.1 mm (最薄部、突起部含まず)
本体質量 約 1.15kg 約 989g
本体カラー ドラゴンフライブルー

各モデルの詳細スペックや価格については、日本HP公式サイトをご確認ください。

真正面

HP Elite Dragonfly G2
税込 16万円台から

ここではメーカーからお借りした実機「4G LTE/5G モデル(Core i5-1135G7 搭載)」を試用してレビューを行います。

 

HP Directplus 特別クーポン情報


当サイトでは日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える最大7%オフ特別クーポンを提供中です。
HP Directplus 最大7%オフ特別クーポン情報

 

 

外観チェック

できるビジネスパーソンを演出してくれるデザイン

HP Elite Dragonfly G2 のデザインはスリムでスタイリッシュ!

正面側 右側

背面側 右側

前モデルから外観デザインに大きな変更はないものの、スリムでスタイリッシュなデザインにくわえドラゴンフライブルーのカラーは「できるビジネスパーソン」の雰囲気が伝わってきます。

本体の素材はマグネシウム。CNC(コンピュータ数値制御)で削り出されたボディは堅牢性(頑丈さ)にもすぐれています。

天面斜め(その1)
表面はサラサラとした感触で上質感がある

天面斜め(その2)
hp のスラッシュロゴとヒンジの光るカッティングがカッコいい

底面は剛性を重視した「ユニボディ」のシンプル構造で見た目もスッキリしています。

底面側(斜め)

排気口はヒンジのあいだに実装されています。

排気口

吸気口と排気口のあいだにあるゴム足は、排気口から出される温かい空気が再び吸気口に入り込むのを遮断する役割も兼ねています。本体内部の効果的な冷却が期待できます。

スタイル自在に使える

HP Elite Dragonfly G2 は天面を回転させることでスタイル自在に使えます。

ノートパソコン
ノートパソコン

スタンド
スタンド

テント
テント

タブレット
タブレット

フラット
フラット(画面共有に便利)

ビジネスには必要十分なインターフェース

HP Elite Dragonfly G2 のインターフェースをチェックします。

左側面のインターフェースなど各部名称です。

インターフェース(左側面)

①USB3.1ポート

②電源ボタン

③ナノセキュリティロック ケーブル用スロット

④SIMカードスロット (NanoSIMカード)

SIMカードスロットはプッシュロック式です。

SIMカードスロット

スロットを押し込むとトレイが出てきます。シッカリ押し込む必要がありますが、そのぶんトレイが不意に飛びだすこともありません。ピンが不要なところも扱いやすいです。

右側面のインターフェースなど各部名称です。

インターフェース(右側面)

④USB Type-Cポート(Thunderbolt 4)×2

⑤コンボステレオヘッドフォン/マイクジャック

⑥HDMI(2.0)

USB Type-C コネクタは、PD充電器による本体への充電や 映像出力にも対応しています。

■USB Type-C コネクタ対応表

映像出力
PD充電器(30W) 〇(低速充電)
PD充電器(45W)
PD充電器(65W)

※当サイトの検証結果

※2ポートとも検証結果は同じ

HP Elite Dragonfly G2 は、ビジネスに必要十分なインターフェースを実装しています。

ただし、SDカードスロットはビジネス向けモバイルノートでは使用頻度が低いためか実装されていません。必要に応じて USB対応のカードリーダーを使用するとよいでしょう。

Bang & Olufsen クアッドスピーカーを搭載

スピーカーは Bang & Olufsen クアッドスピーカーを搭載、キーボード左右と 底面部 前面側の左右に合計4基実装されています。

スピーカー(キーボード奥)
キーボード左右のスピーカー

スピーカー(底面部)
底面部のスピーカー

低音域から高音域まで広い音域を再現できる高音質なサウンドを体感できます。

顔認証や指紋認証でかんたんサインイン

HP Elite Dragonfly G2 は顔認証センサーと指紋センサーを搭載しています。

顔認証と指紋認証は併用が可能で、認証精度はいずれも良好です。

顔認証でサインイン
顔認証でサインイン

指紋認証でサインイン
指紋認証でサインイン

顔認証ならパソコンの前にすわるだけで Windows にサインインできますし、マスクを着用しているときは指紋センサーにタッチするだけでかんたんに Windows にサインインできます。

