Victus 15L (第14世代インテル) レビュー:オールマイティに活用できるエントリー向けゲーミングデスクトップパソコン

 

【アフィリエイト広告】

左振り(背景付き)

日本HP が販売する Victus 15L (インテル) 2024年モデルは、第14世代インテル Core プロセッサーと NVIDIA GeForce RTX 40 シリーズを搭載したゲーミング・デスクトップPCです。

エントリー向けながらゲームを快適にプレイできる性能を搭載しベンチマークによる性能評価も良好です。

シンプルで落ち着いた雰囲気のあるデザインにくわえゲーミングデスクトップとしてはコンパクトで意外に軽くセッティングがラクにできるところもポイント。

■Victus 15L (インテル) の特徴

  • 第14世代インテル Core プロセッサー & NVIDIA GEFORCE RTX 40 シリーズを搭載(下位モデルは RTX 3050 を搭載)
  • シンプルで落ち着いた雰囲気のあるデザイン
  • Victus インフィニティミラーがアクセント(RGBライティングできる)
  • コンパクトで意外に軽く、省スペースにラクに設置できる
  • 豊富なインターフェースを搭載
  • 独自ソフトウェア「OMEN Gaming Hub」でパフォーマンスモードの切り替えやライティング設定などが可能
  • メモリやHDDの増設/換装ができる(本体内部へのアクセスは面倒)

本記事では当サイトで購入した実機を試用し、前半で外観デザインや本体内部をチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能評価を行います。

右振り(背景付き)

レビューは 2024年7月3日時点の内容です。

 

スペック構成

Victus 15L (インテル) 2024年モデルのおもなスペックは以下のとおり。

シリーズ名 Victus by HP 15L Gaming Desktop TG02-2000jp シリーズ
OS Windows 11 Home
プロセッサー ■インテル Core i5-14400F プロセッサー
■インテル Core i7-14700F プロセッサー
メモリ 16GB (8GB×2) DDR4-3200MHz (最大32GB)
ストレージ ■512GB M.2 SSD (PCIe NVMe)
■1TB M.2 SSD (PCIe NVMe)
グラフィックス ■NVIDIA GeForce RTX 3050
■NVIDIA GeForce RTX 4060
■NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti
LAN 10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
ワイヤレス IEEE 802.11ax (Wi-Fi 6)、Bluetooth 5.3
本体サイズ (W×D×H) 約 155×297.3×337 mm (縦置き)
重量 約 6.31 kg

Victus 15L は、CPU やストレージ、グラフィックスタイプの構成により以下の3モデルがラインナップしています。

■スタンダードモデル

 Core i5-14400F/ RTX 3050/ 512GB SSD

■パフォーマンスモデル

 Core i7-14700F/ RTX 4060/ 1TB SSD

■パフォーマンスプラスモデル

 Core i7-14700F/ RTX 4060 Ti/ 1TB SSD

なお、前モデル(2023年モデル) から更新されたおもなスペックは以下のとおり。

■プロセッサー
Core i5-13400F → Core i5-14400F
Core i7-13700F → Core i7-14700F

■ストレージ
512GB SSD+2TB HDD → 1TB SSD

 
詳しいスペックや価格、キャンペーンなど最新情報は日本HP公式サイトをご確認ください。

アイキャッチ

Victus 15L (インテル)
2024年モデル

税込 11万円台から

【広告】【提供:株式会社日本HP】

HP Directplus 特別クーポン情報

当サイトでは日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える最大7%オフ特別クーポンを提供中です。

 

外観チェック

シックなイメージのコンパクトデザイン

Victus 15L 2024年モデルのデザインに前モデルから変更はなく、シックなイメージのデザインが継承されています。

正面斜め(左振り)

本体のカラーは「マイカシルバー」。イメージ的にはブラックにちかいカラーで落ち着いた雰囲気のある色合いです。

前後左右からの外観です。

前後外観
前面側と背面側

左側外観
左側面(本体正面に向かって)

右側外観
右側面(本体正面に向かって)

