Pocket

レノボ『ideacentre 720』の実機レビュー 前編です。

第7世代インテル Core i7-7700 プロセッサーにくわえ、16GBメモリ、256GB SSD+2TB HDD の搭載により、軽快なパフォーマンスで快適に使えるデスクトップPC です。

シルバーのフロントパネルのデザインがスタイリッシュ、豊富なインターフェースや高い拡張性を備えているなど、使いやすさにも優れています。

前編では、外観などのデザインや、スペック、本体内部についてのレビューを行います。

なお、後編では、各種ベンチマークによる性能レビューを実施しています。

ideacentre 720 正面側(モニタ付き)

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
インターフェース
本体内部
キーボード&マウス
(後編)
ベンチマーク
RAWデータ現像・動画エンコード処理時間計測
Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

レビュー内容は 2018年7月4日時点のものです。

 

外観について

『ideacentre 720』は、シルバーのフロントパネルがスッキリとしたデザインでスタイリッシュ感があります。

正面(向かって右斜め)

正面(向かって左斜め)

フロントパネルの右側はポート類の収納スペースのカバーになっており、カバーをスライドするように開くと、USBポートやカードスロット、オーディオポートにアクセスできます。

フロントパネル(その1)

フロントパネル(その2)

前後から見た写真です。

正面側と背面側

左右の側面です。

本体正面に向かって左側
本体正面に向かって左側

本体正面に向かって右側
本体正面に向かって右側

上面側と底面側です。

本体上面側
上面側

本体底面側
底面側

底面側のゴム足は四隅に実装されています。安定性は良好です。

ゴム足
ゴム足

本体の大きさのイメージです。

本体の大きさイメージ(正面側)

本体の大きさイメージ(側面)
本体の大きさイメージ(となりにあるのはティシューボックス)

本体は一般的なミニタワーPC と同等の大きさです。

 

スペックについて

レビューに使用した『ideacentre 720』のスペックです。

OS Windows 10 Home 64 bit
CPU 第7世代インテル Core i7-7700 プロセッサー
メモリ 16GB (8GB×2) PC4-19200 DDR4 SDRAM UDIMM、スロット数 2 (空き 0)
ストレージ SSD 256GB (PCIe NVMe/M.2) + HDD 2TB (7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
光学ドライブ DVD スーパーマルチ ドライブ
グラフィックス インテル HD グラフィックス 630 (CPU 内蔵)
LAN 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
ワイヤレス IEEE802.11ac/a/b/g/n、Bluetooth v4.1
インターフェース ■前面
USB 3.0×4、メディアカードリーダー、ヘッドホンコネクターx1、マイクロホンコネクターx1
■背面
USB 3.0×2、USB 2.0×2、HDMI出力ポートx1、VGA出力ポートx1、オーディオポートx3、イーサネットコネクター
拡張スロット PCI Express x16 ×1(空1)、PCI Express x1 ×2 (空2)
キーボード&マウス 日本語AccuTypeキーボード(USB)、光学ホイール・マウス (USB)
本体サイズ(W×D×H) 約 165×324.5×376 mm
本体質量 約 8 kg

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBorad)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(SPD #1)
メモリスロット#1

CPU-Z(SPD #2)
メモリスロット#2

GPU-Z(Graphics CPU内蔵)
グラフィックス(CPU内蔵)

高いレベルのスペックを備えています。

写真や動画編集のような負荷のかかる作業も軽快にこなしてくれるレベルです。

ゲームについても、ライトなゲームはもちろんのこと、専用グラフィックスを搭載すれば、ミドルレンジクラスのゲームや、タイトルによってはヘビーなゲームのプレイも期待できそうです。

 

