LINEで送る
Pocket

本体&モニター 正面側

レノボ Legion T550i は第10世代インテル Core プロセッサーに NVIDIA GeForce GTX SUPER / RTX SUPER グラフィックスを搭載したパワフルで快適パフォーマンスのゲーミングデスクトップPCです。

高い処理性能を搭載しベンチマークによる性能評価も優秀!ゲームプレイのみならず写真・動画編集などクリエイティブな作業もスピーディに快適にこなせます。

パワフルな性能にくわえ、ゲーミングPC 特有の派手派手しいイメージをそぎ落とした端正なフォルムのデザインはジャンルを問わずオールマイティに使うことができるモデルといえます。

■Legion T550i の特徴

  • 第10世代インテル Core プロセッサーと NVIDIA GeForce GTX SUPER / RTX / RTX SUPER グラフィックスを搭載
  • パワフルな性能で快適なパフォーマンス
  • 効果的な冷却システムにより高負荷時も静か
  • ゲーミングPC 特有の派手派手しいイメージをそぎ落とした端正なフォルムのデザイン
  • 本体内部へのアクセスはツールレスで増設もかんたん
  • 最新無線LAN規格 Wi-Fi 6(IEEE802.11ax)を搭載

レビューでは、前半で外観デザインや本体内部をチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能評価を行います。

本体&モニター 正面側(斜め)

レビュー内容については 2020年9月28日時点のものです。

 

スペック構成

Legion T550i のおもなスペックです。

OS Windows 10 Home 64bit (日本語版)
CPU ■インテル Core i5-10400 プロセッサー
■インテル Core i7-10700 プロセッサー
メモリ ■8GB (8GB×1) DDR4-2933 SDRAM UDIMM
■16GB (8GB×2) DDR4-2933 SDRAM UDIMM
メモリスロット:4、最大容量:128GB
ストレージ ■256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)+1TB HDD(7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
■256GB SSD(PCIe NVMe/M.2)+2TB HDD(7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
■512GB SSD(PCIe NVMe/M.2)+2TB HDD(7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
光学ドライブ なし
グラフィックス ■NVIDIA GeForce GTX 1650 SUPER
■NVIDIA GeForce GTX 1660 SUPER
■NVIDIA GeForce RTX 2060
■NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER
LAN 10BASE-T/100BASE-TX/1000BASE-T
ワイヤレス Wi-Fi 6対応 (IEEE802.11ax/ac/a/b/g/n準拠)、Bluetooth 5.1
本体サイズ 約 185×457×456 mm
重量 約 14kg(最大構成時)

Legion T550i には、CPU・メモリ・ストレージ・グラフィックスの構成により複数のモデルがラインナップしています。

モデルごとのスペック・価格・クーポンなどの最新情報はレノボ直販サイト「レノボ・ショッピング」でご確認ください。

 

正面ななめ

レノボ Legion T550i
税込8万円台から

今回はメーカーからお借りした実機を試用してレビューを行います。

■レビュー機の基本スペック
・Core i7-10700
・16GBメモリ
・512GB SSD + 2TB HDD
・GeForce RTX 2070 SUPER

 

外観チェック

端正なフォルムのデザイン

Legion T550i はブラックを基調とした派手派手しさのない端正なフォルムのデザインです。

正面側

正面側(アップ)
LEGION のロゴマークがアクセント

電源をオンするとフロントパネルのロゴマークがブルーに光ります。

正面側(LEDでひかる)

なお、ロゴマークを点灯させるには付属のソフト「LENOVO VANTAGE」で設定すればOKです。

LENOVO VANTAGE(照明)

前後からの外観です。

正面側と背面側

背面側上部には持ち手がデザインされています。

背面側の持ち手

本体を持ち上げるときに役立ちそうですがバランスは取りにくいです。(底面 前面側にキャスターがあれば良かったかも)

