デル Inspiron 15 (3535) レビュー:価格以上に高性能で高コスパな 15.6型ノートパソコン

 

【アフィリエイト広告】
貸出機材提供:デル・テクノロジーズ株式会社

正面左振り(壁紙)

デルが販売する Inspiron 15 (3535) は、AMD Ryzen 7000シリーズモバイルプロセッサーを搭載した 15.6型ノートパソコンです。

エントリークラスのスタンダードノートながら、しっかり使える処理性能を搭載。動作も軽快で快適に使えます。

シンプルでスタイリッシュなデザインの筐体は 15.6インチながら意外に軽く部屋間の移動など扱いやすさも良好です。

■Inspiron 15 (3535) の特徴

  • AMD Ryzen 7000シリーズモバイルプロセッサーを搭載
  • シンプルでスタイリッシュなデザイン
  • 15.6インチサイズながらスリムで意外に軽量
  • フルHD液晶ディスプレイ
  • リフトアップヒンジによりタイピングしやすいキーボード
  • 指紋認証センサー搭載可能(オプション)

レビューではメーカーからお借りした実機を試用して、前半で外観デザイン/ディスプレイ/キーボードなどをチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能評価を行います。

天面(壁紙)

レビューは 2023年8月18日時点の内容です。

 

スペック構成

Inspiron 15 (3535) は、CPU/メモリ/ストレージなどスペック構成の異なるモデルが複数ラインナップしています。

おもなスペックは以下のとおり。

※記事執筆時点で販売中のモデルのスペック。

OS■Windows 11 Home
■Windows 11 Pro
CPU■AMD Ryzen 3 7320U プロセッサー
■AMD Ryzen 5 7530U プロセッサー
■AMD Ryzen 7 7730U プロセッサー
メモリ■8GB 5500MHz LPDDR5
■16GB(8GB×2) DDR4 3200MHz
ストレージ■256GB SSD (PCIe NVMe)
■512GB SSD (PCIe NVMe)
ディスプレイ15.6インチ ディスプレイ Full HD (1920X1080) 非光沢 250nit
グラフィックスAMD Radeon グラフィックス
ワイヤレスRealtek Wi-Fi 5 RTL8821CE, 1×1, 802.11ac, MU-MIMO, Bluetooth ワイヤレス カード
Webカメラ、マイクワイドスクリーンHD (720p) Webカメラ、シングル デジタル マイク
バッテリー駆動時間非公開
本体カラー■プラチナシルバー
■カーボンブラック
本体サイズ(W×D×H)約 358.50×235.56×16.96~18.99 mm
本体質量約 1.63kg

 

ラインナップしているモデルの詳細なスペックや価格などの最新情報はデル直販サイト(デルオンラインストア)をご確認ください。

真正面

Inspiron 15 (3535)
税込5万円台から

 

外観チェック

シンプルでスタイリッシュなデザイン

Inspiron 15 (3535) のデザインはシンプルながらスタイリッシュです。

正面側 右側

背面側 右側

レビュー機のカラーは「プラチナシルバー」。スタイリッシュ感をアップさせてくれる色合いです。

天面真上

天面斜め

天面(半開き)
天面中央の「DELL」ロゴマークがアクセント

天面はサラサラした感触で上質な仕上がり。指紋や皮脂の跡が目立たないところも好印象です。

本体は 15.6インチでもスリム。

スリムボディ(手前側)

スリムボディ(背面側)
本体はスリム

 

底面カバーの構造は剛性を重視したユニボディで見た目もスッキリとしています。

底面真上

底面(斜め)

ゴム足は四隅に実装されています。細長い形状のゴム足ですが本体の安定感は良好です。

また、ヒンジは本体奥側を持ち上げるリフトアップヒンジです。

リフトアップヒンジ

キーボードに適度な傾斜ができてタイピングしやすく、底面からの吸気効率がアップするメリットもあります。

なお、排気口はヒンジのあいだに実装されています。

排気口(キーボード側)

必要十分なインターフェース

Inspiron 15 (3535) は必要十分なインターフェースを実装しています。

インターフェース(左側面)

