縦置き(壁紙)

デル Inspironコンパクト デスクトップ (3891) は、第10世代または第11世代インテル Core プロセッサーを搭載したエントリー向けのデスクトップPCです。

シッカリとした基本性能にくわえメモリ増設やストレージの増設など、ほど良い拡張性も備えています。

エントリー向けとしての性能レベルは十分でふだん使いのほかテレワークなどのビジネス向けとしてもシッカリ活用できます。

■Inspironコンパクト デスクトップ (3891) の特徴

  • 第10世代または第11世代インテル Core プロセッサーを搭載
  • コンパクトなので省スペースに設置できる
  • ツールレスで本内内部にアクセスできる
  • メモリやストレージ、拡張スロットなど、エントリー向けながら ほど良い拡張性を備えている
  • USB 有線キーボードとマウスが付属(Dell 純正ワイヤレスキーボードとマウスは +5,170円で追加可能)

レビューではメーカーからお借りした実機を試用し、前半で外観デザインや本体内部をチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能評価を行います。

本体&モニター 正面側(斜め)
モニターサイズは 21.5インチ

レビューは 2021年10月6日時点の内容です。

 

スペック構成

Inspironコンパクト デスクトップ のおもなスペックです。

OS ■Windows 11 Home 日本語
■Windows 11 Pro 日本語
■Windows 10 Home (64ビット) 日本語
■Windows 10 Pro (64bit)
プロセッサー ■第11世代 インテル Core i5-11400 プロセッサー
■第10世代 インテル Core i3-10105 プロセッサー
メモリ ■8GB, 8Gx1, DDR4, 2933MHz (Core i5 搭載時)
■8GB, 8Gx1, DDR4, 2666MHz (Core i3 搭載時)
ストレージ ■512GB SSD (M.2 PCIe NVMe)
■256GB SSD (M.2 PCIe NVMe)+1TB HDD (3.5インチ, 7200 rpm)
■1TB HDD (3.5インチ, 7200 rpm)
光学ドライブ トレイロード式 DVD ドライブ (DVD±RW/CD-RW)
グラフィックス (*1) ■NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER
■インテル UHD グラフィックス 730
LAN Realtek RTL8111HSD (10/100/1000 Mbps)
ワイヤレス ■インテル Wi-Fi 6 2×2 (Gig+)、Bluetooth 5.1
キーボード、マウス Dell USB有線 キーボード KB216 ブラック (日本語)、Dell Wired マウス MS116 ブラック
本体サイズ (W×D×H) 約 154 ×293×324.3 mm
重量 約 4.94kg (最小構成)

(*1) 記事執筆時点で専用グラフィックス搭載モデルはラインナップから外れています。

ランナップしているモデルのスペック構成や価格など最新情報はデル直販「デルオンラインストア」公式サイトをご確認ください。

 

正面ななめ

デル Inspironコンパクト デスクトップ (3891)
税込 5万円台から
(クーポン適用価格)

 

デル オンラインストア クーポン情報

デル Inspironコンパクト デスクトップ (3891) がクーポン適用で 20%オフ!
【51,984円(税込・配送料込)~】10月12日値下げ
[ 即納モデルあり(2021.10.12 時点) ]

 

キャンペーン情報


デルオンラインストアで 80,000円以上(クーポン割引後の価格)のパソコンを購入すると楽天スーパーポイント 3,000ポイントもらえます。詳細はこちらをご覧ください。

 

外観チェック

圧迫感の少ないコンパクトタイプ

Inspironコンパクト デスクトップ は、ミニタワー型よりもコンパクトなので省スペースにスッキリと設置できます。

正面側

前後からの外観です。

正面側と背面側

左右の側面です。

左側面
左側面(本体正面に向かって)

右側面
右側面(本体正面に向かって)

天面側です。

本体天面側
天面

底面側です。

本体底面側
底面

ゴム足は前面側の左右に実装されています。背面側は型取りされたボディの一部ですが安定性は良好です。

そこそこコンパクトなサイズ感

本体の大きさのイメージです。

本体の大きさイメージ
ティシューボックスと大きさ比較

そこそこコンパクトなサイズ感にくわえ奥行きが浅いので、圧迫感は少なくデスクの下にもスッキリ設置できます。

 

インターフェースのチェック

アクセスしやすい豊富なインターフェース

フロント側インターフェースをチェックします。

インターフェース(前面側)