左右の側面です。

左側面
本体正面に向かって左側

右側面
本体正面に向かって右側

天面側です。

本体天面側
天面

底面側です。

本体底面側
底面(ゴム足は前後左右の四隅)

ゴム足の面積は広めで本体の安定感は良好です。

ゲーミングデスクトップPC として普通サイズ

本体の大きさのイメージです。

本体の大きさイメージ(正面側)
幅は 約18.5cm

本体の大きさイメージ(側面)
奥行き、高さともに 約45cm

本体の容量は 28L(リットル)。ゲーミングデスクトップPC として普通サイズです。

 

インターフェースのチェック

アクセスしやすいインターフェース

インターフェースをチェックします。

インターフェース(前面側)

■前面側
①USB 3.0×2
②ヘッドホン・マイクロホンコンボジャック
③電源ボタン

インターフェース(背面側)

■背面側
④USB 3.0 Type-C
⑤USB 3.0×2
⑥USB 2.0×2
⑦イーサネットコネクター(LAN)
⑧オーディオポート
(左からマイクロホン・ライン入力・ライン出力)
⑨USB Type-C
⑩DisplayPort×3
⑪HDMI

Check

ディスプレイ出力ポートは実装されるグラフィックスカードで異なります。

 

前面、背面側ともにアクセスしやすく、必要十分なインターフェースが実装されています。

光学ドライブや SDカードスロットが実装されていませんが、必要に応じて外付けのDVDドライブや USB対応カードリーダーで対応するとよいでしょう。

 

本体内部のチェック

Legion T550i の本体内部をチェックします。

本体内部へのアクセスはかんたん

左右のサイドカバー両方を開けることができます。それぞれ2本のネジを外し、背面側にスライドさせればOKです。(工具などツールレスでアクセスできます)

サイドカバー固定しているネジ
矢印の指すところがサイドカバーを固定しているネジ

本体内部の全体イメージです。

本体内部の全体イメージ(左側)
本体正面に向かって左側面(こちらからパーツにアクセス)

本体内部の全体イメージ(右側)
本体正面に向かって右側面(ケーブルや予備のコネクタにアクセス)

フロントパネルは左右にあるツメ(左右それぞれ3箇所/計6箇所)をはずしてからフロント側へ引き抜くようにはずします。

フロントパネルをはずす
筐体の前面側には多数のホール

なお、フロントパネルをはずすときはパネルの LED とマザーボードをつないでいるケーブルに注意してください。

 

各パーツの実装エリアをチェックします。

CPU とメモリの実装エリアです。

CPU とメモリ
CPU、メモリ(スロット数は4つ)

CPU クーラーはサイドフロータイプ。CPU の効果的な冷却に有利です。

CPU クーラー
CPU クーラーはサイドフロー型

ちなみに、フロントパネル側には 吸気用のファンが2基実装されています。

吸気用ファン
吸気用ファン

前面側から吸入した空気が CPU クーラーを通して背面側から排出されるエアフローは CPUなど本体内部の冷却にとても効果的です。

SSD には LEGION ロゴ入りのヒートシンクが装着されています。

SSD
SSD は CPU クーラーの近くで冷却効果も期待できる

レビュー機に搭載されているグラフィックス・カードは NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER です。

グラフィックス・カード
レビュー機は NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER を搭載

なお、PCI 拡張スロットの空きで使用できるのは PCI Express x1 1スロットだけです。

PCI 拡張スロットの空きで
PCI 拡張スロットの空き

また、増設用の M.2 SSD スロットはグラフィックス・カードの下にあります。

SSD スロット
増設用 M.2 SSD スロット(右側は WLANカード)

3.5インチのドライブベイです。ドライブベイの空きは1つあり HDD の増設も可能です。

ドライブベイ
3.5インチ・ドライブベイ(1基は HDD 実装済み)