フロントパネルの中央には「Victus インフィニティミラー」と呼ばれるブランドマークを配置。

パネルデザイン
フロントパネル

奥行き感があるイメージでデザインされ、なにか無限の可能性を感じます。

なお、Victus インフィニティミラーは RGBライティング可能です。

ライティングイメージ

ライティングは付属のアプリケーション「OMEN Gaming Hub」で設定可能。色やブリンクなどお好みのライティングに設定できます。ライティングについても前モデルから変更はありません。

OMEN Gaming Hub ライティング
OMEN Gaming Hub によるライティング設定

ライティングで照らされたVictus インフィニティミラーにより気分的にもスイッチがはいります。

なお、天面側と底面側の外観イメージは以下のとおり。

本体天面側
天面側

本体底面側
底面側

ゴム足は前面側の左右に実装されています。背面側は型取りされたボディの一部ですが安定性は良好です。

 

省スペースに置ける

本体の大きさは 約 155(幅)×297.3(奥行き)×337(高さ) mm。

ゲーミングデスクトップながら本体はコンパクト。奥行きが浅く高さもないのでデスク上に設置しても圧迫感は少ないと思います。

本体の大きさイメージ
2リットルのペットボトルと大きさ比較

以下は、21.5インチモニターや 23.8インチサイズのモニターと並べたときのイメージです。

21.5インチモニターと大きさ比較
21.5インチモニターと大きさ比較

23.8インチモニターと大きさ比較
23.8インチモニターと大きさ比較

なお、サイズにくわえ質量も前モデルと同じです。

ゲーミングデスクトップながら、コンパクトで質量 約 6.31 kg の軽さは取り回しがラクにできるメリットがあります。

 

インターフェースのチェック

Victus 15L のインターフェースをチェックします。

インターフェース(天面フロント側)

■前面側

①電源ボタン

②ヘッドフォン出力/マイク入力コンボポート

③SuperSpeed USB Type-A 5Gbps ×2

④SuperSpeed USB Type-A 10Gbps ×2

⑤SuperSpeed USB Type-C 5Gbps

 

インターフェース(背面側)

■背面側

①左からマイク出力、ライン入力、ライン入力

②USB 2.0 Type-A ×4

③LANポート

④HDMI 2.1

⑤DisplayPort1.4a ×3

ポートは用途に合わせてアクセスしやすく種類・数とも必要十分です。

なお、ポートのスペック等も前モデルと同じです。

 

本体内部のチェック

Victus 15L の本体を分解、内部をチェックします。

2024年モデルのスペックから SSD+HDD のデュアルストレージ構成はなくなりましたが、購入後に 3.5インチHDD を増設することは可能です。ご自身で増設するときの参考にしてください。なお、増設については自己責任での作業をお願いします。

 

本体内部へのアクセスは少し面倒

本体内部へアクセスするためには固定しているネジをはずしてから側面カバーを背面側にスライドさせて取りはずします。

※トルクスドライバー T15 またはマイナスドライバーが必要です。

カバーネジ

カバーネジ(拡大)
矢印の指すネジをはずす

カバー
側面カバーを背面側へスライド

本体内部の全体イメージです。

本体内部(全体)
本体内部の全体イメージ

本体内部のパーツにアクセスするにはブラケットを取りはずす必要があります。ブラケットを取りはずす手順は以下のとおり。

まず、フロントパネルをはずします。

フロントパネルをはずす(その1)
フロントパネルを固定しているツメ(矢印)をはずす

フロントパネルをはずす(その2)
フロントパネルを開く

フロントパネルは取り外すことができます。ただし、マザーボードとフロントパネルを接続しているケーブルに注意してください。

フロントパネルのケーブル

なお、ケーブルはマザーボード側から取り外せます。(慎重に取り外してください)

