LINEで送る
Pocket

Inspironデスクトップ 正面側

デル『Inspironデスクトップ』は 第9世代インテル Core プロセッサーを搭載したミニタワー型のデスクトップPCです。

本体のデザインや内部構造などシンプルな仕上げながら、シッカリとした基本性能で必要十分なインタフェースを搭載しているので意外と快適に使えます。

通常価格は6万円台からとリーズナブル。
(クーポンを利用することでさらにお安くなります)

リビングや書斎などに置いてふだんの生活で気軽に使えるモデルです。

■Inspironデスクトップ の特徴

  • シンプル設計
  • 性能レベルが意外と高く快適に使える
  • 奥行きが浅く省スペースに置ける
  • リーズナブルな価格

レビューでは、前半で外観デザインや本体内部をチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能レビューを行います。

正面(向かって右斜め 壁紙あり)

レビュー内容は 2019年10月11日時点のものです。

 

スペック構成

『Inspironデスクトップ』には、CPU・メモリ・ストレージ・グラフィックスのスペックの違いにより複数のモデルがラインナップしています。

OS Windows 10 Home 64ビット 日本語
CPU ■第9世代インテル Core i3-9100 プロセッサー
■第9世代インテル Core i5 9400 プロセッサー
■第9世代インテル Core i7 9700 プロセッサー
メモリ Core i3 搭載時
■8GB, 8Gx1 DDR4, 2400MHz UDIMM
Core i5 / Core i7 搭載時
■8GB, 8Gx1, DDR4, 2666MHz
ストレージ Core i3 搭載時
■1TB HDD(7200 rpm)
Core i5 / Core i7 搭載時
■1TB HDD(7200 rpm)
■16GB インテル Optane メモリ+1TB HDD(7200 rpm)
■256GB SSD(M.2 PCIe NVMe)+1TB HDD(7200 rpm)
光学ドライブ ■なし
■Tray load DVD ドライブ (DVD±RW/CD-RW)
グラフィックス ■インテル UHD グラフィックス 630
■NVIDIA GeForce GTX 1650
LAN 10/100/1000 Mbps オンボードEthernetコントローラ
ワイヤレス WiFi 802.11b/g/n、Bluetooth 4.0
インターフェース ■前面
マルチカードリーダー×1、オーディオ コンボ ジャック×1、USB 3.1 Gen1 Type-A×2
■背面
ライン入力/出力/マイク ポート×各1、VGA×1、HDMI出力×1、USB 2.0×4、LAN ポート×1
拡張スロット PCIe x1スロット×2、PCIe x16スロット×1
※NVIDIA GeForce GTX 1650搭載により使用できるポートは制限されます。
キーボード&マウス USB対応キーボード&マウス
本体サイズ(W×D×H) 縦置き:約 160 ×294×373.7 mm
本体質量 約 5.27kg

今回のレビューでは、メーカーからお借りしたプラチナモデルを試用してレビューを行います。

■プラチナモデルの基本スペック
Core i7/8GBメモリ(2666MHz)/インテル Optane メモリー+1TB HDD/UHDグラフィックス630

なお、レビュー機は旧機種の Inspironデスクトップ(3670) ですが、最新機種の Inspironデスクトップ(3671) とスペック・デザイン・サイズなどほぼ同様の構成になっています。

モデルごとの構成や価格・クーポンなどの最新情報はデルオンラインストアでチェックできます。

デル直販「デルオンラインストア」公式サイト

 

 

デル オンラインストア クーポン情報

Inspironデスクトップがクーポン適用で 18%オフ!
【53,284円(税抜・配送料込)~】

楽天SPプレゼントキャンペーン

デルオンラインストアで 80,000円以上(クーポン割引後の価格)のパソコンを購入すると楽天スーパーポイント 3,000ポイントもらえます。「クーポン割引+ポイントプレゼント」なのでたいへんお得です。詳細はキャンペーンページをご覧ください。
⇒ 楽天SPプレゼントキャンペーン
キャンペーンの利用方法はこちら
⇒ キャンペーン利用方法

 

 

外観チェック

シンプルなデザイン

『Inspironデスクトップ』のフロントパネルは光沢のあるブラックでみるからにシンプルです。

正面(向かって右斜め)

正面(向かって左斜め)

前後から見た写真です。

正面側と背面側

左右の側面です。

左側面
正面に向かって左側面

右側面
正面に向かって右側面

天面と底面です。

本体上面側
天面

本体底面側
底面

底面のゴム足は前後左右の四隅に実装されています。ちょうど良い高さのゴム足で安定性もグッドです。

本体底面側のゴム足

奥行きが浅いので省スペースに置ける

本体の大きさのイメージです。

本体の大きさイメージ(正面側)

本体の大きさイメージ(側面)
本体の大きさイメージ(比較対象はティシューボックス)

奥行きが浅いので、省スペースのデスクやテーブルの下に設置してもフロント側がはみ出すことはありません

 

インターフェース

使い勝手の良い必要十分なインターフェース

前面側と背面側のインターフェースです。

インターフェース(前面側)

