HP Directplus 特別クーポン情報
当サイトでは 日本HP直販サイト「HP Directplus」で使える 7%オフ特別クーポン を提供中です。特別クーポンの使い方は こちらをご覧ください。
⇒ HP Directplus 特別クーポン情報
Pocket

日本HP『HP Elite Slice』の実機レビューです。

『HP Elite Slice』は、「モジュール」と呼ばれる小型ユニットで構成されるデスクトップPCです。

PC 本体のモジュールをベース(ベースPCと呼びます)に、「オプティカルディスクドライブモジュール」「オーディオモジュール」「VESAマウントモジュール」を使い方に合わせて増設するタイプのデスクトップPCです。

コンパクトサイズながら性能レベルも高く、快適なパフォーマンスで軽快に動作してくれます。

『HP Elite Slice』のレビューでは、外観などのデザインやキーボード/マウスの使い勝手のほか、ベンチマークによる性能評価などを行います。

HP Elite Slice と モニター

【 目 次 】
外観について
スペックについて
キーボード&マウス
ベンチマーク
BANG & OLUFSEN サウンド視聴
Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)
まとめ

※記事内容は 2018年1月23日時点のものになります。

<参考>

『HP Elite Slice』は法人向けモデルですが、個人の方や SOHO、フリーランスの方も購入できます。

『HP Elite Slice』のベースPC には、「コラボレーションカバー」と「ワイヤレスチャージングカバー」2つのタイプのモジュールがあります。それぞれの特徴は次のとおり。

■コラボレーションカバー
PCと電話を融合させた機能が搭載されています。
たとえば、ベースPC の通話アイコンをタッチするだけで簡単に会議の開始、参加することができます。会議中にミュートや音量もワンタッチで調整可能です。

■ワイヤレスチャージングカバー
ベースPC のカバー上部に、スマートフォンなどのデバイスを置くだけでワイヤレスでデバイスの充電が可能です。
QiおよびPMA規格に対応しています。

なお、「オプティカルディスクドライブモジュール」「オーディオモジュール」「VESAマウントモジュール」についてはオプションとなります。
(一部のセットモデルを除きます)

レビュー機のベースPC は「コラボレーションカバー」タイプです。スペックについては「スペックについて」の章をご覧ください。

ラインナップしているモデルについては、日本HP直販サイト「HP Directplus」でチェックできます。

『HP Elite Slice』製品ページへ
icon

 

外観について

『HP Elite Slice』は、コンパクトサイズなのでデスクやテーブルなど省スペースにもスマートに置くことができます。

HP Elite Slice 正面
正面側

HP Elite Slice 左側面
左側面

HP Elite Slice 背面
背面側

HP Elite Slice 右側面
右側面

上記画像のモジュール構成は、上から「ベースPC」「オプティカルディスクドライブモジュール」「オーディオモジュール」「VESAマウントモジュール」です。

本体のカラーはブラック。スラッシュロゴといわれる「HP」のロゴがプレミアムな印象を与えてくれます。

天面のスラッシュロゴ

なお、スラッシュロゴのカラーは、コラボレーションカバーでは「ゴールド」、ワイヤレスチャージングカバーでは「ブラック」となります。

上部から見てみます。

上部側

ベースPC の底面側です。

底面側

すべてのモジュールを構成したときの大きさのイメージ写真です。本体のとなりはティシューボックス。

本体の大きさイメージ

ベースPC のほかすべてのモジュールを組み合わせても、片手でも持ち上げられます。

本体の重さイメージ

コンパクトで移動もラクにできるので、インテリアとしてのレイアウト変更にも柔軟に対応できますし、ミーティングルームなど部屋間の移動もラクにできます。

モジュール切り離し

『HP Elite Slice』のモジュール間の接続は、モジュールコネクター端子をつなぐだけ。かんたんに構成できます。

モジュール間の接続(その1)
矢印の指すところがモジュールコネクター

モジュール間の接続(その2)

なお、モジュールを接続する際には自動的にツメが引っかかってモジュールが外れないようにロックされます。

モジュール間の取り外しは、底面のロック用のラッチを押すことでツメの引っ掛かりが解除され、あとは、モジュール間のコネクター端子を抜くだけです。

モジュール間の取り外し(その1)
矢印の指すところがラッチ

モジュール間の取り外し(その2)
ラッチを押せば取り外せます

また、VESAマウントモジュールについては、ロック用のラッチを右側にスライドしてロックを解除してから、上部にモジュールを載せ、ラッチを左側にスライドしてロックします。ロックすれば VESAマウントモジュールは外れません。

