LINEで送る
Pocket

本体&モニター 正面側

日本HP の『HP Pavilion Gaming Desktop 690』はパワフルな性能を搭載したクールなデザインのゲーミングデスクトップPCです。

落ち着きのあるブラックを基調としたヘアライン仕上げのフロントパネルにグリーンのLED がカッコよく光ってゲームプレイの雰囲気を高めてくれるデザインが印象的。ベンチマークによる性能評価も優秀で実際の使用感も高評価です。

■HP Pavilion Gaming Desktop 690 の特徴

  • 性能レベルが高くパフォーマンスも快適
  • ブラックのフロントパネルの中央でグリーンに光る LED がカッコいい!
  • 冷却効率に優れたエアフロー
  • ゲーミングやクリエイティブな作業などオールマイティなデスクトップPC

レビューでは、前半で外観デザインや本体内部をチェック、後半では各種ベンチマークを使った性能レビューを行います。

本体&モニター 正面側(斜め)

レビュー内容については 2019年12月18日時点のものです。

 

スペック構成

HP Pavilion Gaming Desktop 690 のおもなスペックです。

OS ■Windows 10 Home (64bit)
■Windows 10 Pro (64bit)
CPU ■インテル Core i5-9400 プロセッサー
■インテル Core i7-9700 プロセッサー
メモリ ■8GB(8GB×1) DDR4 2666
■16GB(8GB×2)DDR4 2666
ストレージ ■1TB HDD(SATA, 7200rpm)
■256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+1TB HDD(7200rpm SATA)
■256GB SSD(PCIe NVMe M.2)+2TB HDD(7200rpm SATA)
■512GB SSD(PCIe NVMe M.2)+2TB HDD(7200rpm SATA)
光学ドライブ DVDライター
グラフィックス ■インテル UHD グラフィックス 630
■NVIDIA GeForce GTX 1650
■NVIDIA GeForce GTX 1660
■NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti
LAN 10/100/1000 Mbps オンボードネットワークコネクション
ワイヤレス IEEE 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.2
本体サイズ 縦置き:約170×277×338 mm
重量 約 5.15kg
価格(税抜) 85,800円~

HP Pavilion Gaming Desktop 690 には、OS・CPU・メモリ・ストレージ・グラフィックスなどのスペックにより以下の4つのモデルがラインナップしています。

■スタンダードモデル
Windows10 Home/Core i5/8GBメモリ/256GB SSD+1TB HDD/GeForce GTX 1650

■パフォーマンスモデル(グラフィックレスエディション)
Windows10 Home/Core i7/16GBメモリ/1TB HDD/インテル UHD グラフィックス

■パフォーマンスモデル
Windows10 Pro/Core i7/16GBメモリ/256GB SSD+2TB HDD/GeForce GTX 1660

■パフォーマンスプラスモデル ← レビュー機
Windows10 Pro/Core i7/16GBメモリ/512GB SSD+2TB HDD/GeForce GTX 1660 Ti

今回はメーカーからお借りした パフォーマンスプラスモデル を試用してレビューを行います。

なお、各モデルのスペックや価格、キャンペーンなど最新情報は日本HP公式サイトでチェックできます。

 

HP Directplus 特別クーポン情報


当サイトでは日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える最大7%オフ特別クーポンを提供中です。
HP Directplus 最大7%オフ特別クーポン情報

 

外観チェック

クールな印象のフロントパネルがカッコいい

HP Pavilion Gaming Desktop 690 のフロントパネルはブラックを基調とした落ち着きのあるデザインです。

正面側

フロントパネルはヘアライン仕上げが施されていて、電源をオンするとフロントパネル中央の LEDラインがグリーンに光ってカッコいいです。

正面側(電源オン)

クールな印象のデザインはゲームプレイの雰囲気を高めてくれますし所有感も満たされます。

前後から見た写真です。

正面側と背面側

左右の側面です。

左側面
本体正面に向かって左側

右側面
本体正面に向かって右側

天面側です。

本体天面側
天面

底面側です。

本体底面側
底面

底面のゴム足は前面側の左右に実装されています。背面側は型取りされたボディの一部ですが安定性は良好です。

ミニタワーよりもコンパクト!