キーボード上からカメラやマイクを遮断できる

HP Elite Dragonfly G2 はキーを押すだけでカメラ遮断(HP Sure Shutter)やマイク・ミュートに切り替えられます。

プライバシーキーカメラ有効/無効 切り替えキーは[prt scr]の左
マイク有効/無効 切替キーは[f8]
LED点灯時は無効(カメラやマイクは使えない)

オンライン会議などで、こちらを見られたくないときはキー操作で瞬時にカメラを遮断できます。

プライバシーシャッター
上の画像:シャッターが開いてカメラ有効
下の画像:シャッターが閉じてカメラを遮断

なお、カメラを遮断にしているとき顔認証は使えませんが、指紋認証でサインインできます。

また、マイク機能についてもキー操作で有効/無効を瞬時に切り替えられます。

ちなみに、カメラを無効しているときはシャッターでカメラをふさでいるだけでカメラ機能自体は有効のままですが、こちらの風景は相手側には伝わらないので実用的には問題ないと思います。

Check

旧モデルではカメラ上部にあるスライドスイッチを手動で切り替えてカメラを遮断していましたが、新モデルではキー操作で切り替えできるようになりました。

家庭用のクリーナーシートで清潔を保てる

HP Elite Dragonfly G2 は、家庭用のクリーナーシートで約1000回の清掃・消毒に耐えられるように設計されています。

デバイスをクリーニングするときに便利なソフト「HP Easy Clean」もインストールされており、電源オンの状態でもデバイスをかんたんロックできます。

HP Easy Clean
HP Easy Clean

ソフトを起動することで 2分間デバイスがロックされ、クリーナーシートで汚れなどを除去できます。

薄くて軽くてコンパクト!

本体の大きさのイメージです。本体の下に A4コピー用紙を置き、本体上に B5版ノートを載せています。

本体の大きさイメージ
コンパクトな本体

本体を閉じたときの高さのイメージです。

本体の高さ
本体の高さを CD ケース(通常サイズ)2枚と比較
(通常サイズの CDケースの厚さは 10mm)

本体の高さは最厚部でも CDケース 2枚よりも薄くて とてもスリムです。(実測で 17 mm)

スリムなボディ

本体や電源アダプターなどの重量を実測します。

本体の重さ
・本体:1,145g
・電源アダプター:195g
・電源コード:102g
・ウォールマウントプラグ:41g

本体は超軽量で持ち歩きもラクにできます。

本体の重さイメージ

電源アダプターの最大出力は 65W。大きさは手のひらサイズです。

電源アダプターの大きさ比較

電源アダプターの大きさ実測

なお、電源アダプターは電源コードのほか、ウォールマウントプラグでコンセントに直付けすることもできます。

電源アダプターとプラグ

 

ディスプレイのチェック

高輝度&高精細な液晶パネル

レビュー機のディスプレイは Infovision製の液晶パネルを搭載(解像度はフルHD)、高輝度で高精細、描画される映像もキレイです。

ディスプレイに描画された映像(気球)
画像の表示例

Microsoft Edge に表示される文字の大きさ
テキストの表示例

キャリブレーションツール「i1Display Pro」で計測したトーンカーブは 赤と緑がやや強めに出ていますが、色調バランスはまずまずです。

トーンカーブ

色域の計測結果です。

色域色域
(色度図作成ソフト「ColorAC」にて作成)

sRGBカバー率 94.9%
Adobe RGBカバー率 74.9%
DCI-P3カバー率 75.5%

色域は広くて優秀、イメージ通りの色再現が可能です。

 

狭額ベゼルで画面周りスッキリ

ベゼルは狭額縁です。

左右のベゼルは狭額縁

とくに、左右のベゼルは鉛筆の太さよりもせまく、そのぶん画面周りがスッキリとして没入感がアップします。

 