フロントパネルのケーブル
ケーブルに注意

パネルをはずす
フロントパネルは取りはずせる

つぎに、黒色のブラケットを取りはずします。

ブラケット
矢印のネジを外す

上記写真の赤丸あたりでブラケットの出っ張りがシャーシに引っかかっているため、まずブラケットを背面側へ少しずらし引っかかりを解消してください。

ブラケット
ブラケットを下側に倒すように開く

上部のブラケットを取りはずします。

上部ブラケット
矢印のネジを外す

上部ブラケット
ブラケットを上側に開くように取りはずす

上部のブラケットはドライブベイも兼ねており、2.5ドライブをベイの裏側からネジ止めできます。

上部ブラケット
2.5インチドライブベイとして使える

なお、SATA電源ケーブルのコネクタは2つ空きがあり、SATAケーブルは1つだけ実装されています。

ケーブル

これですべてのパーツにアクセスできます。

本体内部(全体)
本体内部の全体イメージ

 
各パーツの実装エリアをチェックします。

CPU の実装エリアです。

CPU・排熱用ファン
CPU・排熱用ファン

CPU ファンは、前モデルのトップフロー型から「サイドフロー型」に変更されています。

メモリ・SSD・ワイヤレスLANカードはフロント側に実装。

メモリ・ストレージ
メモリ・SSD・ワイヤレスLANカードはフロント側

CPU の下には、グラフィックスボードを搭載。

グラフィックスボード
レビュー機のグラフィックスボードは NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti

電源ユニットは 80PLUS GOLD(最大出力 500W)です。

電源ユニット
電源ユニットは 80PLUS GOLD

 
また、上述のとおり、2024年モデルでは HDD を搭載したモデルは販売されていないため、HDD 等のストレージ増設は自分で対応する必要があります。

3.5インチストレージはフロント側シャーシの下に実装します。

HDD
3.5インチストレージの増設はフロント下側

増設するスペースはケーブル類が場所をふさいでいます。ケーブル類をよけてスペースを確保してからストレージを装着してください。

HDD
3.5インチストレージ増設後

HDD
ストレージは矢印の指すネジで固定

 
本体内部のパーツへのアクセスは面倒です。ただ、パーツの増設や換装は頻繁にやる作業ではないので、それほど問題にはならないと思います。

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは、レビュー機の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほか総合的なパフォーマンスを評価します。

■レビュー機の基本スペック

OS Windows 11 Home
CPU インテル Core i7-14700F
メモリ 16GB (8GB×2)
ストレージ 1TB M.2 SSD (PCIe NVMe)
※HDD 増設前(購入時の構成)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti

 
■使用したベンチマーク

比較項目 使用するベンチマーク
CPU性能 CINEBENCH R23[CPUのレンダリング性能評価]
CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]
グラフィック性能 3DMark Time Spy
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]
ストレージ性能 CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンス PCMark 10

なお、Victus 15L にはパフォーマンスなどを使い方にあわせてコントロールできるアプリケーション「OMEN Gaming Hub」がインストールされています。

ベンチマークの実施にあたっては、OMEN Gaming Hub のパフォーマンスコントロールを「初期設定」と「パフォーマンス」の2モードそれぞれに設定して実行しています(ファン速度は「自動」)。

OMEN Gaming Hub パフォーマンスコントロール
OMEN Gaming Hub パフォーマンスコントロール

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R23(マルチコア/シングルコア) と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで評価します。

評価にあたっては、性能レベルを把握するため下記 CPU のスコアと比較します。

・インテル Core i5-14400 プロセッサー

・インテル Core i7-13700K プロセッサー

・インテル Core i7-13700F プロセッサー

・インテル Core i5-13400 プロセッサー

・インテル Core i7-12700 プロセッサー

・インテル Core i7-12700K プロセッサー

・AMD Ryzen 5 5600X プロセッサー

・インテル Core i7-13700HX プロセッサー(*1)

・インテル Core i7-13700H プロセッサー(*1)

・インテル Core i5-13500H プロセッサー(*1)

・AMD Ryzen 7 7730U プロセッサー(*1)

・AMD Ryzen 5 7530U プロセッサー(*1)

※当サイトで計測したスコアの平均値
(*1)はノートPC 向け CPU のスコア

 
■CINEBENCH R23[CPUのレンダリング性能評価]

CINEBENCH R23 (マルチコア)
Core i7-13700K
28431 pts
Core i7-14700F(レビュー機/パフォーマンス)
25396 pts
Core i7-13700F
24151 pts
Core i7-12700K
22459 pts
Core i7-14700F(レビュー機/初期設定)
19418 pts
Core i7-12700
18566 pts
Core i7-13700HX
17945 pts
Core i7-13700H
15945 pts
Core i5-13400
14327 pts
Core i5-13500H
14234 pts
Core i5-14400
13897 pts
Ryzen 5 5600X
10431 pts
Ryzen 7 7730U
8997 pts
Ryzen 5 7530U
7627 pts