■前面側
①DVDドライブ
②電源ボタン
③SD カードスロット
④ヘッドセットポート
⑤USB 3.1 Gen 1 ポート

DVDドライブへメディアをセットしたときのイメージです。

DVDドライブ・オープン

SDカードスロットは抜き挿し方式です。

SDカードスロット
SDカードをシッカリと挿し込んだ状態

 

インターフェース(背面側)

■背面側
⑥マイクポート
⑦ライン出力ポート
⑧ライン入力ポート
⑨HDMI 出力ポート
⑩VGA 出力ポート
⑪USB 2.0 ポート
⑫LAN ポート
⑬電源ポート

必要十分なインターフェースが実装されています。

とくに前面側と背面側それぞれの実装位置は使い勝手が考慮されているのも好印象です。

欲をいえば、USB Type-C ポートが前面側に実装されていれば、使い勝手の良さは将来的にも確保されていたのではないでしょうか。

 

本体内部

『Inspironデスクトップ』の本体内部をチェックします。

本体内部もシンプルでアクセスしやすい

サイドカバーは 2本のネジを外し背面側にスライドさせれば簡単に開けることができます。なお、工具はプラスまたはマイナスドライバーが必要です。

サイドカバーのネジ
矢印の指すところがサイドカバーを固定しているネジ

本体内部の全体イメージです。

本体内部の全体イメージ(その1)

各パーツの実装エリアをチェックします。

CPU と メモリの実装エリアです。

CPU-HDD
CPU と HDD

CPU にはピンポイントで吸気できるようにフードがかぶせてあり、CPU を効率よく冷却できるように工夫されています。

メモリの増設・換装もかんたんにできます。

DVDドライブの実装エリアです。

DVDドライブ
DVDドライブ

インテル Optane メモリと拡張スロットの実装エリアです。

拡張スロット
拡張スロット

拡張スロットは、PCIe x16スロットを中段に、上段と下段に PCIe x1スロットが 2スロット実装されています。

電源ユニットと HDD は、底面に実装されています。

電源ユニットとHDD

電源ユニットの最大出力 290W です。

また、HDD は底面側とフロント側(フロントパネルを取りはずす必要があります)からインチネジで固定されています。

本体内部もシンプルでアクセスしやすくなっており、拡張性もまずまずといったところでしょうか。

 

ベンチマーク

ベンチマークでは、レビュー機の『Inspironデスクトップ』の CPU・グラフィック・ストレージなど、各パーツの性能のほか、総合的なパフォーマンスを測定します。

■プラチナモデルの基本スペック
第9世代インテル Core i7 9700 プロセッサー
8GBメモリ(2666MHz)
インテル Optane メモリー+1TB HDD
インテル UHD グラフィックス 630

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R15 と CINEBENCH R20 を使って評価します。

比較対象は第9世代インテル Core i5 9400 プロセッサーです。

CINEBENCH R15 Core i7 9700 Core i5 9400
CPU 1286 cb 949 cb
CPU (Single Core) 195 cb 176 cb
 MP Ratio 6.60 x 5.39 x
CINEBENCH R20 Core i7 9700 Core i5 9400
CPU 2991 cb 2298 cb
CPU (Single Core) 468 cb 425 cb
 MP Ratio 6.39 x 5.41 x

Core i7 9700 と Core i5 9400 の性能差は意外と大きいようです。

とはいえ、Core i5 9400 の性能レベルも高いので、ふだん使いをメインとするなら Core i5 搭載モデルでも充分です。

趣味としての写真・動画編集など、高度な作業をより快適なパフォーマンスで使うなら Core i7 搭載モデルがおすすめです。

 

グラフィック性能

ゲーム系のベンチマーク「3DMark」でグラフィックスの性能評価を行います。

レビュー機のグラフィックスは「インテル UHD グラフィックス 630」なので、比較対象として NVIDIA GeForce GTX 1650 を搭載したモデルで実施したベンチマークスコアと比較します。

3DMark インテル UHD 630 GeForce GTX 1650
Cloud Gate 10056 30660
Night Raid 5500 33227
Sky Diver 4794 26398
Fire Strike 1120 7900
Time Spy 460 3657

3DMark の各テスト内容は以下のとおり。

Cloud Gate ホームPCやノートPC向けで DirectX 10 を想定したグラフィックス性能テスト
Night Raid DirectX 12 を使用したモバイルPCなど低スペックPC向けのグラフィックス性能テスト
Sky Diver DirectX 11 を使用したミドルレンジ・ゲーミングノート向けのグラフィックス性能テスト
Fire Strike DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テスト
Time Spy DirectX 12 を使用したゲーミングPC向けのグラフィックス性能テスト

 

『Inspironデスクトップ』には、専用グラフィックス「NVIDIA GeForce GTX 1650」を搭載したモデルもラインナップしています。

専用グラフィックスによりグラフィックス性能は格段にアップします。

ライトなゲームプレイや一般的な動画を観る程度なら専用グラフィックスがなくてもそこそこ快適に楽しめますが、比較的重めのゲームタイトルやアクション映画のような素早い動きの映像になめらかさを求めるなら NVIDIA GeForce GTX 1650 の搭載モデルがおすすめです。