VESAマウントモジュール(その1)

VESAマウントモジュール(その2)

VESAマウントモジュール(その3)

なお、VESAマウントモジュールには、VESAマウント用アームやスタンドに取り付けるためのネジが同梱されています。

VESAマウントモジュール(その4)
VESAマウントモジュールと取り付け用のネジ

次に、インターフェース類を見てみます。

ベースPC の背面側には、「電源ボタン(LED内蔵)」「電源コネクタ」「LANコネクタ」「USB-C 3.1」「USB 3.1」「Display Port」「HDMI」「セキュリティロックケーブルスロット」が実装されています。

インターフェース(背面側)

なお、「セキュリティロックケーブルスロット」はすべてのモジュールに実装されています。

左側面は、「USB-C 3.1(チャージングポート)」「ユニバーサルオーディオジャック」が実装されています。

インターフェース(左側面)

また、レビュー機には実装されていませんでしたが、販売中のモデルの右側面には「指紋センサー」も搭載されています。

インターフェース(右側面)
赤枠が指紋センサーの実装箇所

ベースPC 上部のスキマのデザインは、効果的な排熱も兼ねています。

ベースPC 上部のパネル

実際、負荷のかかる処理中でも、ベースPC は熱くなることはなく(温かいという感じもない)、動作音も静かで、ときどき排気音がかすかに聞こえる程度。パフォーマンスが低下することもありませんでした。

DVDドライブを開いたときのイメージです。

DVDを開いたときの画像

オーディオモジュールに実装されているスピーカーは、正面から見て左右にステレオスピーカーが実装されています。

スピーカーは左右に実装

音質については、「BANG & OLUFSEN サウンド視聴」の章をご覧ください。

電源アダプターの最大消費電力は 65W(19.5V – 3.33A)です。

電源アダプターの最大消費電力

省電力タイプの電源アダプターなので大きさは手のひらサイズです。

電源アダプターの大きさ比較

 

スペックについて

レビューに使用した『HP Elite Slice』のスペックです。

OS Windows 10 Pro (64bit)
CPU インテル Core i7-6700T プロセッサー
メモリ 8GB(4GB×2) PC4-17000 (2133MHz)
ストレージ 500GB HDD(7200回転)
光学ドライブ なし(オプティカルディスクドライブモジュールまたはUSB対応外付けDVDドライブ等で増設可)
グラフィックス インテル HD グラフ ィ ッ クス 530
ネットワーク インテル I219LM ギガビッ ト ネットワークコネクショ ン
ワイヤレス インテル 8260 ac 2×2 + Bluetooth vPro
インターフェース USB3.1 Type-A×2、USB3.1 TypeC×2、HDMI×1、デュ アルモード DisplayPort×1、マイク/ヘッ ドフ ォン×1
本体サイズ(W×D×H) 165×165×35.5mm( ベースPCのみ)
本体質量 約1.05kg(ベースPCのみ)
キーボード&マウス USBスリ ムスタンダードキーボード (OADG準拠日本語版109Aキーボード)、USB光学マウス

CPUやメモリなど、ハードウェアの詳細な情報をキャプチャーした結果は次のようになります。

CPU-Z(CPU)
CPU

CPU-Z(Caches)
キャッシュ

CPU-Z(MainBorad)
メインボード

CPU-Z(Memory)
メモリ

CPU-Z(SPD #1)
メモリスロット#1

CPU-Z(SPD #2)
メモリスロット#2

gpu-z
グラフィックス(CPU内蔵)

CPU には、第6世代インテル Core i7-6700T プロセッサーを搭載しています。

第6世代とはいえ、Core i7 プロセッサーで、高速メモリ DDR4 を搭載しており、会社のオフィスや、SOHO、フリーランスの日常業務も快適にこなしてくれる性能です。

なお、Windows アプリ以外にインストールされているソフトウェアについては、日本HP独自のセキュリティ関連ソフトやドライバなどのソフトウェアを管理するダウンロードマネージャーがインストールされている程度でした。

 

キーボード&マウス

『HP Elite Slice』には、USB キーボードと USB マウスが同梱されています。

PS/2小型キーボードと USBレーザーマウス

キーボードのレイアウトです。

キーボード全体(その1)

キーボード全体(その2)

キーボード全体(その3)

キーボードは、ゆるやかな傾斜が付いていますが、キーボード左右についているスタンドを立てれば、さらに傾斜をつけることができます。

キーボード傾斜(その1)