映り込みはそれなりにある

映り込み具合をチェックします。

画面映り込み(その1)

画面映り込み(その2)

HP Elite Dragonfly G2 は光沢液晶のため、映像によっては映り込みが気になるかもしれません。

視野角は広いが・・・

視野角をチェックします。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに視野角は広いですが、プライバシースクリーン内蔵のためか 斜めから画面を見たとき少し見えにくさを感じるかもしれません。

 

プライバシースクリーンで のぞき見防止

レビュー機の液晶パネルは HP Sure View Reflect(プライバシースクリーン機能)を内蔵しています。

プライバシースクリーンを有効にすれば 斜めから のぞき見されることはありません。(プライバシースクリーンの切り替えは[f2]キー)

プライバシースクリーン(正面)
正面(左がプライバシースクリーン無効/右が有効)

プライバシースクリーン(斜め45度)
横方向 斜め45度の角度
(左がプライバシースクリーン無効/右が有効)

プライバシースクリーン(上45度)
縦方向 斜め45度の角度
(左がプライバシースクリーン無効/右が有効)

縦方向も対応しているところもポイントで、シェアオフィスなどで作業しているときに、となりやうしろにいる人からの のぞき見を防止できます。

なお、HP Sure View 専用アプリケーションもインストールされています。

プライバシースクリーンアプリ
HP Sure View 専用アプリ

プライバシースクリーンを有効にしたとき、正面から見た映像が暗くて見えにくい場合は専用アプリで輝度調整が可能です。(上記のプライバシースクリーン有効/無効時の写真は、いずれも輝度を最大にして撮影しています)

 

キーボード&タッチパッドのチェック

標準的なレイアウトでタイピングしやいキーボード

HP Elite Dragonfly G2 のキーボードレイアウトは標準的です。

キーボードレイアウト(クリックで拡大表示できます)

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は実測で およそ18.5mm(公称値は 18.7mm)。

キーボードに両手を置いたときのイメージ

キートップの形状は中央部分が少しへこんでいます。少しツルツルとした感触で指先のフィット感は良好です。

キートップ

キーストロークは 公称値で 1.5-1.7mm。ノートパソコンの平均的なストローク 1.5mm にくらべ感覚的にも少しだけ深めのストロークで、シッカリとした打鍵感でタイピングできます。

キーストローク
タイプ音は「タッタッ」という静かな音

キーを押し込む強さ・跳ね返りはちょうど良く、タイピングしやすさも良好です。

 

キーボードにはバックライトを搭載

キーボードにはバックライトが搭載されています。

キーボードバックライト

キーボード・バックライトは明るさを2段階で切り替え可能です。

[f9]キー押下:点灯(明)→点灯(暗)→消灯

上質で高級感のあるパームレスト

パームレストの素材も天面と同じマグネシウム。たわみに強く、感触はサラサラ、上質感もあります。

パームレスト

スベリもなめらかで反応の良いタッチパッド

タッチパッドはクリックボタンが一体化したタイプです。

タッチパッドのサイズ感
タッチパッドのサイズ感

横幅が広いので操作がしやすく、またスベリもなめらかで指2本あるいは3本を使ってのジェスチャー操作もスムーズです。

 

アクティブペンのチェック

HP Elite Dragonfly G2 のオプションで選択できる「HP リチャージブル アクティブペン G3」をチェックします。

アクティブペン
HP リチャージブル アクティブペン G3

アクティブペン は 4096段階の筆圧や傾き検知に対応しており、繊細かつ なめらかなタッチで描き心地もグッドです。

ペンは太くて持ちやすい
ペンは太くて持ちやすい

アクティブペンの使用イメージ
なめらかなタッチで描き心地もグッド

気軽にメモをとったりかんたんなデッサンやイラストなど、アクティブペンがあれば活用の幅が広がります。HP Elite Dragonfly G2 本体との親和性も高く、かなり弱い筆圧でもシッカリ反応し書きやすさは抜群です。