左側面

①電源ジャック

②HDMI 1.4

③USB 3.2 Gen 1 Type-Aポート

④USB 3.2 Gen 1 Type-Cポート(データ専用)

インターフェース(右側面)

右側面

⑤SDカード リーダー

⑥USB 2.0ポート

⑦ヘッドセット ジャック

以下、インターフェースについての補足です。

USB Type-C ポートはデータ転送のみ可能です。映像出力や PD充電器には対応していません。

また、SDカードリーダーは抜き差し方式です。カードをシッカリ挿し込んだ状態でも意外に出っ張りますが、そのぶんカードは取り出しやすいです。

SDカードスロット
SDカードをシッカリ挿し込んだ状態

電源ボタンはキーボード右上に実装

電源ボタンはキーボード右上にレイアウトされています。

電源ボタン
電源ボタン

キーの一部として実装されていますが、押し間違えても短押し(1秒未満くらい)なら無反応です。ただし、1,2秒程度ならスリープへ移行し、さらに長押しすると強制的に電源オフされます。

スピーカーは底面の左右に搭載

スピーカーは底面の左右に2基搭載されています。

スピーカー(底面部左右)

スピーカー(拡大写真)
スピーカー

低音域から高音域まで広い音域を再現して意外に高音質です。

スリムな本体&意外に軽量

本体の大きさのイメージです。本体の上に A4コピー用紙と B5版ノートを載せています。

本体の大きさイメージ
本体の大きさイメージ

本体を閉じたときの高さのイメージです。

本体の高さ
本体の高さを CD ケース(通常サイズ)2枚と比較
(通常サイズの CDケースの厚さは 10mm)

ゴム足を含めた本体の高さは実測で 19~22.5(最厚部)mm。意外にスリムです。

本体や電源アダプターなどの重量を実測します。

本体の重さ
・本体:1,599g
・電源アダプター:217g
・電源コード:101g

本体は15.6インチサイズながら意外に軽量です。持ち歩くことはキビシイですが、部屋間の移動などの取り回しはラクにできる重量感です。

電源アダプターの最大出力は 65W。その大きさは手のひらに収まるくらいのサイズです。

電源アダプターの大きさ比較

電源アダプターの大きさ

 

ディスプレイのチェック

自然な色合い描画できるディスプレイ

レビュー機の液晶パネルは BOE製[型番:BOE0A8A NV15N4U]。描画される映像は自然な色合いです。

ディスプレイに描画された映像(気球)
画像の表示例(その1)

ディスプレイに描画された映像(紅葉)
画像の表示例(その2)

表示される文字の大きさ
テキストの表示例

トーンカーブは RGB ともに理想的な 45度の角度に近い形状です。

トーンカーブ
トーンカーブ
(キャリブレーションツール「i1Display Pro」で計測)

輝度の計測結果はディスプレイの明るさ設定 100 のとき「249 nit」。室内で使うなら十分な明るさです。

 

色域の計測結果です。

色域
色域
(色度図作成ソフト「ColorAC」にて作成)

規格カバー率
sRGB62.6%63.8%
Adobe RGB47.3%47.3%
NTSC45.2%45.2%

液晶パネルの性能としては標準クラスですが、ネット検索や動画鑑賞、オフィスソフトなど一般的な用途には十分な性能レベルです。

 

狭額縁ベゼル

ベゼルは狭額縁です。

左右のベゼルは狭額縁

上部ベゼルはカメラユニットを収納しているためか少し幅がありますが、左右のベゼルは鉛筆の太さと同じくらいの幅で、画面周りはスッキリしています。

 

映り込みはほとんど気にならない

ディスプレイの映り込み具合をチェックします。

画面映り込み(その1)

画面映り込み(その2)

Inspiron 15 (3535) は非光沢液晶です。映り込みが気になることはほとんどなく眼への負担も軽減できます。

広い視野角

視野角をチェックします。

正面
正面

右側 ディスプレイ面から30度の角度
右側 ディスプレイ面から30度の角度

上側 ディスプレイ面から30度の角度
上側 ディスプレイ面から30度の角度

水平方向、垂直方向ともに視野角は広く、斜めからもハッキリとした映像を観ることができます。

ディスプレイを開く角度は十分な範囲をカバー

ディスプレイを開くことのできる最大角度は 約134度。

ディスプレイの最大角度

クラムシェルタイプのノートパソコンとして十分な範囲をカバーしています。

 