キーボード傾斜(その2)

キーボード傾斜(その2)

キーピッチ(キートップの中心から隣りのキートップの中心までの距離)は 約19mm。

キーボード キーピッチ

キーピッチの測定は、便宜的にキートップの左端を基準にして測定しています。

キーボードに両手を置いたときも、ゆとりのあるキーピッチで自然な感じです。

キーボードに両手を置いたときのイメージ

キートップは少しくぼみのある形状で、指先にフィットします。

キートップの形状

キーストロークは深めで、シッカリとした打鍵感がありタイピングしやすいです。

キーストローク

キーボードの全体的な使用感としては、とくにクセもなく、適度な傾斜と深めのキーストロークでタイピングしやすい印象です。同梱されているキーボードとしては、おおむね良好です。

続いて、マウス。

マウス

マウスは丸みのある形状で手のひらにフィットしますが、手の小さいユーザーにとっては少し大きいかも。

マウスは丸みのある形状

マウスは手のひらにフィット(その1)

マウスは手のひらにフィット(その2)

マウスの使用感としては、フツウのマウスの印象です。

また、キーボードとマウスは有線接続です。

ベースPC の USB Type-A のポートが 2ポートであることや、コードがデスク上の物にケーブルが引っかかったりすることなどを鑑みると、ワイヤレスにしたほうが良いかもしれません。

 

ベンチマーク

パソコンの基本性能や総合的なパフォーマンスのほか、CPU、グラフィック、ストレージの性能を測定します。

基本性能

Windowsに搭載されているシステム評価ツール「WinSATコマンド」によるパソコン性能の測定です。

WinSATコマンドによる測定

「WinSAT」による測定は、PCの性能を相対的に数値化して表現したもので、各項目の説明は次のとおりです。(スコアの上限は 9.9)

CPUScore CPU のスコア
D3DScore ゲーム用グラフィックスのスコア
ただし、従来のゲーム用グラフィックスのスコアのため Windows 10では計測対象外(9.9というスコアは対象外)
DiskScore プライマリハードディスクのスコア
GraphicsScore グラフィックスのスコア
MemoryScore メモリのスコア
TimeTaken 前回の評価(「MostRecentAssessment」は直近の評価を表します)
WinSATAssessmentState 評価の状態を表す値(1:評価済み、2:要再評価)
WinSPRLevel 基本スコア(SPR:System Performance Rating)

総合的なパフォーマンス

「PCMark 8」を使用して、PCのアプリケーション実行における総合的なパフォーマンスを測定します。

Home Test

家庭での利用を想定したテスト内容です。

PCMark 8 Home Test スコア

PCMark 8 Home Test スコア比較
OpenCL対応の Accelerated にて測定

Creative Test

クリエイティブな利用を想定したテスト内容です。

PCMark 8 Creative Test スコア

PCMark 8 Creative Test スコア比較
OpenCL対応の Accelerated にて測定

総合的なパフォーマンスとしては、写真や動画編集など、クリエイティブな作業は苦手なものの、家庭やオフィスなどでは快適に使える性能を備えている印象です。

CPU性能

「CINEBENCH」を使って、CPU性能を測定します。

CINEBENCH 測定結果

「CINEBENCH」の測定結果を見ると、CPU性能としては第7世代インテル Core i5-7600 プロセッサーと同じくらいと見て良いでしょう。

なお、第7世代インテル Core i5-7600 プロセッサーの CINEBENCH スコアは、「CPU」で 600台後半、「CPU(Single Core)」では 150前後です。

グラフィック性能

「3DMark」「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」「ファイナルファンタジーXIV: 蒼天のイシュガルド ベンチマーク」、4つのベンチマークソフトを使ってグラフィック性能を測定します。

まず「3DMark」での測定です。

3DMark では「Ice Storm」「Cloud Gate」「Sky Diver」「Fire Strike」「Time Spy」、各シーンの描画の滑らかさをもとにグラフィック性能を測定します。

スコアの高さは描画の快適性を表しています。

3DMark 測定結果

測定前に流されるデモ映像を見たイメージとしては、次のような印象でした。

Ice Storm なめらか描画
Cloud Gate なめらか描画
Sky Diver 若干カクついたシーンもあったが問題ないレベル
Fire Strike カクカクした描画
Time Spy カクカクした描画