本体の大きさのイメージです。

本体の大きさイメージ(正面側)

本体の大きさイメージ(側面)

ミニタワーPC のサイズよりも一回りコンパクトなサイズです。

奥行きが浅いので、省スペースのデスクやテーブルの下に設置してもフロント側がはみ出すことはありません。

 

インターフェースのチェック

必要十分でアクセスしやすいインターフェース

インターフェースをチェックします。

インターフェース

■前面側
①電源ボタン
②ヘッドフォン/マイクコンボジャック
③メディアカードリーダ
④USB Type-A 3.1 Gen1×2
⑤USB Type-C 3.1 Gen 1
⑥DVDライター
■背面側
⑦マイク入力(ピンク)
⑧ライン出力(緑)/ライン入力(水色)
⑨USB Type-A 2.0×5
⑩USB Type-A 3.1 Gen 1
⑪LANポート(RJ-45)
⑫デュアルリンクDVI-D
⑬HDMI
⑭DisplayPort
⑮電源コネクタ

DVDドライブへメディアをセットしたときのイメージです。

インターフェース(DVDドライブ)

SDカードスロットは抜き挿し方式です。

インターフェース(SDカードスロット)

 

前面、背面側ともにアクセスしやすく、必要十分なインターフェースが実装されています。

とくに SDカードスロットが実装されている点は好印象です。写真編集するときにデジカメの画像データをスムーズに取り込めるメリットがあります。

 

本体内部のチェック

HP Pavilion Gaming Desktop 690 の本体内部をチェックします。

パーツへのアクセスは少し面倒

サイドカバーは 1本のネジを外し背面側にスライドさせれば簡単に開けることができます。なお、工具はプラスまたはマイナスドライバーが必要です。

サイドカバー固定しているネジ
矢印の指すところがサイドカバーを固定しているネジ

本体内部の全体イメージです。

本体内部の全体イメージ

各パーツの実装エリアをチェックします。

CPU の実装エリアです。

CPU
CPU

レビュー機の専用グラフィックスは NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti を搭載しています。

グラフィックボード
グラフィックボードは NVIDIA GeForce GTX 1660 Ti を搭載

拡張スロットの空きは PCI Express ×1スロット が 1つ。ただ、カードによっては干渉するかもしれません。

拡張スロットの空き
拡張スロットの空きは PCI Express ×1スロット

メモリ、SSD、HDD、DVDドライブです。

メモリ、SSD、HDD、DVDドライブ
メモリ、SSD、HDD、DVDドライブ

ここにアクセスするにはケージをはずす必要があります。

ケージをはずすには DVDドライブをフロント側から取りだし、ケージを固定しているネジ(トルクスドライバーまたはマイナスドライバー)を外したあと、ケージを奥側にスライドさせれば取りはずしできます。

少し手間のかかる作業ですので、メモリ増設などパーツを拡張する際には、あんぜんに作業するためにもカスタマーサポートにケージの取りはずし方法の確認をおすすめします。

電源ユニットは 容量 400W(80PLUS PLATINUM)です。

電源ユニット
電源ユニット

 

ベンチマークによる性能評価

ベンチマークでは、レビュー機の CPU・グラフィック・ストレージ性能のほか総合的なパフォーマンスを測定します。

使用したベンチマークは以下のとおり。

比較項目 使用するベンチマーク
CPU性能 CINEBENCH R15
CINEBENCH R20
グラフィック性能 3DMark
ドラゴンクエストX
ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター
ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ
ファイナルファンタジーXV
ストレージ性能 CrystalDiskMark
総合的なパフォーマンス PCMark 10

 

フロントパネルのグリーンのLED

 

 

CPU性能

CPU性能は CINEBENCH R15 と CINEBENCH R20 のベンチマークで評価します。

評価にあたっては、当サイトで計測したインテル Core i5-9400 プロセッサー搭載機の平均値と比較します。

■CINEBENCH R15

CINEBENCH R15
CPU
1395 cb
960 cb
CPU (Single Core)
201 cb
177 cb
 MP Ratio
6.94 x
5.43 x
Core i7-9700(レビュー機) Core i5-9400

■CINEBENCH R20

CINEBENCH R20
CPU
3097 cb
2296 cb
CPU (Single Core)
474 cb
426 cb
 MP Ratio
6.54 x
5.39 x
Core i7-9700(レビュー機) Core i5-9400

Core i7 9700 と Core i5 9400 の性能差は意外と大きいです。

比率でみると Multi Core で 1.3~1.4倍、Single Core では 1.2 倍程度の性能差があります。

Core i5 の性能レベルも高いですが、Core i7 は さらにパワフルなパフォーマンスが期待できます。

 

グラフィック性能

グラフィック性能はゲーム系のベンチマークで性能評価を行います。

評価にあたっては、当サイトで計測した GeForce GTX 1650 グラフィックス搭載機(別メーカー・ゲーミングPC)と比較します。

3DMark

3DMark のベンチマーク結果です。

3DMark
Cloud Gate
38701
30660
Night Raid
45683
33227
Sky Diver
36670
26398
Fire Strike
13940
7900
Time Spy
6460
3657
GTX 1660Ti(レビュー機) GTX 1650

3DMark の各テスト内容は以下のとおり。

Cloud Gate ホームPCやノートPC向けで DirectX 10 を想定したグラフィックス性能テスト
Night Raid DirectX 12 を使用したモバイルPCなど低スペックPC向けのグラフィックス性能テスト
Sky Diver DirectX 11 を使用したミドルレンジ・ゲーミングノート向けのグラフィックス性能テスト
Fire Strike DirectX 11 を使用したハイパフォーマンスゲーミングPC向けのグラフィックス性能テスト
Time Spy DirectX 12 を使用したゲーミングPC向けのグラフィックス性能テスト

