Pocket

東芝『dynabook AZ65/G』(2018年夏モデル)の実機レビュー 後編です。

後編は、各種ベンチマークのほか、RAWデータ現像・動画エンコード処理時間計測、起動・シャットダウン時間計測などの性能レビューを行います。

dynabook AZ65/G 背面側(その3)

【 目 次 】
(前編)
外観について
スペックについて
ディスプレイ
キーボード&タッチパッド
(後編)
ベンチマーク
RAWデータ現像・動画エンコード処理時間計測
駆動音・表面温度
サウンド チェック
Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測
搭載ソフトウェア
付属品
まとめ

レビュー内容については 2018年9月6日時点のものです。

レビュー機のスペック構成については「スペックについて」の章をご覧ください。

 

ベンチマーク

『dynabook AZ65/G』の基本性能や総合的なパフォーマンスのほか、CPU、グラフィック、ストレージ、バッテリーの性能を測定します。

基本性能

Windowsに搭載されているシステム評価ツール「WinSATコマンド」を使用して、パソコンの基本性能を測定します。

WinSAT

WinSAT スコア

「WinSAT」による測定は、PCの性能を相対的に数値化して表現したもので、各項目の説明は次のとおりです。

CPUScore CPU のスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
ただし、従来のゲーム用グラフィックスのスコアのため Windows 10では計測対象外(9.9というスコアは無視)
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア
TimeTaken 前回の評価(「MostRecentAssessment」は直近の評価を表します)
WinSATAssessmentState 評価の状態を表す値(1:評価済み、2:要再評価)
WinSPRLevel 基本スコア(SPR:System Performance Rating)

PASS MARK PerformanceTest 9.0

PASS MARK PerformanceTest 9.0 スコア(クリックで拡大表示できます)

「PASS MARK PerformanceTest 9.0」で計測されたスコアは、全世界のパソコンがアップロードしたスコアと比較、Percentile(パーセンタイル)の数値から自分のパソコンの性能レベルを客観的に把握することができます。

上記の測定結果を例にすると、トータル性能を示す「PassMark Rating」のスコア「3298.2」のパーセンタイルは「72nd Percentile」で、計測を行った他のパソコン 72% よりも上位のスコアという意味です。

別な言い方をすると、「PASS MARK PerformanceTest 9.0」で計測しスコアをアップロードした全世界のパソコンのなかで、上位のスコアから 28%(100% - 72%)に位置するスコアということです。

ゲーミングPC やクリエイティブな作業に使うPC などハイレベルなパソコンも混在するなかでも上位クラスのスコアで、レビュー機の『dynabook AZ65/G』の基本性能は 15インチサイズのスタンダードノートながら、かなり高いレベルといえるでしょう。

CPU性能

「CINEBENCH」を使って、CPU性能を測定します。

CINEBENCH 測定結果

『dynabook AZ65/G』の CPU には第8世代 インテル Core i7-8550U プロセッサーが搭載されています。

前世代(第7世代)のインテル Core i7-7500U プロセッサーの CPU スコアは 350cb 前後であるのに対し、レビュー機に搭載された CPU のスコアは 489cb。

ベンチマークのスコアを見る限りでは、CPU 性能は およそ 40% アップしています。

インテルによると「第8世代 Core プロセッサーは第7世代にくらべ 40%パフォーマンスがアップする」とのことで、ベンチマークの結果でもそれが裏付けられています。

グラフィック性能

グラフィック性能は以下のゲーム系ベンチマークソフトを使って測定します。

■3DMark
■ドラゴンクエストX
■ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

3DMark

3DMark は、「ICE STORM」「CLOUD GATE」「SKY DIVER」「FIRE STRIKE」「TIME SPY」、各シーンについてグラフィック性能を測定します。

結果は以下のとおり。

3DMark

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストX では、HD解像度(1280×720) の標準品質と最高品質、フルHD解像度(1920×1080) の標準品質で測定します。

結果は以下のとおり。

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1280×720)
標準品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(最高品質、解像度 1280×720)
最高品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1920×1080)
標準品質、解像度 1920×1080

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター

ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーターでは、HD解像度(1280×720) / DirectX 11 の 標準品質(ノートPC) と高品質(ノートPC) で測定します。

結果は以下のとおり。

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 標準品質(ノートPC)
標準品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 高品質(ノートPC)
高品質(ノートPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

 

上記のベンチマークソフトを使ったグラフィック性能の測定結果をみると、『dynabook AZ65/G』のグラフィック性能レベルは、スタンダードノートしては高いレベルです。

ヘビーなゲームには不向きですが、動画視聴はもちろんのこと、写真・動画編集のほか 3Dレンダリングも快適に使える性能レベルです。

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

レビュー機に搭載されているストレージは SAMSUNG製の SSD(PCIe NVMe M.2)で容量は 1TBです。(製品により SSD のメーカーが異なる可能性があります)

ストレージ情報
ストレージ情報

ドライブ構成は次のようになります。

ストレージのドライブ構成ストレージのドライブ構成
(クリックで拡大表示できます)