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

レビュー機に搭載されているストレージは インテル Optane メモリ+1TB HDD です。

インテル Optane メモリを搭載することで HDD のアクセス速度が SSD なみにアップします。

そこで、CrystalDiskMark を使用してレビュー機と SSD 搭載機種のストレージについて、シーケンシャルリード(読み込み)/ライト(書き込み)のデータ転送速度を比較します。

データ転送速度 Optane メモリ+ HDD SSD(SATA接続)
シーケンシャルリード 939.1 560.7
シーケンシャルライト 180.3 500.5

比較対象は SATA接続の SSD ですが、インテル Optane メモリを搭載することで SSD なみにデータ転送速度がアップしています。

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 を使用して、PCのアプリケーション実行における総合的なパフォーマンスを測定します。

比較対象はレノボ社製のゲーミングPC「Legion T530」です。

基本スペックは以下のとおり。

基本スペック Inspironデスクトップ Legion T530
CPU Core i7 9700 Core i7 9700
メモリ 8GBメモリ(2666MHz) 16GBメモリ(2666MHz)
ストレージ インテル Optane メモリー+1TB HDD 1TB SSD + 1TB HDD
グラフィックス インテル UHD グラフィックス 630 NVIDIA GeForce GTX 1650

結果は以下のとおり。

PCMark 10 Extended Inspironデスクトップ Legion T530
Total Score 2953 5828
Essentials 8908 8869
Productivity 6781 7687
Digital Content Creation 3648 7091
Gaming 934 6450

※テスト項目説明
 Total Score(総合的な評価)
 Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)
 Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)
 Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)
 Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

注目したいのは、Essentials と Productivity。

スコアを見る限りでは、ふだん使いのほかオフィスソフトなどビジネスソフトを動かしているときのパフォーマンスは同等ということになります。

また、Digital Content Creation でも意外と検討しており、Inspironデスクトップでも NVIDIA GeForce GTX 1650 を搭載すればかなりのパフォーマンスアップが見込めそうです。

 

搭載ソフトウェア

『Inspironデスクトップ』に搭載されている主なソフトウェアです。

主なソフトウェア(クリックで拡大表示できます)

Windows標準のソフトのほか、Dell サポート関連ソフトやマルチメディアコンテンツの統合パッケージ「CyberLink Media Suite Essentials」、セキュリティソフト「マカフィー リブセーブ」などがインストールされています。

CyberLink Media Suite Essentials には動画編集ソフトや DVD再生ソフト、ライティングソフトが含まれているので DVDドライブを活用したマルチメディアを気軽に楽しめます。

CyberLink Media Suite
CyberLink Media Suite Essentials

 

付属品

『Inspironデスクトップ』の本体ほか電源コード、キーボードとマウス、ドキュメント類が同梱されています。

『Inspironデスクトップ』本体セット

キーボードとマウスは USB対応ですが、Dell純正のワイヤレスキーボードとマウスをオプションで追加することもできます。

また、マニュアル類は簡易的でかんたんな内容が記載されている程度ですが、製品の使い方や取り扱いに関する詳細な情報はデル公式サイトで公開されています。

 

まとめ

以上、『Inspironデスクトップ』のレビュー記事をお届けしました。

『Inspironデスクトップ』は、シンプル設計ながら意外と快適に使えます。

レビュー機の使用感としても軽快な動作でパフォーマンスも快適でした。

通常価格が6万円台からとリーズナブルな価格も魅力です。

価格以上に性能レベルが高いのも好印象で高コスパなデスクトップPCといえます。
※価格は税抜・配送料込。クーポンの割引率によっては 15%~20%オフの価格で購入できます。

評価のポイントをまとめると・・・

高評価のポイント
・シンプル設計でも意外と快適パフォーマンス
・奥行きの浅いデザインなので省スペースに置ける
・リーズナブルな価格

残念なポイント
・USB Type-C ポートがない
 (必要なときは変換アダプタで対応可)

最新の価格やクーポン割引率などの最新情報は、デル直販サイト「デルオンラインストア」でチェックできます。

 

デル直販「デルオンラインストア」公式サイト

 

 

デル オンラインストア クーポン情報

Inspironデスクトップがクーポン適用で 18%オフ!
【53,284円(税抜・配送料込)~】

楽天SPプレゼントキャンペーン

デルオンラインストアで 80,000円以上(クーポン割引後の価格)のパソコンを購入すると楽天スーパーポイント 3,000ポイントもらえます。「クーポン割引+ポイントプレゼント」なのでたいへんお得です。詳細はキャンペーンページをご覧ください。
⇒ 楽天SPプレゼントキャンペーン
キャンペーンの利用方法はこちら
⇒ キャンペーン利用方法

 

Inspironデスクトップ 正面

 

LINEで送る
Pocket