ちなみに、ドライブベイへの増設もツールレスで作業できます。

ドライブベイへの増設もツールレス
ドライブベイへの増設もツールレスでOK

電源ユニットは 容量 650W(80PLUS GOLD)です。

電源ユニット
電源ユニット

 

本体内部へのアクセスはかんたんで、メモリ・SSD・HDD の増設などツールレスで作業できます。

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは、レビュー機の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほか総合的なパフォーマンスを測定します。

■レビュー機の基本スペック

CPU インテル Core i7-10700
メモリ 16GBメモリ (8GB×2) DDR4-2933 SDRAM UDIMM
ストレージ 512GB SSD(PCIe NVMe/M.2)+2TB HDD(7200rpm/シリアルATA/3.5インチ)
グラフィックス NVIDIA GeForce RTX 2070 SUPER

■使用したベンチマーク

比較項目 使用するベンチマーク
CPU性能 CINEBENCH R20[CPUのレンダリング性能評価]
CPU Mark (PassMark PerformanceTest)[CPU性能の総合評価]
グラフィック性能 3DMark FireStrike
ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]
ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]
ストレージ性能 CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンス PCMark 10

 

ゲームシーン

 

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R20 と CPU Mark(PassMark PerformanceTest) のベンチマークスコアで比較・評価します。

評価にあたっては性能レベルを把握するため下記 CPU のスコアと比較します。

・インテル Core i7-9700 プロセッサー
・インテル Core i5-9400 プロセッサー
※当サイトで計測したスコアの平均値で比較

 

■CINEBENCH R20

CPU
Core i7-10700(レビュー機)
4754 cb
Core i7-9700
3173 cb
Core i5-9400
2310 cb

 

■CPU Mark(PassMark PerformanceTest)

CPU Mark
Core i7-10700(レビュー機)
18739.2
Core i7-9700
16347.1
Core i5-9400
11444.9

 

レビュー機に搭載されている Core i7-10700 プロセッサーはかなり優秀です。

前世代の Core i7-9700 プロセッサーのスコアを大きく引き離しており、さらに快適なパフォーマンスが期待できます。

以下の基本仕様を見てのとおり インテル Core i7-10700 はとてもパワフルなプロセッサーです。

Core i7-10700 Core i7-9700 Core i5-9400
CPUコア数 8 8 6
スレッド数 16 8 6
基本クロック 2.90 GHz 3.00 GHz 2.90 GHz
最大ブースト・クロック 4.80 GHz 4.70 GHz 4.10 GHz

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで性能評価を行います。

評価にあたっては、グラフィックス性能レベルを把握するため当サイトでレビューした下記グラフィックスのスコアと比較します。

・NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti グラフィックス
・NVIDIA GeForce GTX 1650 グラフィックス
※当サイトで計測したスコアの平均値で比較

なお、Legion T550i には GeForce GTX 1660 SUPER や GeForce GTX 1650 SUPER を搭載したモデルがラインナップしていますが、比較対象のグラフィックスとの性能レベルは おおむね次のような関係になります。

・GTX 1660 Ti > GTX 1660 SUPER(性能差はわずか)
・GTX 1650 SUPER > GTX 1650(性能差は 10%程度)

3DMark FireStrike

3DMark FireStrike のベンチマーク結果です。

Fire Strike は DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テストです。

3DMark Fire Strike
RTX 2070 SUPER
20374
RTX 2060
16617
GTX 1660 Ti
13911
GTX 1650
8026

ドラゴンクエストX[軽量級のゲーム]

ドラゴンクエストX のベンチマーク結果です。

ドラゴンクエストX
RTX 2070 SUPER
23979
RTX 2060
21434
GTX 1660 Ti
21655
GTX 1650
20464

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ[中量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズのベンチマーク結果です。

漆黒のヴィランズ
RTX 2070 SUPER
19519
RTX 2060
15690
GTX 1660 Ti
14966
GTX 1650
9026

※最高品質/解像度 1920×1080 で実施

ファイナルファンタジーXV[重量級のゲーム]