また、HP リチャージブル アクティブペン G3 を HP Elite Dragonfly G2 本体に Bluetooh 接続しておけば、本体とペンが一定以上離れたときにペンの「置き忘れ通知」が画面に表示されます。

ペンアラート
ペンアラートが画面中央に表示される

具体的な距離はわかりませんが、一般的な家庭の6畳部屋間の距離でアラートが表示されました。ただし、アラート表示までには少し時間がかかります(5分くらい経過後)。

アクティブペンは充電式です。ペンに同梱されている USB Type-A to Type-C ケーブルから充電することができます。

ペンは充電式
同梱ケーブルで本体から充電可能

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは レビュー機の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほかバッテリー性能や総合的なパフォーマンスを評価します。

レビュー機の基本スペック

OS Windows 10 home (64bit)
CPU インテル Core i5-1135G7 プロセッサー
メモリ 8GB オンボード (LPDDR4X)
ストレージ 256GB SSD (PCIe NVMe M.2)
グラフィックス インテル Iris Xe グラフィクス

評価に使用したベンチマークは以下のとおりです。

評価項目 使用するベンチマーク
CPU性能 CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]
CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]
グラフィック性能 3DMark FireStrike
ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]
ストレージ性能 CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンス PCMark 10
バッテリー BatteryInfoView(バッテリー残量測定用)

なお、ベンチマークの実行にあたっては、電源プラン「HP Optimized (Modern Standby)」、電源モード「高パフォーマンス」に設定して検証しています。

HP Command Center
電源プラン

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R20 と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで評価します。

評価にあたっては、性能レベルを把握するため下記 CPU のスコアと比較します。

・インテル Core i7-1165G7 プロセッサー

・インテル Core i5-1135G7 プロセッサー

・インテル Core i7-1065G7 プロセッサー

・インテル Core i5-1035G4 プロセッサー

・インテル Core i7-10510U プロセッサー

・インテル Core i5-10210U プロセッサー

・AMD Ryzen 7 4700U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 4500U プロセッサー

※当サイトで計測したスコアの平均値

■CINEBENCH R20

CPU
Ryzen 7 4700U
2750 pts
Ryzen 5 4500U
2042 pts
Core i7-1165G7
1950 pts
Core i5-1135G7
1796 pts
Core i5-1135G7(レビュー機)
1745 pts
Core i7-1065G7
1682 pts
Core i5-1035G4
1292 pts
Core i7-10510U
1500 pts
Core i5-10210U
1413 pts

■CPU Mark (PassMark PerformanceTest)

CPU Mark
Ryzen 7 4700U
14790
Core i7-1165G7
11596
Ryzen 5 4500U
11071
Core i5-1135G7(レビュー機)
10969
Core i5-1135G7
10715
Core i7-1065G7
10238
Core i5-1035G4
9872
Core i7-10510U
8122
Core i5-10210U
7710

レビュー機に搭載されている CPU は、平均値相当のスコアが出ており保有している性能をシッカリと発揮しています。

HP Elite Dragonfly G2 には、Core i7-1165G7 搭載モデルもラインナップしていますが、こちらもモデルでも Core i7-1165G7 平均値相当のパフォーマンスが期待できます。

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで性能評価を行います。

評価にあたっては、グラフィックス性能レベルを把握するため当サイトでレビューした下記グラフィックスのスコアと比較します。

・インテル Iris Xe グラフィックス
(Core i7-1165G7搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス
(Core i5-1135G7搭載機)

・インテル Iris Plus グラフィックス
(Core i7-1065G7搭載機)

・インテル Iris Plus グラフィックス
(Core i5-1035G4搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス
(Ryzen 7 4700U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス
(Ryzen 5 4500U搭載機)

※当サイトで計測したスコアの平均値

3DMark FireStrike

3DMark Fire Strike は DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テストです。

3DMark Fire Strike
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
3956
インテル Iris Xe(レビュー機)
3730
AMD Radeon(Ryzen 7 4700U)
2992
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
2924
インテル Iris Plus(Core i7-1065G7)
2693
AMD Radeon(Ryzen 5 4500U)
2294
インテル Iris Plus(Core i5-1035G4)
2096

ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]

ドラゴンクエストX
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
10959
インテル Iris Xe(レビュー機)
10909
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
9124
インテル Iris Plus(Core i7-1065G7)
8832
AMD Radeon(Ryzen 7 4700U)
8576
AMD Radeon(Ryzen 5 4500U)
7002
インテル Iris Plus(Core i5-1035G4)
5527

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]

漆黒のヴィランズ
インテル Iris Xe(レビュー機)
4311
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
4203
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
3548
AMD Radeon(Ryzen 7 4700U)
3546
インテル Iris Plus(Core i7-1065G7)
3360
AMD Radeon(Ryzen 5 4500U)
2775
インテル Iris Plus(Core i5-1035G4)
2653

※高品質(ノートPC)/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXV
インテル Iris Xe(Core i7-1165G7)
3297
AMD Radeon(Ryzen 7 4700U)
3129
インテル Iris Xe(レビュー機)
3057
インテル Iris Xe(Core i5-1135G7)
2688
AMD Radeon(Ryzen 5 4500U)
2440
インテル Iris Plus(Core i7-1065G7)
2316
インテル Iris Plus(Core i5-1035G4)
1936

※軽量品質/解像度 1280×720 で実施

 

グラフィックス性能はとても優秀です。

レビュー機のメモリ容量はオンボード 8GB ですが、LPDDR4X 仕様のクアッドチャネル構成ということで、グラフィックス・パフォーマンスを最大限発揮できているようです。

ビジネスでの一般的な使い方(ネット・メール・オフィスソフト・動画鑑賞など)はもちろんのこと、アクティブペンの手書き入力や写真編集など満足できるパフォーマンスが期待できます。

メモリ仕様
メモリ仕様・構成

Check

CPU内蔵のグラフィックスは、CPU性能のほかにも搭載されているメモリ容量や構成チャネル(シングル/デュアル/クアッド)に依存します。メモリ容量が同じ場合、デュアルチャネル構成やクアッドチャネル構成のほうがグラフィックス・パフォーマンスは圧倒的に優位です。

 

ストレージ性能

レビュー機のストレージは NVMe対応の SSD(容量:256GB)が搭載されています。

データ転送速度
データ転送速度(CrystalDiskMark で計測)

計測結果は優秀です。

実際の使用感としても超高速なデータアクセスで Windows やアプリの起動も早いです。

参考までに SSD は大容量になるほどデータ転送速度が速くなる傾向があります。目安として 512GB以上で速度の違いが顕著になってきます。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 Extended を使って、実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、性能レベルの程度を把握するため当サイトでレビューした下記機種のスコアと比較します。

・HP Elite Dragonfly

・HP EliteBook 830 G7

・HP ProBook 430 G8

・HP Probook 635 Aero G7

スペック HP Elite Dragonfly G2
(レビュー機)
HP Elite Dragonfly
(旧モデル)
HP EliteBook 830 G7 HP ProBook 430 G8 HP Probook 635 Aero G7
CPU インテル Core i5-1135G7 インテル Core i5-8265U インテル Core i5-10210U インテル Core i5-1135G7 AMD Ryzen 5 4500U
メモリ 8GB 16GB 16GB 8GB 8GB
ストレージ 256GB SSD (NVMe) 512GB SSD (NVMe) 512GB SSD (NVMe) 512GB SSD (NVMe) 256GB SSD (NVMe)
グラフィックス インテル Iris Xe インテル UHD 620 インテル UHD インテル Iris Xe AMD Radeon

 