SSD のデータ転送速度です。

データ転送速度
データ転送速度

SSD が搭載されていると、数字が示す通り Windows や アプリの起動も高速です。

とくに、レビュー機の 1TB搭載モデルの SSD は、対応規格 PCIe / 転送モード NVMe なので、Windows やアプリの起動などストレージへのアクセスは、体感的にも爆速です。

NVMe は、SATA接続の SSD よりも 高速なデータアクセスが可能なインターフェースです。SSD の高速アクセスを活かしてくれるインターフェースなので、Windows や アプリもより高速に起動できます。

総合的なパフォーマンス

「PCMark 8」および「PCMark 10」を使用して、PCのアプリケーション実行における総合的なパフォーマンスを測定します。

PCMark 8(Home Test)

家庭での利用を想定したテストです。

PCMark 8 Home Test スコア

PCMark 8 Home Test スコア比較OpenCL対応の Accelerated にて測定
(テスト結果はクリックで拡大表示できます)

PCMark 8(Creative Test)

クリエイティブな利用を想定したテストです。

PCMark 8 Creative Test スコア

PCMark 8 Creative Test スコア比較OpenCL対応の Accelerated にて測定
(テスト結果はクリックで拡大表示できます)

PCMark 10 Extended

PCMark 10 Extended は、以下の 4つの Test Group のテストを実施します。
(テスト結果はクリックで拡大表示できます)

■Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)
■Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)
■Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)
■Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

PCMark 10 Extended スコア

PCMark 10 Extended スコア比較OpenCL対応の Accelerated にて測定

 

総合的なパフォーマンスは、スタンダードノートとして 快適なパフォーマンスが期待できるスコアです。

とくに、PCMark 10 Extended では Gaming グループ以外はレベルの高いスコアで、写真・動画編集でも快適な動作が期待できるスコアです。

バッテリー

『dynabook AZ65/G』に搭載されているバッテリーの性能(駆動時間)を測定します。

■駆動時間
バッテリーでの駆動は、次の条件でバッテリーによる駆動時間を計測します。
・無線LANでインターネットに接続
・YouTubeを全画面で連続再生
・画面の明るさ:最大レベル
・音量:最大レベル

バッテリー駆動時間の測定結果は以下のようになります。

バッテリー残量グラフ

バッテリーの残量は、大よその数字で 1時間当たり 14% ~ 17% 程度減少しています。

バッテリーによる駆動は 5時間59分経過後、Windows がバッテリー不足を検知し、パソコンは休止状態になりました。

バッテリーを多く消費する条件でもバッテリー駆動時間が 6時間くらい持続できればスタンダードノートとしては十分といえるでしょう。

画面の明るさや音量レベルなどを通常の使用レベルに調整すれば、バッテリー駆動時間はもう少し伸びるはずです。

なお、実際の使用にあたっては、環境や条件などによりバッテリーの駆動時間は変動するので、参考値としてください。

 

RAWデータ現像・動画エンコード処理時間計測

『dynabook AZ65/G』で、RAWデータ現像と動画エンコードの処理時間を計測してみます。

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PhotoDirector 8 for TOSHIBA
(プリインストール・ソフトウェア)

■条件等
・RAWデータ 50ファイルを一括書き出し
・プリセット等 編集は適用しない
・撮影カメラ SONY NEX-5

■処理時間

処理時間 メモリ使用量
1分10秒7 3.9GB

※メモリ使用量は処理中の「コミット済みメモリ」(最大値)。
 (パソコンがシステム全体で実際に使用しているメモリの使用量)

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector 15 BD for TOSHIBA
(プリインストール・ソフトウェア)

■条件等
・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力
(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)
・動画再生時間 10分間

■処理時間

処理時間 メモリ使用量
1分10秒3 3.2GB

※メモリ使用量は処理中の「コミット済みメモリ」(最大値)。
 (パソコンがシステム全体で実際に使用しているメモリの使用量)

 

駆動音・表面温度

駆動音については、負荷のかかる処理になると「サーッ」という排熱のための気流音がわずかに大きくなりますが音の大きさは耳ざわりに感じるほどではありません。

パソコンを使っているあいだ、負荷のかかる状態が終始続くわけではないので、それほど気になることはないでしょう。

また、本体の表面温度については、負荷のかかる処理中は、キーボードの右奥側(テンキー奥 周辺)が多少温かくなります。

キーボード上は少し温かいかな?と感じる程度、またパームレストは本体内部の熱の影響を受けないので不快な感じはありません。

本体の表面温度
左側の画像:平常時(Windows起動後10分放置)
右側の画像:動画エンコード時(10分間の動画エンコード終了直前)

 