■前面側

①光学ドライブ

②電源ボタン (LED内蔵)

③メディア カード リーダー

④グローバル ヘッドセット ジャック

⑤USB 2.0 Type-A×2

⑥USB 3.2 Gen 1 Type-A

⑦USB 3.2 Gen 1 Type-C

 

光学ドライブとメディアカードリーダへ メディアをセットしたときのイメージです。

光学ドライブ
光学ドライブ

メディアカードリーダ
SDカードをシッカリ挿し込んだ状態

 

背面側インターフェースをチェックします。

インターフェース(背面側)

■背面側

①ライン出力

②HDMI

③VGA ポート

④USB 3.2 Gen 1Type-A×2

⑤USB 2.0 Type-A×2

⑥LANポート

⑦パラレルポート

⑧シリアルポート

⑨DVI-D

⑩HDMI

⑪DisplayPort

 

エントリー向けながら必要十分なインターフェースが実装されています。

 

本体内部のチェック

Inspironコンパクト デスクトップ の本体を分解、内部をチェックします。

本体内部へはツールレスでアクセスできる

本体のサイドカバーは、固定している 2本のネジを外してからカバーを背面側にスライドさせて取りはずします。

カバー固定しているネジ
矢印の指すネジをはずす

本体内部の全体イメージです。

本体内部の全体イメージ
本体内部

CPUには「ファン エアーフローカバー」が装着されており、CPUの熱を本体の外へ直接排熱する構造です。

ファン エアーフローカバー装着
CPUには ファン エアーフローカバーが装着

ファン エアーフローカバーは、青いレバー2箇所をはさんで持ち上げるとかんたんに取りはずせます。

ファン エアーフローカバー取り外し

ファン エアーフローカバー
ファン エアーフローカバー

フロントパネルを外すときは固定しているツメ3箇所ををはずします。

フロントパネルをはずす
フロントパネルを固定しているツメ(矢印)をはずす

フロントパネルを外した状態で前後の外観をチェックします。

シャーシ(前面側)
前面側

シャーシ(背面側)
背面側

筐体にはファンがついていないことがわかります。

CPU に取り付けられたファンによりファン エアーフローカバーを通して排熱する構造です。

 

各パーツの実装エリアをチェックします。

CPU・メモリ・SSD
CPU・メモリ・SSD

レビュー機に実装されている SSD は「Type 2230」です。「Type 2280」サイズの取付も可能です。

PCIe スロット
PCI 拡張スロット

■PCI 拡張スロットの内訳(上段から)

・フルハイトGen 3 PCIe x1スロット

・フルハイトGen 3 PCIe x16スロット

※レビュー機の拡張スロットは空きなし

本体内部の奥行きのサイズは以下のとおり。専用グラフィックスを後付けで増設するときの参考にしてください。

本体内部の奥行き
本体内部の奥行き

ワイヤレスLAN カードの実装エリアです。

ワイヤレスLANカード
ワイヤレスLANカード

HDD は、フロント側シャーシの内側に取り付けられています。

HDD と DVDドライブ
HDD と DVDドライブ

Check

HDD はシャーシのフロント側からネジ止めされています。(ネジ止めは4箇所)

電源ユニットは 80PlUS BRONZE(最大出力 360W)です。

電源ユニット
電源ユニット

 

本体内部へのアクセスはドライバーなどツールレスでかんたんにできますし、エントリー向けのデスクトップPC としては ほど良い拡張性を備えています。

 

キーボード&マウスのチェック

キーボード&マウス

同梱されているキーボードとマウスをチェックします。(いずれも USB対応です)

キーボードは標準的なレイアウト

キーボードレイアウトは標準的です。

キーボード・レイアウト(クリックで拡大表示できます)

キーボードはフルサイズでキーストロークも深め、タイプ感も標準的です。

キーボードピッチのイメージ

ごく普通のキーボードです。

手のひらにフィットするマウス

マウスはスクロールホイールが付いたタイプです。

マウス

その大きさは手のひらフィットするサイズです。(重量感は軽めです)

マウスのサイズ感
マウスのサイズ感

いたってフツウのマウスで、使いやすさもフツウです。

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは、レビュー機の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほか総合的なパフォーマンスを評価します。

■レビュー機の基本スペック

OS Windows 10 Home
CPU インテル Core i5-11400
メモリ 8GB, 8Gx1, DDR4, 2933MHz
ストレージ 256GB SSD (M.2 PCIe NVMe)+1TB HDD
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER

■使用したベンチマーク

比較項目 使用するベンチマーク
CPU性能 CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]
CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]
グラフィック性能 3DMark FireStrike
ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]
ストレージ性能 CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンス PCMark 10

なお、ベンチマークの実施にあたっては、電源オプションの電源プランを「バランス」に設定して実行しています。

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R20 と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで比較・評価します。

評価にあたっては、性能レベルを把握するため下記 CPU のスコアと比較します。

・インテル Core i7-10700 プロセッサー

・インテル Core i5-10500 プロセッサー

・インテル Core i7-1165G7 プロセッサー(*)

・インテル Core i5-1135G7 プロセッサー(*)

・AMD Ryzen 7 5700U プロセッサー(*)

・AMD Ryzen 5 5500U プロセッサー(*)

・AMD Ryzen 7 4700U プロセッサー(*)

・AMD Ryzen 5 4500U プロセッサー(*)

※当サイトで計測したスコアの平均値

※(*)印はノートPC 向けプロセッサー

 

■CINEBENCH R20

CPU
Core i7-10700
4139 pts
Ryzen 7 5700U
3403 pts
Ryzen 5 5500U
2960 pts
Core i5-11400(レビュー機)
2849 pts
Core i5-10500
2767 pts
Ryzen 7 4700U
2750 pts
Ryzen 5 4500U
2040 pts
Core i7-1165G7
1911 pts
Core i5-1135G7
1878 pts

 

■CPU Mark(PassMark PerformanceTest)

CPU Mark
Core i7-10700
17654
Ryzen 7 5700U
17027
Ryzen 7 4700U
14790
Ryzen 5 5500U
13281
Core i5-11400(レビュー機)
12972
Core i7-1165G7
11465
Ryzen 5 4500U
11105
Core i5-1135G7
10757
Core i5-10500
10645

 

レビュー機に搭載されている CPU パフォーマンスはまずまずです。

第10世代インテル Core i5 のスコアを上回っているものの大きな差はありませんが、エントリー向けとしては十分で、ふだん使いはもちろんのことオンライン会議でも快適に使える性能レベルです。

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで評価します。

評価にあたっては、グラフィックス性能レベルを把握するため当サイトでレビューした下記グラフィックスのスコアと比較します。

・NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti

・NVIDIA GeForce GTX 1650

・インテル UHD グラフィックス 630

・AMD Radeon グラフィックス

※上記はデスクトップ向けグラフィックス

※当サイトで計測したスコアの平均値

 

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike のベンチマーク結果です。

Fire Strike は DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テストです。

3DMark Fire Strike
GTX 1660 Ti
13911
GTX 1650 SUPER(レビュー機)
10556
GTX 1650
8026
AMD Radeon
2384
インテル UHD 630
1087

ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]

ドラゴンクエストX のベンチマーク結果です。

ドラゴンクエストX
GTX 1650 SUPER(レビュー機)
22065
GTX 1660 Ti
21655
GTX 1650
20464
AMD Radeon
7261
インテル UHD 630
4679

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果です。

漆黒のヴィランズ
GTX 1660 Ti
15885
GTX 1650 SUPER(レビュー機)
12522
GTX 1650
10180
AMD Radeon
2202
インテル UHD 630
1058

※高品質(デスクトップPC)/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXV のベンチマーク結果です。

ファイナルファンタジーXV
GTX 1660 Ti
10499
GTX 1650 SUPER(レビュー機)
9322
GTX 1650
7219
AMD Radeon
2387
インテル UHD 630
1215

※軽量品質/解像度 1280×720 で実施

 

レビュー機に搭載されている専用グラフィックスはエントリー向けに近いモデルですが、搭載することでパフォーマンスが大幅にアップします。

残念ながら、記事執筆時点で専用グラフィックス搭載モデルはラインナップから外れていますが、後付けで増設することも可能です。

 

ストレージ性能

レビュー機のストレージは SSD(NVMe対応) + HDD(7200rpm) のデュアルドライブ構成です。

ストレージ性能については、CrystalDiskMark を使用して計測したデータ転送速度で評価します。

データ転送速度(SSD)
SSD ドライブのデータ転送速度

データ転送速度(HDD)
HDD ドライブのデータ転送速度

SSD は NVMe 対応でデータアクセスも超高速です。Windows やアプリの起動も早いです。

参考までに SSD は大容量になるほどデータ転送速度が速くなる傾向があります。目安として 512GB以上で速度の違いが顕著になってきます。

HDD は 回転数 7200rpm として平均的なスコアです。

SSD と HDD のデュアルドライブ構成は、Windows や アプリは SSD から素早く起動でき、写真・動画などサイズの大きいデータは HDD にたくさん保存することができる、ストレージとしてコストパフォーマンスに優れた構成です。