ベンチマーク結果は以下のとおり。

Total Score
HP Elite Dragonfly G2
3993
HP Elite Dragonfly
2528
HP EliteBook 830 G7
2770
HP ProBook 430 G8
3595
HP Probook 635 Aero G7
4036
 Essentials
HP Elite Dragonfly G2
8688
HP Elite Dragonfly
8067
HP EliteBook 830 G7
8021
HP ProBook 430 G8
9026
HP Probook 635 Aero G7
8693
基準値
4100
 Productivity
HP Elite Dragonfly G2
5857
HP Elite Dragonfly
6028
HP EliteBook 830 G7
6505
HP ProBook 430 G8
5919
HP Probook 635 Aero G7
7239
基準値
4500
 Digital Contents Creation
HP Elite Dragonfly G2
4207
HP Elite Dragonfly
2603
HP EliteBook 830 G7
3041
HP ProBook 430 G8
4273
HP Probook 635 Aero G7
4826
基準値
3450
 Gaming
HP Elite Dragonfly G2
3211
HP Elite Dragonfly
873
HP EliteBook 830 G7
1004
HP ProBook 430 G8
1978
HP Probook 635 Aero G7
2362

※テスト項目説明

・Total Score(総合的な評価)

・Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)

・Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)

・Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)

・Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

※基準値はベンチマークソフト開発メーカーの推奨スコア

 

レビュー機のスコアはとても優秀です。搭載しているスペックの性能をシッカリと発揮しており、スコアバランスも良好です。

ビジネスのさまざまなシーンにおいても快適なパフォーマンスが期待できます。

 

バッテリー

バッテリー性能については、レビュー機のバッテリー駆動時間と充電時間を計測・評価します。

■駆動時間の測定条件

・無線LANでインターネットに接続

・YouTubeを全画面で連続再生

・画面の明るさ:最大レベル

・音量:最大レベル

■充電時間の測定条件

・測定開始はバッテリー残量がほぼゼロの状態

・電源アダプターを接続し Windows を起動

・スクリーンセーバー(ラインアート)でパソコンはアイドル状態

※スクリーンタイムアウトや PCスリープは設定しない。

バッテリーの駆動時間と充電時間の測定結果は以下のとおり。

バッテリー駆動時間 12時間 13分
バッテリー充電時間
(50%までの充電時間)
36分
バッテリー充電時間
(80%までの充電時間)
1時間 13分
バッテリー充電時間
(100%までの充電時間)
2時間 25分

バッテリーを多く消費する条件のなかでバッテリー駆動が 12時間以上持続すればモバイルノートとしては十分です。

使うシーンに合わせて画面の明るさや音量を適正レベルに調整することでバッテリー駆動時間をさらに伸ばすこともできます。

また、バッテリーは急速充電に対応しています。バッテリー残量がわずかなときでも40分程度で 50%充電できれば、持ち歩きの多いモバイルノートには大きなメリットになるはずです。

なお、実際の使用にあたっては、環境や使い方などによりバッテリーの駆動時間は変動するので参考値としてください。

 

クリエイティブ性能の評価

クリエイティブ性能は RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)と動画エンコードの処理時間で評価します。

評価にあたっては、上記の総合的なパフォーマンスで使用した比較対象機の処理時間と比較します。

■比較対象機

・HP Elite Dragonfly

・HP EliteBook 830 G7

・HP ProBook 430 G8

・HP Probook 635 Aero G7

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PhotoDirector
Adobe Photoshop Lightroom
Adobe Photoshop Lightroom Classic

■条件等

・RAWデータ 50ファイルをJPEG形式で一括書き出し

・RAWデータサイズ 4,592×3,056(約14MB)

・プリセット等 編集は適用しない

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PhotoDirector
HP Elite Dragonfly G2
57秒4
HP Elite Dragonfly
58秒6
HP EliteBook 830 G7
58秒5
HP ProBook 430 G8
57秒5
HP Probook 635 Aero G7
1分5秒9
Photoshop Lightroom
HP Elite Dragonfly G2
25秒5
HP Elite Dragonfly
47秒5
HP EliteBook 830 G7
40秒9
HP ProBook 430 G8
38秒6
HP Probook 635 Aero G7
27秒3
Lightroom Classic
HP Elite Dragonfly G2
35秒6
HP Elite Dragonfly
54秒0
HP EliteBook 830 G7
48秒5
HP ProBook 430 G8
43秒6
HP Probook 635 Aero G7
39秒4