インターフェース

前面側のインターフェースは、フロントパネルの右側はカバーを開くと、USBポートやカードスロットなどにアクセスできます。

前面側インターフェース

①DVD スーパーマルチドライブ
②メディアカードリーダー
③マイクロホンコネクター
④ヘッドホンコネクター
⑤USB 3.0 × 4

DVD スーパーマルチドライブへのメディアのセットは左側です。

DVD スーパーマルチドライブ

メディアカードリーダーは、抜き挿し方式です。カードの表側を右にして挿入します。

メディアカードリーダー

電源ボタンは、フロントパネルの上部に実装されています。(LED内蔵です)

電源ボタン

背面側のインターフェースです。

背面側インターフェース

⑥オーディオポート(左からマイク、ラインアウト、ラインイン)
⑦VGA出力ポート
⑧HDMI出力ポート
⑨USB 3.0 × 2
⑩USB 2.0 × 2
⑪イーサネットコネクター
⑫電源コネクター

 

本体内部

『ideacentre 720』の本体内部をチェックします。

サイドカバーはドライバーで 2箇所のネジを外せば簡単に開けることができます。

サイドカバーのネジ
矢印の示すところがネジ

次に、本体内部のパーツへアクセスするためにフロントパネルを外します。フロントパネルの上部、真ん中、下部のツメを外します。指先で外すことができます。

本体内部の全体イメージ(その1)
矢印の示すところがツメ

フロントパネルを外すときは電源ボタンとマザーボードをつないでいるコードに注意してください。

フロントパネルのコード

サイドシャーシを開けば、内部のパーツへアクセスできます。

サイドシャーシを開く(その1)

本体内部の全体イメージ(その2)

CPU とメモリの実装エリア。

CPU、メモリ
CPU とメモリ

SSD (PCIe NVMe/M.2) の実装エリア。

SSD
SSD (PCIe NVMe/M.2)
(矢印の指すのが SSD)

DVD スーパーマルチ ドライブと 5.25インチ ドライブベイ。

5.25インチ ドライブ ベイ
DVD ドライブと 5.25インチ ドライブベイ

3.5インチ ドライブベイはサイドシャーシの外側です。

3.5インチ ドライブ ベイ
3.5インチ ドライブ ベイには HDD

SATAコネクタは 4ポート。

SATAコネクタ
SATAコネクタの空きは 2つ

拡張スロットは、PCI Express x16 が 1つ、PCI Express x1 が 2つ。

拡張スロット
拡張スロット

電源ユニットは、最大出力 400W(80PLUS PLUTINUM)を搭載しています。

400W(80PLUS PLUTINUM)電源

 

キーボード&マウス

『ideacentre 720』には、USBキーボードと USBマウスが同梱されています。

キーボードとマウス

キーボードのレイアウトは、[Home][End][Delete]など、一部のキーにクセがあるものの、それ以外は一般的なデスクトップ・キーボードと同等のレイアウトです。

キーボード全体(クリックで拡大表示できます)

キーボードレイアウトでクセのある部分
[Home][End][Delete]などのレイアウトに若干の違和感

キーボードには折りたたみのスタンドが付いており、キーボードの傾斜を 2段階で調整できます。

キーボードの傾斜は 2段階で調整可能(その1)

キーボードの傾斜は 2段階で調整可能(その2)

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 実測で 約19mm。ゆったりとした感じがあります。

キーボードに両手を置いたときのイメージ

キートップ(キー表面)の形状は指先に合わせて少しへこんでいてフィット感は良好です。

キートップ形状

キーストロークは深めで、シッカリとした打鍵感がありタイピングしやすいです。

キーストローク

続いて、マウス。

マウス

マウスの大きさは手のひらにフィットするちょうど良いサイズです。(手の小さい女性にもフィットすると思います)

マウスは手のひらにフィット

マウスの扱いやすさも良好です。

レビュー前編は以上です。

後編では、『ideacentre 720』の機能・性能についてレビューしています。

 

 

 


レノボ直販サイト「レノボショッピング」
⇒ 『ideacentre 720』 製品ページ

 

Pocket