ファイナルファンタジーXV のベンチマーク結果です。

ファイナルファンタジーXV
RTX 2070 SUPER
9104
RTX 2060
7164
GTX 1660 Ti
5851
GTX 1650
3556

※高品質/解像度 1920×1080 で実施

 

レビュー機に搭載されているグラフィックスは性能レベルが高く、比較対象のグラフィックスを大きく引き離しています。

重量級のゲームタイトルも快適なプレイが期待できます。

とくに、重量級になるほどパフォーマンスの違いが大きくなっている点はチェックしておきたいところです。

 

ストレージ性能

レビュー機のストレージは SSD(NVMe対応) + HDD(7200rpm) のデュアルドライブ構成です。

ストレージ性能については、CrystalDiskMark を使用して計測したデータ転送速度で評価します。

データ転送速度
SSD ドライブのデータ転送速度

データ転送速度
HDD ドライブのデータ転送速度

SSD は NVMe 対応で 512GB の大容量、データアクセスも超高速で Windows やアプリの起動も早いです。

参考までに SSD は大容量になるほどデータ転送速度が速くなる傾向があります。目安として 512GB以上で速度の違いが顕著になってきます。

HDD は 回転数 7200rpm として平均的なスコアです。SSD にくらべデータ転送速度は遅いですが、データ保存ドライブなのでストレージ全体の快適度が下がることはないはずです。

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 Extended を使って、実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、性能レベルの程度を把握するため当サイトでレビューした下記機種のスコアと比較します。

スペック Legion T550i
(レビュー機)
比較対象機1 比較対象機2 比較対象機3
CPU Core i7-10700 Core i7-9700 Core i7-9700 Core i5-9400
メモリ 16GBメモリ 16GBメモリ 16GBメモリ 8GBメモリ
グラフィックス GeForce RTX 2070 SUPER GeForce GTX 1660 Ti GeForce GTX 1650 GeForce GTX 1650

※比較対象機は当サイトで計測したスコアの平均値

 

■ベンチマーク結果

Total Score
Legion T550i (レビュー機)
8385
比較対象機1
7186
比較対象機2
5876
比較対象機3
5359
 Essentials
Legion T550i (レビュー機)
9566
比較対象機1
9097
比較対象機2
8848.5
比較対象機3
8142
基準値
4100
 Productivity
Legion T550i (レビュー機)
7973
比較対象機1
8226
比較対象機2
7817.5
比較対象機3
6842
基準値
4500
 Digital Contents Creation
Legion T550i (レビュー機)
10005
比較対象機1
8468
比較対象機2
7120
比較対象機3
6170
基準値
3450
 Gaming
Legion T550i (レビュー機)
17512
比較対象機1
11387
比較対象機2
6542
比較対象機3
6490

※テスト項目説明
 Total Score(総合的な評価)
 Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)
 Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)
 Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)
 Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

 

Digital Contents Creation や Gaming テストのように高度で高負荷な処理では比較対象機とのレベルの違いが大きくなっています。

レビュー機の性能レベルは非常に高く、重量級のほとんどのゲームタイトルを快適にプレイすることができるでしょう。

 

クリエイティブ性能の評価

RAWデータ現像イメージ

クリエイティブ性能は実際にソフトウェアを使って RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)と動画エンコードの処理時間を計測・評価します。

評価にあたっては、上記の総合的なパフォーマンスで使用した比較対象機の処理時間と比較します。

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。
※一部未実施のところはご了承ください。

■使用ソフトウェア
CyberLink PhotoDirector
Adobe Photoshop Lightroom
Adobe Photoshop Lightroom Classic