 

CINEBENCH R23 (シングルコア)
Core i7-13700K
2076 pts
Core i7-14700F(レビュー機/初期設定)
2074 pts
Core i7-14700F(レビュー機/パフォーマンス)
2070 pts
Core i7-13700F
1997 pts
Core i7-12700K
1924 pts
Core i7-13700H
1880 pts
Core i7-12700
1866 pts
Core i7-13700HX
1858 pts
Core i5-14400
1787 pts
Core i5-13400
1744 pts
Ryzen 5 5600X
1521 pts
Core i5-13500H
1501 pts
Ryzen 7 7730U
1428 pts
Ryzen 5 7530U
1419 pts

 
■CPU Mark(PassMark PerformanceTest)

CPU Mark
Core i7-13700K
46366
Core i7-13700F
40791
Core i7-14700F(レビュー機/パフォーマンス)
37684
Core i7-12700K
34664
Core i7-12700
32463
Core i7-14700F(レビュー機/初期設定)
31860
Core i7-13700HX
31774
Core i7-13700H
28429
Core i5-13500H
25438
Core i5-14400
25413
Core i5-13400
21695
Ryzen 5 5600X
21679
Ryzen 7 7730U
18677
Ryzen 5 7530U
15930

 
レビュー機のスコアは少しひかえめです。

レビュー機の「サイドフロー型」CPUファンは冷却性能にすぐれているのですが、ヒートシンクがファンにくらべ小ぶりな点が影響しているのでしょうか。予想していたほどのスコアは出ませんでした。

とはいえ、エントリークラスに搭載されているプロセッサーとしては十分なパフォーマンスが期待できるでしょう。

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで評価します。

評価にあたっては、グラフィックス性能レベルを把握するため当サイトでレビューした下記グラフィックスのスコアと比較します。

・NVIDIA GeForce RTX 4070 Ti

・NVIDIA GeForce RTX 4070

・NVIDIA GeForce RTX 4060 Ti

・NVIDIA GeForce RTX 3060 Ti

・NVIDIA GeForce RTX 3060

・NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER

・NVIDIA GeForce RTX 2060 SUPER

・NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti

・AMD Radeon RX 6700XT

・インテル UHD グラフィックス 730

・AMD Radeon グラフィックス

※当サイトで計測したスコアの平均値

 

3DMark Time Spy

Time Spy は DirectX 12 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テストです。

3DMark Time Spy
RTX 4070 Ti
21024
RTX 4070
17196
RTX 4060 Ti
13577
RTX 4060 Ti(レビュー機/パフォーマンス)
13299
RTX 4060 Ti(レビュー機/初期設定)
12977
RTX 3060 Ti
11416
AMD Radeon RX 6700XT
11272
RTX 2070 SUPER
9766
RTX 3060
9211
RTX 2060 SUPER
8709
GTX 1660 Ti
6372
AMD Radeon
920
インテル UHD 730
630

 

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]

漆黒のヴィランズ
RTX 4070 Ti
29917
RTX 4070
27108
RTX 4060 Ti
26867
RTX 4060 Ti(レビュー機/パフォーマンス)
23942
RTX 4060 Ti(レビュー機/初期設定)
23127
AMD Radeon RX 6700XT
22730
RTX 3060 Ti
22286
RTX 3060
20666
RTX 2070 SUPER
19746
RTX 2060 SUPER
18464
GTX 1660 Ti
14966
AMD Radeon
2069
インテル UHD 730
1379

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

 

ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXV
RTX 4070 Ti
17066
AMD Radeon RX 6700XT
16014
RTX 4070
15420
RTX 4060 Ti
11697
RTX 4060 Ti(レビュー機/パフォーマンス)
11566
RTX 4060 Ti(レビュー機/初期設定)
11402
RTX 3060 Ti
10271
RTX 2070 SUPER
9104
RTX 2060 SUPER
7758
RTX 3060
6599
GTX 1660 Ti
5851
AMD Radeon
765
インテル UHD 730
542