キーボード&タッチパッドのチェック

タイピングしやすいキーボード

Inspiron 15 (3535) のキーボードレイアウトは標準的です。

キーボードレイアウト(クリックで拡大表示できます)

キーピッチの仕様は 18.70mm。フルサイズキーボードと同等のキーピッチです。

キーボードに両手を置いたときのイメージ

なお、テンキーのキーピッチは実測で 約16mm と少し狭いですが打ちにくさはありません。

テンキーのレイアウト
テンキーは標準的な4列配置

キートップはサラサラした感触で中央部分が少しへこんだ形状です。

キートップ

キーストロークは(感覚的には)ノートパソコンの平均的はストローク幅 1.5mm くらい。

キーストローク
タイプ音は「ドスドス」という音。音の大きさは静か

キーの押し込む強さやキーを押し込んだ後の反発もちょうど良い感じでタイピングできます。

なお、レビュー機のキーボードはバックライト非搭載です。

質感の良いパームレスト

パームレストはサラサラした感触で上質感ある仕上がりです。

パームレスト

指紋や皮脂の跡が目立たないところも好印象で、気持ちよくタイピング操作をすることができます。

大きめサイズで操作性の良いタッチパッド

タッチパッドはクリックボタンが一体化したタイプ。感触はツルツルしていてスベリはなめらかです。

タッチパッドのサイズ感
タッチパッドのサイズ感

大きめサイズで扱いやすくジェスチャー操作もスムーズです。

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは、レビュー機の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほかバッテリー性能や総合的なパフォーマンスを評価します。

レビュー機の基本スペック

CPUAMD Ryzen 3 7320U プロセッサー
メモリ8GB 5500MHz LPDDR5
ストレージ256GB SSD (PCIe NVMe)
グラフィックスAMD Radeon グラフィックス

評価に使用したベンチマークは以下のとおり。

評価項目使用するベンチマーク
CPU性能CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]
CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]
グラフィック性能3DMark FireStrike
ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]
ストレージ性能CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンスPCMark 10
バッテリーBatteryInfoView(バッテリー残量測定用)

なお、ベンチマークの実施にあたっては、電源オプションの電源プランは「バランス」に設定し、電源とバッテリーの電源モードを「バランス」と「最適なパフォーマンス」の2モードそれぞれで実施しています。

電源プラン
電源プランの設定

電源モード
電源モードの設定

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R20 と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで評価します。

評価にあたっては、性能レベルを把握するため下記 CPU のスコアと比較します。

・AMD Ryzen 7 7730U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 7530U プロセッサー

・AMD Ryzen 7 5825U プロセッサー

・AMD Ryzen 5 5625U プロセッサー

・インテル Core i7-1360P プロセッサー

・インテル Core i5-1340P プロセッサー

・インテル Core i7-1355U プロセッサー

・インテル Core i5-1335U プロセッサー

・インテル Core i7-1260P プロセッサー

・インテル Core i5-1240P プロセッサー

・インテル Core i7-1255U プロセッサー

・インテル Core i5-1235U プロセッサー

※当サイトで計測したスコアの平均値

■CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]

CPU
Core i7-1360P
4081 pts
Ryzen 7 5825U
4078 pts
Core i5-1340P
3986 pts
Ryzen 7 7730U
3969 pts
Core i7-1260P
3627 pts
Core i5-1240P
3412 pts
Ryzen 5 7530U
3013 pts
Ryzen 5 5625U
2974 pts
Core i7-1355U
2876 pts
Core i5-1235U
2734 pts
Core i5-1335U
2648 pts
Core i7-1255U
2340 pts
Ryzen 3 7320U(レビュー機/最適なパフォーマンス)
1915 pts
Ryzen 3 7320U(レビュー機/バランス)
1913 pts

■CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]

CPU Mark
Core i7-1360P
22190
Core i5-1340P
21252
Ryzen 7 7730U
20668
Ryzen 7 5825U
20320
Core i7-1260P
19117
Core i5-1240P
17932
Core i7-1355U
16659
Ryzen 5 5625U
16291
Ryzen 5 7530U
14885
Core i5-1335U
14180
Core i5-1235U
13984
Core i7-1255U
13869
Ryzen 3 7320U(レビュー機/バランス)
9019
Ryzen 3 7320U(レビュー機/最適なパフォーマンス)
8720

レビュー機は性能相応のスコアが出ており良好なパフォーマンスです。

一般的なふだん使い(ネット検索・メール・動画鑑賞など)なら十分なパフォーマンスで使うことができるでしょう。

なお、Inspiron 15 (3535) には Ryzen 5 7530U 搭載モデルや Ryzen 7 7730U 搭載モデルもラインナップしています。負荷の高い作業にも使うなら Ryzen 5 以上がおすすめです。

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで性能評価を行います。

評価にあたっては、グラフィックス性能レベルを把握するため当サイトでレビューした下記グラフィックスのスコアと比較します。

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 7 7730U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 5 7530U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 7 5825U搭載機)

・AMD Radeon グラフィックス(Ryzen 5 5625U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1360P搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1340P搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1355U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1335U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1260P搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1240P搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i7-1255U搭載機)

・インテル Iris Xe グラフィックス(Core i5-1235U搭載機)

※当サイトで計測したスコアの平均値

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike のベンチマーク結果です。

Fire Strike は DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テストです。

3DMark Fire Strike
インテル Iris Xe(Core i7-1360P)
5252
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
4769
インテル Iris Xe(Core i7-1355U)
4751
インテル Iris Xe(Core i5-1340P)
4370
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
4134
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
3678
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
3610
AMD Radeon(Ryzen 7 5825U)
3425
AMD Radeon(Ryzen 7 7730U)
3319
AMD Radeon(Ryzen 5 5625U)
2995
AMD Radeon(Ryzen 5 7530U)
2986
インテル Iris Xe(Core i5-1335U)
2833
AMD Radeon(レビュー機/バランス)
1496
AMD Radeon(レビュー機/最適なパフォーマンス)
1388

ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]

ドラゴンクエストX のベンチマーク結果です。

ドラゴンクエストX
AMD Radeon(Ryzen 7 5825U)
10526
インテル Iris Xe(Core i7-1360P)
10283
AMD Radeon(Ryzen 7 7730U)
10081
インテル Iris Xe(Core i7-1355U)
9537
AMD Radeon(Ryzen 5 5625U)
9531
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
9444
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
8647
インテル Iris Xe(Core i5-1340P)
7486
AMD Radeon(Ryzen 5 7530U)
7411
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
6792
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
6540
インテル Iris Xe(Core i5-1335U)
6358
AMD Radeon(レビュー機/最適なパフォーマンス)
3470
AMD Radeon(レビュー機/バランス)
3191

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果です。

漆黒のヴィランズ
インテル Iris Xe(Core i7-1360P)
6300
インテル Iris Xe(Core i7-1355U)
5704
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
5398
インテル Iris Xe(Core i5-1340P)
5391
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
4790
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
4261
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
4027
AMD Radeon(Ryzen 7 7730U)
3947
AMD Radeon(Ryzen 7 5825U)
3937
AMD Radeon(Ryzen 5 5625U)
3561
インテル Iris Xe(Core i5-1335U)
3132
AMD Radeon(Ryzen 5 7530U)
3064
AMD Radeon(レビュー機/最適なパフォーマンス)
1931
AMD Radeon(レビュー機/バランス)
1921