 

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector

■条件等

・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力

(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)

・動画再生時間 10分間

・高速ビデオ レンダリング技術オプションはオフ

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PowerDirector
HP Elite Dragonfly G2
3分54秒6
HP Elite Dragonfly
4分31秒3
HP EliteBook 830 G7
3分51秒2
HP ProBook 430 G8
3分21秒6
HP Probook 635 Aero G7
2分21秒4

 

実際のソフトウェアを使った評価も優秀です。

動画エンコードのように高負荷な状態が長く続く処理は 少し時間がかかっていますが、 RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)は処理がスピーディーで、レンダリング(編集内容の画面への反映)についても描画がなめらかでスムーズです。

ビジネスシーンにおいても、写真・動画編集など補助的な作業なら十分快適にこなせそうです。

 

駆動音・表面温度のチェック

駆動音のチェック

駆動音については、ベンチマーク(CINEBENCH R20 でマルチ Core を計測)実行中と動画エンコード中の音量(デシベル)を計測し、評価します。

騒音測定イメージ
音量計測イメージ
(使用測定器:Meterk SLM01)

■測定結果

最大音量
下段はピーク時の音量推移
アイドル時 34.0 db
 
CINEBENCH R20
(Multi Core)
36.3 db
(35~36db で推移)
動画エンコード 35.8 db
(35db 前後で推移)

※防音室での測定ではありませんが、周囲の音ができるだけ入らないようにして測定しています。

■騒音の目安

騒音の大きさ 騒音の具体例
60 デシベル 走行中の自動車内
普通の会話
デパート店内
50 デシベル 家庭用エアコンの室外機
静かな事務所の中
40 デシベル 閑静な住宅地の昼
図書館内
30 デシベル 深夜の郊外
鉛筆での執筆音
20 デシベル 木の葉の触れ合う音
雪の降る音

参考:埼玉県深谷市ホームページ「騒音・振動の規制について」

 

平常時は静かです。高負荷時は「サーッ」という排熱のときの風切り音がわずかに大きくなる程度でうるさくありません。

駆動音が気になることはないと思います。

 

表面温度のチェック

平常時と動画エンコード時の表面温度の測定結果です。

キーボードの表面温度【単位:℃、測定時の室温:25℃】

キーボードの表面温度
左側の画像:平常時(アイドル状態で10分放置)
右側の画像:動画エンコード時(10分間の動画エンコード終了直前)

底面部の表面温度【単位:℃、測定時の室温:25℃】

底面部の表面温度
左側の画像:平常時(アイドル状態で10分放置)
右側の画像:動画エンコード時(10分間の動画エンコード終了直前)

 

高負荷な状態になるとキーボード奥や中央寄りの温度が上昇し多少の温かさを感じますがタイピングに影響はありません。

また、パームレストは温度は平常時/高負荷時ともに、わずかに温かさを感じる程度で不快な感じはありません。

 

サウンド チェック

HP Elite Dragonfly G2 は Bang & Olufsen クアッドスピーカーを搭載しています。

Bang & Olufsen ロゴ

サウンド・ユーティリティソフトもインストールされており、プリセットやイコライジング機能でお好みの音質にチューニングすることもできます。

サウンドユーティリティソフト
サウンド ユーティリティソフト

以下は、実際にサウンドを聴いてみた印象です。
・自動検出[オン]
・EQ Control[HP最適化]

■スピーカー
低音域から高音域まで広い音域を再現して高音質。音の広がりもある。
安定感のある Bang & Olufsen といった印象で、カジュアルに高音質サウンドを楽しめる。
また、音声も聞き取りやすい。

■ヘッドホン
低音域が増幅されてサウンドに厚みが増す。
周囲の音を遮断できるため、サウンドに集中できる。

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測

Windows の起動、再起動、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

起動 再起動 シャットダウン
1回目 13.0秒 35.0秒 8.3秒
2回目 12.5秒 34.9秒 8.4秒
3回目 12.4秒 35.2秒 8.2秒
4回目 12.7秒 35.2秒 8.9秒
5回目 12.7秒 34.8秒 8.8秒
平均 12.7秒 35.0秒 8.5秒