※高品質/解像度 解像度 1920×1080 で実施

 
レビュー機のグラフィックス性能は良好です。一部のベンチマークで少しひかえめなスコアはありましたが全体的にはおおむね良好な結果です。

なお、レビュー機に搭載されている GeForce RTX 4060 Ti は、RTX 40 シリーズのなかでは下位モデルにあたりますが、たいていのゲームは快適にプレイできる性能レベルです。とくにゲーム入門機として使うなら中量級から重量級のゲームまでパワフルなパフォーマンスを実感できるはずです。

 

ストレージ性能

レビュー機のストレージは PCIe4.0/NVMe1.4 の SSD (容量:1TB) です。

ストレージ
ストレージ情報

ストレージ性能については、CrystalDiskMark を使用して計測したデータ転送速度で評価します。

ストレージ性能
データ転送速度

※OMEN Gaming Hub のパフォーマンスコントロールを「初期設定」で計測した結果。「パフォーマンス」の計測結果もほぼ同じ。

計測結果のとおり PCIe4.0/NVMe1.4 の SSD はデータアクセス速度が爆速です。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 Extended を使って、実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、性能レベルの違いを把握するため下記機種のスコアと比較します。

・Victus 15L (インテル) 2023年モデル

・OMEN 25L Desktop (インテル) 2023年モデル

・OMEN 40L Desktop 2023年モデル

・デル Alienware Aurora R16 2024年モデル

※パフォーマンスモードに相当する設定で計測した結果

 
各機種の基本スペックは以下のとおり。

スペック Victus 15L
(レビュー機)
Victus 15L
2023モデル
OMEN 25L OMEN 40L Alienware Aurora
CPU インテル Core i7-14700F インテル Core i7-13700F インテル Core i7-13700F インテル Core i7-13700K インテル Core i7-14700F
メモリ 16GB(8GB×2) 16GB(8GB×2) 16GB(8GB×2) 32GB(16GB×2) 16GB(8GB×2)
ストレージ 1TB SSD 512GB SSD+2TB HDD 1TB SSD 2TB SSD 1TB SSD
グラフィックス GeForce RTX 4060 Ti GeForce RTX 4060 Ti GeForce RTX 4070 GeForce RTX 4070 Ti GeForce RTX 4070

 
ベンチマーク結果は以下のとおり。

■ベンチマーク結果

Essentials
Victus 15L (レビュー機/初期設定)
11282
Victus 15L (レビュー機/パフォーマンス)
11269
Victus 15L 2023
10734
OMEN 25L
10289
OMEN 40L
10293
Alienware Aurora
10720
目標値
4100
Productivity
Victus 15L (レビュー機/初期設定)
11717
Victus 15L (レビュー機/パフォーマンス)
11780
Victus 15L 2023
11194
OMEN 25L
10331
OMEN 40L
11667
Alienware Aurora
9483
目標値
4500
Digital Contents Creation
Victus 15L (レビュー機/初期設定)
13628
Victus 15L (レビュー機/パフォーマンス)
14373
Victus 15L 2023
14389
OMEN 25L
14636
OMEN 40L
16212
Alienware Aurora
16035
目標値
3450
Gaming
Victus 15L (レビュー機/初期設定)
24518
Victus 15L (レビュー機/パフォーマンス)
25572
Victus 15L 2023
26063
OMEN 25L
30581
OMEN 40L
36320
Alienware Aurora
32354

※テスト項目説明

・Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)

・Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)

・Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)

・Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

※目標値はベンチマークソフト開発メーカーの推奨スコア

 
レビュー機のスコアは良好です。

前モデルとスコアが同等であることは少し残念ですが、レビュー機の CPU パフォーマンスが少しひかえめなことが関係しているのかもしれません。総合的なパフォーマンスとしては、CPU やストレージ 以外のスペックが同じであることを考えると妥当な結果といえるでしょう。

ちなみに、前モデルの Victus 15L (2023年モデル) は、ゲーミング性能やクリエイティブ性能が OMEN 25L (2022年モデル、比較対象機の前モデル) を上回るスコアでした。

前モデルと同等スコアのレビュー機も性能レベルは十分に高く、ゲーム入門者のほか中級者も満足できるパフォーマンスでプレイできるのではないでしょうか。

関連記事

 