なお、Inspironコンパクト デスクトップには、512GB SSD 搭載モデルがラインナップしており、購入後に 2TB または 4TB などの HDD を増設すれば、ストレージ全体をさらに大容量化することができます。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 Extended を使って、実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、性能レベルの違いを把握するため下記機種のスコアと比較します。

・HP ENVY Desktop TE01-1000

・NEC LAVIE Direct DT (2020年秋冬モデル)

 

各機種の基本スペックは以下のとおり。

スペック Inspiron コンパクト
デスクトップ
HP ENVY Desktop TE01 LAVIE Direct DT
CPU インテル Core i5-11400 インテル Core i7-10700F インテル Core i7-10700
メモリ 8GB(8GB×1) 32GB(16GB×2) 8GB(4GB×2)
ストレージ 256GB SSD + 1TB HDD 512GB SSD + 2TB HDD 256GB SSD + 1TB HDD
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER NVIDIA GeForce RTX 2060 Super インテル UHD グラフィックス 630

関連記事

 

ベンチマーク結果は以下のとおり。

■ベンチマーク結果

Total Score
Inspiron デスクトップ 3891
6696
HP ENVY Desktop TE01
8231
LAVIE Direct DT
3083
 Essentials
Inspiron デスクトップ 3891
9698
HP ENVY Desktop TE01
9211
LAVIE Direct DT
7707
基準値
4100
 Productivity
Inspiron デスクトップ 3891
8999
HP ENVY Desktop TE01
8633
LAVIE Direct DT
7254
基準値
4500
 Digital Contents Creation
Inspiron デスクトップ 3891
7227
HP ENVY Desktop TE01
9812
LAVIE Direct DT
4179
基準値
3450
 Gaming
Inspiron デスクトップ 3891
8615
HP ENVY Desktop TE01
15896
LAVIE Direct DT
1046

※テスト項目説明

・Total Score(総合的な評価)

・Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)

・Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)

・Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)

・Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

※基準値はベンチマークソフト開発メーカーの推奨スコア

 

レビュー機のスコアは優秀です。

専用グラフィックスを搭載した機種はシステム全体のパフォーマンスが大きくアップすることがわかります。

 

クリエイティブ性能の評価

クリエイティブ性能は RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)と動画エンコードの処理時間で評価します。

評価にあたっては、上記の総合的なパフォーマンスで使用した機種の処理時間と比較します。

・HP ENVY Desktop TE01-1000

・NEC LAVIE Direct DT (2020年秋冬モデル)

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PhotoDirector
Adobe Photoshop Lightroom
Adobe Photoshop Lightroom Classic

■条件等

・RAWデータ 50ファイルをJPEG形式で一括書き出し

・RAWデータサイズ 4,592×3,056(約14MB)

・プリセット等 編集は適用しない

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PhotoDirector
Inspiron デスクトップ 3891
1分5秒2
HP ENVY Desktop TE01
35秒8
LAVIE Direct DT
47秒3
Photoshop Lightroom
Inspiron デスクトップ 3891
1分38秒7
HP ENVY Desktop TE01
20秒0
LAVIE Direct DT
41秒5
Lightroom Classic
Inspiron デスクトップ 3891
1分10秒6
HP ENVY Desktop TE01
25秒4
LAVIE Direct DT
43秒2

 

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector

■条件等

・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)

・動画再生時間 10分間

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PowerDirector
Inspiron デスクトップ 3891
2分30秒6
HP ENVY Desktop TE01
1分43秒7
LAVIE Direct DT
2分46秒0

 

実際のソフトウェアを使った検証結果はイマイチです。

レビュー機のメモリはシングルチャネル構成のため、メモリをデュアルチャネル構成にすることでシステム全体の処理性能がアップし、クリエイティブ作業の効率化が期待できます。

 