※高品質(ノートPC)/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXV のベンチマーク結果です。

ファイナルファンタジーXV
インテル Iris Xe(Core i7-1360P)
4499
インテル Iris Xe(Core i7-1355U)
3959
インテル Iris Xe(Core i5-1340P)
3860
インテル Iris Xe(Core i7-1260P)
3828
AMD Radeon(Ryzen 7 7730U)
3694
インテル Iris Xe(Core i5-1240P)
3485
AMD Radeon(Ryzen 7 5825U)
3340
インテル Iris Xe(Core i7-1255U)
3174
AMD Radeon(Ryzen 5 5625U)
3141
インテル Iris Xe(Core i5-1235U)
2954
AMD Radeon(Ryzen 5 7530U)
2772
インテル Iris Xe(Core i5-1335U)
2661
AMD Radeon(レビュー機/バランス)
1769
AMD Radeon(レビュー機/最適なパフォーマンス)
1645

※軽量品質/解像度 1280×720 で実施

 

グラフィックスのスコアもスペック相応です。

一般的な使いかた(ネット・メール・オフィスソフト・動画閲覧など)には十分なパフォーマンスです。

ただし、8GBメモリということもあり、複数のソフトを動かしながらオンライン会議を行う場合は厳しいかもしれません。

レビュー機のスペックは あくまでも一般的な使いかたやふだん使い向けであって、オンライン会議でも使うなら Ryzen 5/16GBメモリ以上のスペックをおすすめします。

 

ストレージ性能

レビュー機のストレージは、NVMe対応の SSD(容量 512GB) が搭載されています。

以下は、データ転送速度の計測結果です。

データ転送速度
レビュー機のデータ転送速度

※電源モードを「バランス」に設定したときの計測結果。最適なパフォーマンスでの計測結果も同等です。

計測結果は優秀です。実際の動作としても Windows やアプリの起動は早いです。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 を使って、実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、性能レベルの程度を把握するため当サイトでレビューした下記機種のスコアと比較します。

・ThinkBook 15 Gen 5 (AMD)

・Inspiron 14 (5435)

・HP Pavilion 15-eg (2023年モデル)

※当サイトで計測したスコア(パフォーマンスモードに相当した設定でのスコア)

おもなスペックは以下のとおり。

スペックInspiron 15 3535
(レビュー機)
ThinkBook 15Inspiron 14 5435HP Pavilion 15
CPUAMD Ryzen 3 7320UAMD Ryzen 5 7530UAMD Ryzen 7 7730Uインテル Core i7-1355U
メモリ8GBメモリ16GBメモリ16GBメモリ16GBメモリ
ストレージ256GB SSD (NVMe)512GB SSD (NVMe)512GB SSD (NVMe)1TB SSD (NVMe)
グラフィックスAMD RadeonAMD RadeonAMD RadeonIntel Iris Xe

 

ベンチマーク結果は以下のとおり。

Essentials
Inspiron 15 3535(バランス)
7139
Inspiron 15 3535(最適なパフォーマンス)
6833
ThinkBook 15
9405
Inspiron 14 5435
9495
HP Pavilion 15
10676
目標値
4100
Productivity
Inspiron 15 3535(バランス)
6714
Inspiron 15 3535(最適なパフォーマンス)
6719
ThinkBook 15
9629
Inspiron 14 5435
9546
HP Pavilion 15
7778
目標値
4500
Digital Contents Creation
Inspiron 15 3535(バランス)
3462
Inspiron 15 3535(最適なパフォーマンス)
3378
ThinkBook 15
5719
Inspiron 14 5435
6090
HP Pavilion 15
6062
目標値
3450

※テスト項目説明

・Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)

・Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)

・Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)

※目標値はベンチマークソフト開発メーカーの推奨スコア

 

レビュー機は、Essentials テストや Productivity テストではまずまずの結果です。やはり、ふだん使いやオフィスソフトの使用をメインとした使いかたが良いでしょう。

写真・動画編集にも使えますが、そのぶん処理時間がかかります。クリエイティブ作業にも使うなら上位スペック(Ryzen 5/16GBメモリ以上)の検討をおすすめします。

なお、比較対象機のスコアはスペックのモデルを検討する際の参考にしてください。

関連記事

 