クリエイティブ性能の評価

クリエイティブ性能は RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)と動画エンコードの処理時間で評価します。

評価にあたっては、上記の総合的なパフォーマンスで使用した機種の処理時間と比較します。

・Victus 15L (インテル) 2023年モデル

・OMEN 25L Desktop (インテル) 2023年モデル

・OMEN 40L Desktop 2023年モデル

・デル Alienware Aurora R16 2024年モデル

※パフォーマンスモードに相当する設定で計測した処理時間

 

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア

CyberLink PhotoDirector

Adobe Photoshop Lightroom

Adobe Photoshop Lightroom Classic

■条件等

・RAWデータ 50ファイルをJPEG形式で一括書き出し

・RAWデータサイズ 4,592×3,056(約14MB)

・プリセット等 編集は適用しない

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

■処理結果

PhotoDirector
Victus 15L (レビュー機/初期設定)
33秒2
Victus 15L (レビュー機/パフォーマンス)
33秒0
Victus 15L 2023
33秒1
OMEN 25L
28秒8
OMEN 40L
31秒6
Alienware Aurora (レビュー機/バランス)
27秒8
Photoshop Lightroom
Victus 15L (レビュー機/初期設定)
16秒2
Victus 15L (レビュー機/パフォーマンス)
16秒0
Victus 15L 2023
15秒9
OMEN 25L
8秒4
OMEN 40L
8秒4
Alienware Aurora (レビュー機/バランス)
7秒8
Lightroom Classic
Victus 15L (レビュー機/初期設定)
21秒3
Victus 15L (レビュー機/パフォーマンス)
20秒8
Victus 15L 2023
20秒2
OMEN 25L
13秒4
OMEN 40L
13秒0
Alienware Aurora (レビュー機/バランス)
12秒8

 

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア

CyberLink PowerDirector

■条件等

・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)

・動画再生時間 10分間

・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

■処理結果

PowerDirector
Victus 15L (レビュー機/初期設定)
52秒3
Victus 15L (レビュー機/パフォーマンス)
51秒9
Victus 15L 2023
57秒1
OMEN 25L
54秒7
OMEN 40L
1分3秒4
Alienware Aurora (レビュー機/バランス)
56秒3

 
実際のソフトウェアを使った検証結果も良好です。

本機はエントリー向けのゲーミングデスクトップの位置づけですが、ゲームのほかに写真・動画編集などクリエイティブな作業用途に検討してみるのも十分アリではないでしょうか。

 

駆動音・パーツ温度のチェック

駆動音は、下記処理中の音量(デシベル)を測定し、評価します。

・10分間動画のエンコード処理中

・ファイナルファンタジーXV (1920×1080/高品質) ベンチマーク実行中

※OMEN Gaming Hub のパフォーマンスコントロールを「初期設定」と「パフォーマンス」の2つのモードで測定(ファン速度は「自動」)

※一般住宅で周囲の音ができるだけ入らないようにして測定(室温:24℃)

騒音測定イメージ
音量計測イメージ
(使用測定器:Meterk SLM01)

■測定結果

モード アイドル状態
(最小音量)
最大音量
下段はピーク時の音量推移
動画エンコード ファイナルファンタジー
初期設定 34.6db 35.8db
(35db台)
41.8db
(40~41db)
パフォーマンス 35.0db 39.2db
(38~39db)
46.1db
(45~46db)

■騒音の目安

騒音の大きさ 騒音の具体例
60 デシベル 走行中の自動車内
普通の会話
デパート店内
50 デシベル 家庭用エアコンの室外機
静かな事務所の中
40 デシベル 閑静な住宅地の昼
図書館内
30 デシベル 深夜の郊外
鉛筆での執筆音
20 デシベル 木の葉の触れ合う音
雪の降る音

参考:埼玉県深谷市ホームページ「騒音・振動の規制について」

 
平常時は、「ウーッ」というファン音がかすかに聞こえる程度でうるさくありません。

高負荷時は、「ウーッ」というモーター音と「サーッ」というファン音が大きくなります。それなりに大きい音なので うるさく感じるかもしれません。ただ、前モデルにくらべ高負荷時の駆動音が 約10db 下がっており、静音性が 大きく改善されています。