次が、「ドラゴンクエストXベンチマークソフト」の測定結果。

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1280×720)
標準品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(最高品質、解像度 1280×720)
最高品質、解像度 1280×720

ドラクエベンチマーク(標準品質、解像度 1920×1080)
標準品質、解像度 1920×1080

次が、「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 標準品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720、DirectX 11
標準品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 高品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720、DirectX 11
高品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

さいごに、「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマーク」の測定結果。

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 標準品質(デスクトップPC)
標準品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

ファイナルファンタジー 紅蓮のリベレーター 高品質(デスクトップPC)
高品質(デスクトップPC)、解像度 1280×720、DirectX 11

4つのベンチマークソフトを使ったグラフィック性能の測定結果をみると、レビュー機の『HP Elite Slice』は、まずまずの印象です。

ビジネスシーンでのビデオチャットやテレビ会議はもちろんのこと、プライベートでも動画視聴や写真・動画の編集、ライトなゲームも、気軽に楽しむことができそうです。

動作音については、ベンチマークなど負荷のかかる処理中でも静かです。ときどき排熱するときの「サーッ」という音がかすかに聞こえる程度です。

また、レビュー機は HDD内蔵モデルですが、HDD特有の「カリカリ」という音もわずかに聞こえるだけでほとんど気になりません。

本体内部の熱については、負荷のかかる処理中でもベースPC が熱くなることはありませんでした。

ストレージ

ストレージのベンチマークです。

レビュー機の『HP Elite Slice』には、SEAGATE製の HDD(容量 500GB、回転数 7200rpm)が搭載されています。

ストレージ情報
ストレージ情報

ストレージのドライブ構成は次のようになります。

ストレージのドライブ構成
ドライブ構成

ストレージのデータ転送速度です。

ストレージのデータ転送速度
データ転送速度

データ転送速度のスコアは、回転数 7200rpm の HDD としては平均的なレベルといったところでしょうか。

実際の使用感としては、データの読み書きも軽快なイメージですが、Windows の起動とシャットダウンに多少時間がかかる印象です。(あくまでも SSD を搭載しているパソコンにくらべての印象です)

 

BANG & OLUFSEN サウンド視聴

『HP Elite Slice』のオーディオモジュールには、BANG & OLUFSEN ステレオスピーカーが搭載されています。

BANG & OLUFSEN ロゴ

音質を調整できるユーティリティソフトもインストールされており、サウンドに合わせたプリセットや、お好みで音質を微調整できるイコライジング機能も搭載されています。

BANG & OLUFSEN サウンド コントロール画面(出力)
BANG & OLUFSEN サウンド ユーティリティソフト

実際にサウンドを聴いてみた印象です。

■スピーカー
低音域から高音域まで音域が広く高音質なサウンド。パソコンのサウンドとしては質の高さを感じる。
ただし、ステレオサウンドを聴くというよりは 360度全方向から高音質なサウンドを聴くことができるイメージ。

■ヘッドフォン
低音域がより強調され、サウンド全体がさらに厚みを増し、臨場感にくわえ迫力のあるサウンドを楽しめる。

 

Windows の起動・シャットダウン時間計測(動画に収録)

『HP Elite Slice』の Windows起動時間とシャットダウン時間は、次のとおりです。

・起動     :37.7秒
・シャットダウン:18.1秒

Windowsの起動とシャットダウンの様子を動画に収録しています。起動・シャットダウン時間を感覚でイメージできるので参考にどうぞ!

 

まとめ

『HP Elite Slice』は、両手の手のひらを合わせたくらいのコンパクトサイズなので、書斎やオフィスのデスクなどに置いても、広々とした作業スペースを確保することができます。

コンパクトサイズながら性能レベルも高く、快適なパフォーマンスで動作も軽快、会社のオフィスや、SOHO、フリーランスの日常業務も軽快にこなしてくれるモデルといえます。

なお、ラインナップしているモデルの詳細や価格などの最新情報は、日本HPの直販サイト「HP Directplus」でチェックしてください。

 


日本HP直販「HP Directplus」公式サイト
⇒ 『HP Elite Slice』製品ページ
icon

『HP Elite Slice』は法人向けモデルですが、個人の方や SOHO、フリーランスの方も購入できます。

 

Pocket

 

HP Directplus 特別クーポン情報

HP Spectre & HP ENVY

当サイトでは 日本HP直販サイト「HP Directplus」で使える 7%オフ特別クーポン を提供中です。
特別クーポンの使い方は こちらをご覧ください。
⇒ HP Directplus 特別クーポン情報