起動とシャットダウンは体感的にも早いです。

再起動は 30秒を少し超えますが、処理待ちのストレスを感じることはないと思います。

なお、インストールしているアプリや使い方などにより時間は多少変動するため参考値としてください。

 

セキュリティ機能

HP Elite Dragonfly G2 には、顔認証/指紋認証や HP Sure View Reflect(プライバシースクリーン)、HP Sure Shutter(プライバシーシャッター)にくわえ、HP Sure Sense や HP Sure Click などソフトウェアによるセキュリティ機能が搭載されています。

HP Sure Sense

HP Sure Sense は、高度なディープラーニング技術を活用したセキュリティ機能で、スパイウェア、ワーム、ランサムウェアなどのマルウェアからパソコンをリアルタイムで保護してくれます。

HP Sure Sense
HP Sure Sense

HP Sure Click

HP Sure Click は、危険な Web サイト閲覧や悪意のあるファイルからパソコンを保護してくれます。

HP Sure ClickHP Sure Click
(クリックで拡大表示できます)

Tile

盗難や紛失に備えるソリューションで、パソコンを紛失した場合でもスマホに知らせてくれます。

Tile
Tile

利用するにはメールアドレスやパスワードの登録が必要ですが、最後に検知した場所を記録し地図上に表示したり、Tileコミュニティーに参加することで世界中のTileユーザーが紛失したパソコンを見つけるのを手伝ってくれます。

 

上記以外にも、ウィルスなどによる BIOSコードへの攻撃から自己修復できる「HP Sure Start」、ウィルス対策ソフトやOSのセキュリティ機能自体を保護してくれる「HP Sure Run」など、ビジネスシーンで あんしんして使える充実のセキュリティ機能が搭載されています。

 

同梱品

HP Elite Dragonfly G2 の本体ほか同梱品一式です。

同梱品一式 width=
同梱品リスト
・HP Elite Dragonfly G2 本体
・電源アダプター
・電源コード
・ウォールマウントプラグ
・ドキュメント類

なお、ドキュメント類の内訳は以下のとおり。
・セットアップ手順
・サービスおよびサポートを受けるには
・安心してお使いいただくために
・同梱物リスト

 

まとめ

以上、HP Elite Dragonfly G2 のレビュー記事をお届けしました。

HP Elite Dragonfly G2 は最新CPUを搭載したことで性能レベルが大きくアップしています。

デザイン面での大きな変更はないものの、スリムでスタイリッシュなデザインにドラゴンフライブルーの精かんなイメージは健在!

まさに、アクティブなビジネスシーンで相棒となりえるデバイスです。

高評価のポイント

  • 性能レベルが大きくアップしていて、さらに快適に使える
  • デザイン面での大きな変更はないが、できるビジネスパーソンを演出してくれる
  • 軽量&スリム&コンパクト&堅牢性にすぐれたボディは持ち歩きがラクにできる
  • キー操作でカメラ有効/無効の切り替えができるようになった
  • 高輝度・高精細で広色域の液晶ディスプレイ
  • シッカリとした打鍵感でタイピングしやすいキーボード
  • 顔認証や指紋認証のほかHP独自ソフトウェアによるセキュリティ機能が充実
  • ビジネス向けモバイルノートとしての完成度はトップクラス

チェックしておきたい点

  • プライバシースクリーンの搭載で重量が 160g ほどアップする

ラインナップしているモデルや価格、キャンペーンなど最新情報は日本HP直販サイト「HP Directplus」をご確認ください。

真正面

HP Elite Dragonfly G2
税込 16万円台から

 

HP Directplus 特別クーポン情報


当サイトでは日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える最大7%オフ特別クーポンを提供中です。
HP Directplus 最大7%オフ特別クーポン情報

 

 

LINEで送る
Pocket