サウンド チェック

『dynabook AZ65/G』は オンキヨーと東芝が共同開発した「2way 4speakers」を搭載しています。

ONKYO ロゴ

サウンドユーティリティソフトには「DTS Sound」がインストールされています。

DTS Sound

イコライザー機能のほか、サラウンド設定や低音域の増幅などにより、臨場感と迫力あるサウンドを自分好みに設定できます。

サウンドを実際に聴いてみた印象としては・・・

■スピーカー
低音域から高音域まで広い音域を再現している。
カジュアルに高音質サウンドを楽しめる。

■ヘッドホン
サウンド全体がクリアになり、メリハリも出て、臨場感と迫力がアップする。
かなりの高音質なサウンドを楽しめる。

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測

Windows の起動時間、再起動時間、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間

感覚的にも結果が示す通り「かなり早い」です。

 

搭載ソフトウェア

『dynabook AZ65/G』に搭載されている主なソフトウェアです。(クリックで拡大表示できます)

スタートメニュー(その1)

スタートメニュー(その2)

Windows標準のソフトのほか、東芝オリジナルのサポートソフトやユーティリティーソフト、写真・動画編集ソフト、ウィルス対策ソフト(ウイルスバスタークラウド 90日版)など、数多くのソフトウェアがインストールされています。

東芝オリジナルのソフトウェアには、テレビやレコーダーに録画した番組や放送中の番組をパソコンで楽しめる「TVコネクトスイート」もインストールされています。

TVコネクトスイートTVコネクトスイート
(クリックで拡大表示できます)

また、ブルーレイディスクや DVD などの再生ソフトには超解像技術〈レゾリューションプラス〉に対応した「TOSHIBA Blu-ray Disc Player」がインストールされています。

TOSHIBA Blu-ray Disc PlayerTOSHIBA Blu-ray Disc Player
(クリックで拡大表示できます)

高輝度・高色純度のフルHD 液晶ディスプレイにくわえ超解像技術に対応した再生ソフトで、ブルーレイやDVD の映画もキレイな映像で楽しめます。

「東芝スマートフォンリンク」は、スマートフォンの音楽をパソコンのスピーカーで聴いたり、パソコンでスマートフォンの通話操作など、パソコンとスマホの連携ができます。

東芝スマートフォンリンク東芝スマートフォンリンク
(クリックで拡大表示できます)

オンキヨーと東芝が共同開発した「2way 4speakers」でスマホの音楽を高音質なサウンドで楽しめます。

 

付属品

『dynabook AZ65/G』の本体ほか同梱品一式(電源アダプター、電源コード、ドキュメント類など)です。

『dynabook AZ65/G』本体セット

付属しているドキュメントは「スタートアップガイド」や「取扱説明書」など、あんしんしてパソコンを使う上で必要なドキュメントが揃っています。

 

まとめ

以上、『dynabook AZ65/G』2018年夏モデルのレビュー記事をお届けしました。

2018年春モデル(AZ65/F)の同等スペックのモデルにくらべ性能面での大きな進化はありませんが、快適なパフォーマンスで動作も軽快です。

『dynabook AZ65/G』の大きな特徴は、キーボードの視認性が格段にアップした点です。

キーボードの視認性アップは、意外と地味な改良と思われがちですが、多くのユーザーが使いやすさを実感できると思います。ブラインドタッチができるユーザーも使いやすさを感じるはずです。

評価のポイントをまとめると・・・

高評価のポイント
・快適なパフォーマンスで動作も軽快
・キーボードの視認性が格段にアップ
・映像が鮮やかでキレイ
・高音質サウンド

チョット残念なところ
・従来モデルとくらべ性能面での大きな進化がない

『dynabook AZ65/G』の価格は、東芝ダイレクトの会員なら 113,800円(税抜)~、レビューしたモデル(16GBメモリ/1TB SSD)は 156,800円(税抜)~と、高い性能のわりに価格は意外とリーズナブルです。(価格は記事執筆時点)

性能・機能・使いやすさなどトータルバランスに優れたモデルといえます。

なお、ラインナップしているモデルや価格などの最新情報は、東芝直販サイト「東芝ダイレクト」でチェックできます。

 


東芝ダイレクト公式サイト
⇒ 『dynabook AZ65/G』2018年夏モデル 製品ページ
icon

東芝ダイレクトの会員「Room1048会員」へ会員登録すると、おトクな会員価格で購入することができます。入会・年会費無料で登録できて、登録後スグに会員価格で購入することができます。
⇒ 『Room1048会員』 詳細
icon

当サイトでご案内している東芝ダイレクトの特設サイトもチェックしてみてください。ラインナップしているモデルは限定されますが 会員登録不要で 東芝ダイレクト会員価格よりも さらにおトクに購入できる期間限定のサイトです。特設サイトの利用については本ページの最後に掲載しています。

dynabook AZ65/G 正面(その1)

 

 

Pocket

 

東芝ダイレクト 特設サイト情報

dynabook AZ 2018年夏モデル

当サイトでは 東芝ダイレクトの特設サイトをご案内しています。
東芝ダイレクト会員価格よりも さらにおトクに購入できる期間限定のサイトです。
(会員登録不要)
特設サイトの利用方法は こちらをご覧ください。
 
⇒ 東芝ダイレクト 特設サイトの利用方法