バッテリー

バッテリー性能については、レビュー機のバッテリー駆動時間と充電時間を計測・評価します。

■駆動時間の測定条件

・無線LANでインターネットに接続

・YouTubeを全画面で連続再生

・画面の明るさ:最大レベル

・音量:最大レベル

■充電時間の測定条件

・測定開始はバッテリー残量がほぼゼロの状態

・電源アダプターを接続し Windows を起動

・スクリーンセーバー(ラインアート)でパソコンはアイドル状態

※スクリーンタイムアウトや PCスリープは設定しない。

 

バッテリーの駆動時間と充電時間の測定結果は以下のとおり。

バッテリー駆動時間4時間 46分
バッテリー充電時間
(50%までの充電時間)
57分
バッテリー充電時間
(80%までの充電時間)
1時間 33分
バッテリー充電時間
(100%までの充電時間)
2時間 30分

バッテリーを多く消費する条件なので、5時間近くバッテリーで駆動できれば十分といえます(バッテリー駆動時間のスペックは非公開)。

バッテリー駆動で使用するときは、画面の明るさを調整するなどバッテリー消費を抑える使いかたが良さそうです。駆動時間をさらに伸ばすことができます。

実際の使用にあたっては、環境や使い方などによりバッテリーの駆動時間は変動するので参考値としてください。

 

クリエイティブ性能の評価

クリエイティブ性能は RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)と動画エンコードの処理時間で評価します。

評価にあたっては、上記の総合的なパフォーマンスで使用した機種の処理時間と比較します。

・ThinkBook 15 Gen 5 (AMD)

・Inspiron 14 (5435)

・HP Pavilion 15-eg (2023年モデル)

※当サイトで計測した処理時間(パフォーマンスモードに相当した設定での処理時間)

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PhotoDirector
Adobe Photoshop Lightroom
Adobe Photoshop Lightroom Classic

■条件等

・RAWデータ 50ファイルをJPEG形式で一括書き出し

・RAWデータサイズ 4,592×3,056(約14MB)

・プリセット等 編集は適用しない

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PhotoDirector
Inspiron 15 3535(バランス)
1分53秒3
Inspiron 15 3535(最適なパフォーマンス)
1分29秒3
ThinkBook 15
1分0秒3
Inspiron 14 5435
52秒2
HP Pavilion 15
44秒8
Photoshop Lightroom
Inspiron 15 3535(バランス)
1分3秒2
Inspiron 15 3535(最適なパフォーマンス)
59秒8
ThinkBook 15
34秒9
Inspiron 14 5435
32秒5
HP Pavilion 15
22秒3
Lightroom Classic
Inspiron 15 3535(バランス)
1分5秒9
Inspiron 15 3535(最適なパフォーマンス)
1分5秒7
ThinkBook 15
39秒7
Inspiron 14 5435
32秒4
HP Pavilion 15
27秒6

 

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector

■条件等

・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)

・動画再生時間 10分間

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PowerDirector
Inspiron 15 3535(バランス)
2分40秒2
Inspiron 15 3535(最適なパフォーマンス)
2分42秒7
ThinkBook 15
2分12秒8
Inspiron 14 5435
2分7秒6
HP Pavilion 15
1分57秒3

 

実際のソフトウェアを使った検証でもそれなりに処理時間がかかっています。

写真・動画編集にも使うならスペックアップすることをおすすめします。

 

駆動音・表面温度のチェック

駆動音のチェック

駆動音は、下記処理中の音量(デシベル)を測定し、評価します

・CPU ベンチマーク「CINEBENCH R20 /マルチ Core」実行中

・10分間動画のエンコード処理中

※一般住宅で周囲の音ができるだけ入らないようにして測定(室温:25℃)

騒音測定イメージ
音量計測イメージ
(使用測定器:Meterk SLM01)

■測定結果

モードアイドル状態
(最小音量)
最大音量
下段はピーク時の音量推移
ベンチマーク中動画エンコード中
バランス33.6db41.4db
(40~41db)
41.5db
(40~41db)
最適なパフォーマンス33.7db41.0db
(39~41db)
40.4db
(39~40db)

■騒音の目安

騒音の大きさ騒音の具体例
60 デシベル走行中の自動車内
普通の会話
デパート店内
50 デシベル家庭用エアコンの室外機
静かな事務所の中
40 デシベル閑静な住宅地の昼
図書館内
30 デシベル深夜の郊外
鉛筆での執筆音
20 デシベル木の葉の触れ合う音
雪の降る音

