モバイルノートには「HP eSIM Connect」が便利!データ通信を5年間無制限で使える費用対効果の高いサービス

 

【アフィリエイト広告】
提供:株式会社日本HP

ヘッダーイメージ

日本HP の法人向けサービス「HP eSIM Connect」は、データ通信を5年間無制限で使える費用対効果の高い、非常に便利でお得なサービスです。

回線は auネットワークを使用。日本全国の幅広いエリアに対応しているので Wi-Fi やテザリングを使用せずに、移動中や屋外も快適にネットワークが使えます。

本記事では、日本HP 製品体験会から「HP eSIM Connect」の特徴を紹介します。

HP eSIM Connect

 

 

HP eSIM Connect の特徴

HP eSIM Connect は、au回線を利用した法人向けMVNOサービスで、対象のノートパソコンを購入すれば追加料金なしで 4G LTE や 5G 通信サービスを 5年間使えます。

データ通信量の上限や速度制限もありません。

ただし、このサービスは法人登記されていることが条件です。そのため法人登記されていない個人事業主やフリーランスのユーザーは購入することができません。

「フリーランス割」というサービスもあるので、法人登記されていない個人事業主やフリーランスのユーザーはこちらをチェックしてみてください。

HP eSIM Connect 対応モデルを購入できるユーザーは以下のとおり。

・株式会社/合資会社/合名会社/合同会社/有限会社

・〇〇法人(医療法人/財団法人/社団法人/宗教法人 など)

・官公庁

 

HP eSIM Connect 対応モデル

HP eSIM Connect 対応モデルは以下の2機種。

HP Dragonfly G4 HP eSIM Connect付属キャンペーンモデル(5G / 4G LTE)

HP Dragonfly G4
・Windows 11 Pro
・インテル Core i5-1335U / Core i7-1355U /
Core i7-1365U
・8GB / 16GBメモリ (オンボード) LPDDR5
・256GB / 512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
・13.5インチ・WUXGA+(1920×1280)
・インテル Iris Xe グラフィックス
・インテル XMM 7560 R+ LTE-Advanced Pro /
インテル 5G ソリューション 5000
・26万3780円(税込)~

対応可能な通信速度(理論値)は以下のとおり。

通信速度(理論値):受信最大/送信最大
‐ 4G LTE :978Mbps ~ 1.6Gbps / 150Mbps
‐ 5G NSA sub 6G : 3.8Gbps/700Mbps

HP Dragonfly G4 のレビューはこちらをご覧ください。

HP ProBook 445 G10 HP eSIM Connect付属キャンペーンモデル(4G LTE)

HP ProBook 445 G10
・Windows 11 Pro
・AMD Ryzen 5 7530Uプロセッサー
・16GBメモリ DDR4
・512GB SSD (PCIe NVMe M.2)
・14インチ・フルHD(1920×1080)
・AMD Radeon グラフィックス
・インテル XMM 7560 R+ LTE-Advanced Pro
・14万2780円(税込)~

対応可能な通信速度(理論値)は以下のとおり。

通信速度(理論値):受信最大/送信最大
‐ 4G LTE :978Mbps/150Mbps

詳しくは HP ProBook 445 G10 製品詳細ページ(公式サイト)をご確認ください。

 

HP eSIM Connect のメリット

HP eSIM Connect のおもなメリットは以下のとおりです。

通信コストの削減

データ通信を通信量の上限や速度制限もなく5年間無制限で使えるので、通信コストを削減することができます。

製品体験会では以下のような説明がありました。

データ通信無制限のプランは 5千円~6千円くらいが相場。大企業が契約台数を増やして大口契約したとしても1台当たり2千円~3千円くらいが相場です。

上記のコメントをもとにしたプランごとの5年間の通信コストは以下のとおり。

■月5千円のプランの場合
5000円×12か月×5年間=30万円

■月2千円のプランの場合
2000円×12か月×5年間=12万円

対応モデルの販売価格には通信コストが含まれており、トータルコストとしてはかなり削減できることがわかります。

生産性向上

モバイル Wi-Fiルーターやスマートフォンによるテザリングなど、ネット接続するための機器自体が不要です。

コスト削減につながるほか、いちいち接続設定する必要もありません。いつでもどこでもネットワークに接続した環境で業務に集中できます。

管理工数削減

HP eSIM Connect は、SIMカードが不要なため、SIMカードの紛失・誤配・破損といったトラブルが起こりません。SIMカードを管理するための工数が削減できます。

 

HP eSIM Connect のデメリット

HP eSIM Connect のデメリットというか、導入を検討する際に気をつけておきたいポイントは以下のとおり。

パソコン本体価格よりも多めに予算確保

パソコン購入価格に HP eSIM Connect の料金が含まれているため同等スペックのモデルにくらべると先行投資額がお高めです。そのぶんパソコン本体価格よりも多めに予算を確保する必要があります。

外出先でも安全で安定したネット環境があるユーザーには不向き

外出先でも安全で安定したネット接続環境があるなら HP eSIM Connect を活用する機会は少ないと思います。

常時、安全で通信速度が安定したネットワークに接続できる環境で使うなら Wi-Fiモデルのほうがコスパ的には優位です。

5年を過ぎたら別途契約する必要がある

HP eSIM Connect でネット接続できる期間は契約から 5年間です。5年を過ぎたら別途契約する必要があることは留意しておいたほうがよいでしょう。

 

まとめ

HP eSIM Connect は、ネット接続料を含めたトータルコストを削減したいユーザーや、いつでもどこでも安全かつ安定したネット接続環境でパソコンを使いたいユーザーにおすすめのサービスです。

モバイルノートを検討している法人ユーザーはチェックしておきたいサービスといえるでしょう。

詳しくは公式サイトをご確認ください。

タイトルとURLをコピーしました