駆動音・パーツ温度のチェック

駆動音は、ベンチマーク(CINEBENCH R20 でマルチ Core を計測)実行中と動画エンコード中の音量(デシベル)を計測し、評価します。

■測定結果

最大音量
下段はピーク時の音量推移
アイドル時 36.5 db
 
CINEBENCH R20 45.0 db
(43~45db前後で推移)
動画エンコード 47.7 db
(45~47db前後で推移)

※使用測定器:Meterk SLM01(本体正面から 5cm 程度離して計測)

※防音室での測定ではありませんが、周囲の音ができるだけ入らないようにして測定しています。

■騒音の目安

騒音の大きさ 騒音の具体例
60 デシベル 走行中の自動車内
普通の会話
デパート店内
50 デシベル 家庭用エアコンの室外機
静かな事務所の中
40 デシベル 閑静な住宅地の昼
図書館内
30 デシベル 深夜の郊外
鉛筆での執筆音
20 デシベル 木の葉の触れ合う音
雪の降る音

参考:埼玉県深谷市ホームページ「騒音・振動の規制について」

 

平常時は「ブーッ」という排熱のためのファン音(CPUファン)が少し聞こえます。

高負荷時は「ウーッ」という音が大きくなり、少しうるさく感じます。

 

パーツ温度のチェック

動画エンコード時とベンチマーク実行時について CPU の動作周波数と温度を計測、それらの関係をグラフ化しました。

※計測時の室温:24℃

※動作周波数と温度は 各Core の平均値を算出

動画エンコード時の CPU温度
動画エンコード時の CPU動作周波数と温度
(10分間の動画エンコード処理)

ベンチマーク時の CPU温度
ベンチマーク実行時の CPU温度
(ファイナルファンタジーXIV:暁月のフィナーレを1回実行)

高負荷な状態でも CPU の動作周波数が下がることなく、温度も 80℃くらいで推移しています。

CPU の熱を直接排出するファン エアーフローカバーでも効果的に排熱できているようです。

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測

Windows の起動時間、再起動時間、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

起動 再起動 シャットダウン
1回目 13.6秒 42.6秒 13.9秒
2回目 13.7秒 42.5秒 13.4秒
3回目 13.8秒 42.9秒 12.8秒
4回目 13.7秒 42.5秒 10.2秒
5回目 13.7秒 42.4秒 11.6秒
平均 13.7秒 42.6秒 12.4秒

起動とシャットダウンは体感的にも処理時間は短いです。

再起動については若干時間がかかりますが、頻繁に行う必要はないので処理を待っているあいだのストレスを感じることはないでしょう。

なお、起動・再起動・シャットダウン時間は状況により多少変動するので、参考値としてください。

 

同梱品

本体ほか同梱品一式です。

本体ほか一式

同梱品は以下のとおり。

・電源コード

・キーボード

・マウス

・スタンド

・ドキュメント類

 

まとめ

以上、Inspironコンパクト デスクトップ (3891) のレビュー記事をお届けしました。

Inspironコンパクト デスクトップ は、高負荷状態でのファン音に少し耳ざわりな印象がありましたが、そのパフォーマンスはエントリー向けとして十分満足できる内容です。

本体内部へのアクセスもかんたんで、メモリや 3.5インチ HDD の増設などほど良い拡張性も備えている点も好印象です。

大画面のモニターをつなぐことでふだん使いはもちろんのことオンライン会議でもシッカリ活用できるモデルです。

高評価のポイント

  • コンパクトな筐体で省スペースに設置できる
  • エントリー向けながらシッカリとした性能を搭載している
  • ツールレスで本体内部へアクセスできて、ほど良い拡張性がある
  • 価格以上に高性能&高コスパ

気をつけておきたいところ

  • 高負荷時の駆動音が気になるかも

ラインナップしているモデルや価格、クーポン割引率などの最新情報は、デル直販「デルオンラインストア」公式サイトをご確認ください。

 

正面ななめ

デル Inspironコンパクト デスクトップ (3891)
税込 5万円台から
(クーポン適用価格)

 

デル オンラインストア クーポン情報

デル Inspironコンパクト デスクトップ (3891) がクーポン適用で 20%オフ!
【51,984円(税込・配送料込)~】10月12日値下げ
[ 即納モデルあり(2021.10.12 時点) ]

 

キャンペーン情報


デルオンラインストアで 80,000円以上(クーポン割引後の価格)のパソコンを購入すると楽天スーパーポイント 3,000ポイントもらえます。詳細はこちらをご覧ください。

 

 

LINEで送る
Pocket