■条件等
・RAWデータ 50ファイルをJPEG形式で一括書き出し
・プリセット等 編集は適用しない
・RAWデータサイズ 4,592×3,056(約14MB)
・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PhotoDirector
Legion T550i (レビュー機)
36秒8
比較対象機1
37秒7
比較対象機2
38秒5
比較対象機3
55秒8
Photoshop Lightroom
Legion T550i (レビュー機)
23秒4
比較対象機1
24秒6
比較対象機2
21秒9
比較対象機3
48秒4
Lightroom Classic
Legion T550i (レビュー機)
28秒1
比較対象機1
28秒9
比較対象機2
28秒8
比較対象機3
52秒5

 

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector

■条件等
・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力
(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)
・動画再生時間 10分間
・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

PowerDirector
Legion T550i (レビュー機)
1分24秒2
比較対象機1
1分41秒1
比較対象機2
1分52秒5
比較対象機3
2分46秒1

 

実際にソフトウェアを使った性能評価も優秀で、写真・動画編集などクリエイティブな作業も快適なパフォーマンスでスピーディにこなせます。

 

駆動音・パーツ温度のチェック

駆動音のチェック

平常時は「ブーン」という排熱のためのファン音がかすかに聞こえる程度で静かです。

高負荷時は「ブーン」という音が少し大きくなる程度で意外と静かです。動作させるアプリケーションや負荷の状況によって音の大きさは多少変動しますが、駆動音が気になることはほとんどないと思います。

パーツ温度のチェック

ベンチマーク実行時について CPU の動作周波数と温度を計測、それらの関係をグラフ化しました。

ベンチマーク時の CPU温度
ベンチマーク実行時の CPU温度
(ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズを1回実行)
[室温:25℃]

ベンチマーク実行直後に CPU温度が急激に上昇し 70℃を超えたため CPU は動作周波数を若干抑えていますが、その後は効果的な冷却システムにより CPU の温度が急激に上昇することもなく高パフォーマンスをキープしています。

Legion T550i のエアフローはとても良好です。

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測

Windows の起動時間、再起動時間、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

起動 再起動 シャットダウン
1回目 9.1秒 27.9秒 9.0秒
2回目 9.2秒 27.7秒 9.0秒
3回目 9.2秒 27.4秒 8.8秒
4回目 8.9秒 27.5秒 9.0秒
5回目 8.9秒 27.4秒 9.0秒
平均 9.1秒 27.6秒 9.0秒

感覚的にも早くて待ちのストレスはまったくありません。

なお、起動・再起動・シャットダウン時間は状況により多少変動するので、参考値としてください。

 

付属品

本体ほか同梱品一式(電源コード、簡易的なドキュメント)です。

本体ほか一式

Check

マウスとキーボードは同梱されていません。
レノボ純正のゲーミング用キーボードやマウスは直販サイトでも販売しているのでシステム全体として統一感を出したいときはチェックしてみるとよいでしょう。

 

まとめ

以上、Legion T550i のレビュー記事をお届けしました。

Legion T550i はパワフルで快適パフォーマンスのゲーミングデスクトップPC です。

重量級のゲームタイトルも快適なパフォーマンスでプレイできるパワフルな性能にくわえ落ち着きのある端正なフォルムのデザインは、ゲームプレイのみならず写真・動画編集などクリエイティブな作業にもおすすめです。

価格はエントリー構成で 税込8万円台からとリーズナブル。価格以上に高性能なゲーミングデスクトップPC といえます。

評価のポイントをまとめると・・・

高評価のポイント

  • 性能バランスにも優れていてゲーミングのほかクリエイティブ作業などオールマイティに使える
  • 効率的で効果的な冷却システムは高負荷時でも高パフォーマンスをキープしている
  • 派手派手しさのない端正なフォルムのデザイン
  • 価格以上に高性能!

チョット残念なところ

  • 背面側に持ち手があるなら前面側にキャスターが付いていても良かったかも

ラインナップしているモデルや価格、割引クーポンなど最新情報はレノボ直販サイト「レノボ・ショッピング」でご確認ください。

 

正面ななめ

レノボ Legion T550i
税込8万円台から

 

 

LINEで送る
Pocket