参考:埼玉県深谷市ホームページ「騒音・振動の規制について」

 

平常時は静かです。

高負荷な状態では「サーッ」という気流音が大きくなりますが、うるさく感じるほどではありません。

負荷低減後は、30秒くらい経過してから気流音は小さくなりはじめ、2~3分くらい経過するとアイドル時の状態に戻ります。

 

表面温度のチェック

表面温度については、下記を実施したときの表面温度を測定し評価します。

・アイドル状態で10分放置後

・Youtube 動画 30分間視聴後

・10分間動画のエンコード実行後

※単位:℃、測定時の室温:25℃

※電源とバッテリーの電源モードを「バランス」に設定して実施

※写真の左がキーボード表面、右が底面側の計測結果

■アイドル状態で10分放置

アイドル状態で10分放置の表面温度

■Youtube 動画 30分間視聴後

Youtube 動画 30分間視聴後の表面温度

■10分間動画エンコード実行後

10分間動画エンコード実行後の表面温度

高負荷な状態ではキーボード奥 左側から中央寄りにかけて温度が上昇します。多少温かさを感じる程度でタイピングに影響はありません。

また、パームレストは負荷状態にかかわらず本体内部の熱の影響を受けにくいので不快に感じることはないと思います。

 

サウンド チェック

Inspiron 15 (3535) で実際にサウンドを聴いた印象は以下のとおり。

■スピーカー

・低音域から高音域まで広い音域を再現して高音質

・音量を最大にしても音割れしない

・音声もはっきり聴き取れる

■ヘッドホン

・低音域から高音域まで増幅されて臨場感がアップする

・メリハリの効いた厚みのあるサウンドを楽しめる

 

 

Windows の起動・再起動 時間計測

Windows の起動、再起動時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

起動再起動
1回目13.2秒57.4秒
2回目12.7秒56.2秒
3回目13.1秒55.1秒
4回目15.3秒55.3秒
5回目12.8秒54.4秒
平均13.4秒55.7秒

起動は早いですが、再起動は思いのほか時間がかかります。ただ、再起動は頻繁に実行する処理ではないので処理待ちのストレスを感じることはないでしょう。

なお、実際の使用にあたってはインストールしているアプリや Windows の更新など使用状況により時間は変動するので参考値としてください。

 

同梱品

Inspiron 15 (3535) の本体ほか付属品一式です。

同梱品一式 width=
同梱品リスト
・Inspiron 15 (3535) 本体
・電源アダプター
・電源コード
・ドキュメント類

 

まとめ

以上、Inspiron 15 (3535) のレビュー記事をお届けしました。

Inspiron 15 (3535) は 15.6インチとしてはスリムで比較的軽く、部屋間の移動など取り回しがラクにできるノートパソコンです。

レビュー機は Ryzen 3 搭載モデルのためベンチマーク結果はそれなりに低めのスコアでしたが、ふだん使いには十分なパフォーマンスです。それだけに Ryzen 5/Ryzen 7 搭載モデルではかなりのパフォーマンスが期待できます。

販売価格が 5万円台からと低予算で入手できる点も好印象。まさに価格以上に高性能で高コスパなノートパソコンといえるでしょう。

高評価のポイント

  • しっかり使える処理性能
  • シンプルながらスタイリッシュなデザイン
  • スリムで比較的軽量なので取り回しがラクにできる
  • リフトアップヒンジでタイピングしやすいキーボード
  • スピーカーは意外に高音質
  • 価格以上に高性能で高コスパ

気をつけておきたい点

  • Wi-Fi 6 に対応していない
  • USB Type-C はデータ転送のみ
  • HDMI から出力される映像の最大解像度は 1920×1080 (60Hz) まで

 

ラインナップモデルや価格などの最新情報はデル直販サイト(デルオンラインストア)をご確認ください。

真正面

Inspiron 15 (3535)
税込5万円台から

 

 

タイトルとURLをコピーしました