参考までに、OMEN Gaming Hub のファン速度を「最大」にしたときファン音はかなり大きくなります。負荷状況にかかわらず 53db くらいに上昇しますが、そのぶん本体内部を急速に冷却できます。こちらも前モデルにくらべると音量は 7dbくらい改善されていました。

CPUファンを「サイドフロー型」に変更したことで静音性が改善されたと考えられます。

 

パーツ温度のチェック

パーツ温度については、下記を実施中の CPUとdGPU(グラボ)の動作周波数と温度を計測・評価します。

・CPU ベンチマーク「CINEBENCH R23 Multi Core」10分間実行

・ファイナルファンタジーXV (1920×1080/高品質) ベンチマーク実行中

※OMEN Gaming Hub のパフォーマンスコントロールを「パフォーマンス」に設定して計測

※CPU ベンチマークでは CPU のみ計測

※計測時の室温:25℃

CINEBENCH R23
CPU ベンチマーク実行中

ファイナルファンタジー
ファイナルファンタジーXV 実行中

高負荷な状態では動作周波数を少し抑えめにしつつ 60℃~70℃ くらいで推移しています。パフォーマンス的に物足りなさはあるものの、パーツ温度・パフォーマンス・静音性のバランスを考慮して制御していることが考えられます。

さらに高いパフォーマンスが必要なときは、OMEN Gaming Hub のファン速度を「最大」にするとよいでしょう。そのぶん、うるさくなりますがパフォーマンスは大きくアップするはずです。

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測

Windows の起動時間、再起動時間、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

起動 再起動 シャットダウン
1回目 12.3秒 23.7秒 4.7秒
2回目 12.1秒 24.5秒 4.5秒
3回目 12.2秒 24.3秒 4.5秒
4回目 12.2秒 24.3秒 4.2秒
5回目 12.2秒 24.1秒 4.4秒
平均 12.2秒 24.2秒 4.5秒

体感的にも早いです。処理待ちのストレスを感じることなくゲームを開始できます。

なお、実際の使用にあたってはインストールしているアプリや Windows Update など状態により変動するので参考値としてください。

 

同梱品

本体ほか同梱品一式です。

本体ほか一式

同梱品リスト
・Victus 15L 本体
・電源コード
・ドキュメント類

なお、電源コードのプラグは 3極(3P)です。一般家庭の 2極コンセントに差し込むためには 3P-2P変換アダプタなどを用意する必要があります。

3P-2P変換アダプタ
3P-2P変換アダプタは付属しない

 

まとめ

以上、Victus 15L (インテル) のレビュー記事をお届けしました。

Victus 15L のパフォーマンスが前モデルとほぼ同等なところは少し残念ですが、エントリークラスとして十分なゲーム性能を搭載しています。

とくに、こんどのモデルではパフォーマンスや静音性のバランスが上手く制御されており、ゲームのみならず写真・動画編集などオールマイティに活用できるように改良されている印象を受けました。

ゲーム入門機を検討しているユーザーはもちろんのこと、写真・動画編集などにも幅広く活用できるデスクトップパソコンを検討しているユーザーは、ぜひチェックしてみてください。

高評価のポイント

  • エントリークラスとして十分なゲーム性能を搭載
  • コンパクトサイズで省スペースに設置できる
  • 本体は意外に軽いのでセッティングがラク
  • パフォーマンスと静音性のバランスが上手く制御されている
  • RGBライティングがゲームプレイを演出
  • OMEN Gaming Hub でマシンのパフォーマンスを最大化できる

気をつけておきたいところ

  • パフォーマンスは前モデルとほぼ同じ
  • 本体内部へのアクセスは面倒

 
ラインナップしているモデルや価格、キャンペーンなど最新情報は日本HP直販サイト「HP Directplus」をご確認ください。

アイキャッチ

Victus 15L (インテル)
2024年モデル

税込 11万円台から

【広告】【提供:株式会社日本HP】

HP Directplus 特別クーポン情報

当サイトでは日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える最大7%オフ特別クーポンを提供中です。

 

タイトルとURLをコピーしました