ドラゴンクエストX[軽量級]

ドラゴンクエストX のベンチマーク結果です。

ドラゴンクエストX[スコア(評価)]
最高品質
解像度 1920×1080
21409(すごく快適)
21152(すごく快適)
GTX 1660Ti(レビュー機) GTX 1650

ファイナルファンタジーXIV[中量級]

ファイナルファンタジーXIV は「紅蓮のリベレーター」と「漆黒のヴィランズ」 2つのベンチマークで比較・評価します。

■紅蓮のリベレーター

紅蓮のリベレーター[スコア(評価/平均フレームレート)]
高品質(デスクトップPC)
解像度 1920×1080
16044(非常に快適/110fps)
9741(非常に快適/65fps)
最高品質
解像度 1920×1080
14849(非常に快適/100fps)
8473(非常に快適/57fps)
GTX 1660Ti(レビュー機) GTX 1650

■漆黒のヴィランズ

漆黒のヴィランズ[スコア(評価/平均フレームレート)]
高品質(デスクトップPC)
解像度 1920×1080
10183(非常に快適/69fps)
10018(非常に快適/67fps)
最高品質
解像度 1920×1080
9135(非常に快適/62fps)
8876(非常に快適/60fps)
GTX 1660Ti(レビュー機) GTX 1650

ファイナルファンタジーXV[重量級]

ファイナルファンタジーXV のベンチマーク結果です。

ファイナルファンタジーXV[スコア(評価)]
標準品質
解像度 1920×1080
6013(快適)
4797(やや快適)
高品質
解像度 1920×1080
5480(やや快適)
(未計測)
GTX 1660Ti(レビュー機) GTX 1650

 

軽量級から中量級のゲームタイトルでは、グラフィックス性能の差はほとんど変わらないですが、重量級のゲームタイトルになると性能差は大きくなるようです。

 

ストレージ性能

ストレージ性能については、CrystalDiskMark を使用して計測した SSD と HDD のデータ転送速度を掲載します。

データ転送速度
データ転送速度(SSD)

データ転送速度
データ転送速度(HDD)

 

総合的なパフォーマンス

PCMark 10 Extended を使って、実際の使用を想定した性能評価を行います。

評価にあたっては、当サイトで計測した別メーカー・デスクトップPC(Core i5-9400/8GBメモリ/256GB SSD/GeForce GTX 1650 グラフィックス)と比較します。(HP Pavilion Gaming Desktop 690 のスタンダードモデルに相当するスペックです)

PCMark 10 Extended
Total Score
7154
5527
 Essentials
8983
8589
 Productivity
8055
7116
 Digital Contents Creation
8501
6191
 Gaming
11515
6664
レビュー機 比較対象機

※テスト項目説明
 Total Score(総合的な評価)
 Essentials(普段の作業を想定した基本的なテスト)
 Productivity(ビジネスソフトの使用を想定したテスト)
 Digital Contents Creation(写真・動画編集を想定したテスト)
 Gaming(ゲーミングソフトの使用を想定したテスト)

 

比較対象機のスコアは高いレベルでバランスが取れていますが、レビュー機の HP Pavilion Gaming Desktop 690 は写真・動画編集などコンテンツクリエーションやゲーミングでかなり優位なスコアであることはおさえておきたいところです。

 

クリエイティブ性能の評価

クリエイティブ性能は RAWデータ現像(JPEGファイル書き出し)と動画エンコードの処理時間の計測で評価します。

評価にあたっては、当サイトで計測した別メーカー・デスクトップPC(Core i5-9400/8GBメモリ/256GB SSD/GeForce GTX 1650 グラフィックス)と比較します。

RAWデータ現像

RAWデータ現像に使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
Adobe Lightroom Classic

■条件等
・RAWデータ 50ファイルを一括書き出し
・フルサイズ、画質100%
・ホワイトバランスなどの編集はしない
・RAWデータサイズ 4,592×3,056(約14MB)
・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

レビュー機 比較対象機
処理時間 29.0秒 57.1秒

 

動画エンコード

動画エンコードに使用したソフトウェアや条件、処理時間は以下のとおりです。

■使用ソフトウェア
CyberLink PowerDirector 15

■条件等
・AVCHD動画(1920×1080)を mp4 形式で出力
(m2ts→mp4、720p、1280×720/30p 16Mbps)
・動画再生時間 10分間
・ほかのアプリは起動しない(常駐アプリは除く)

レビュー機 比較対象機
処理時間 1分39秒5 2分50秒1

 

レビュー機の処理時間も比較的早いですが、レビュー機は処理時間を半分近く短縮できるくらい圧倒しています。

 

駆動音・パーツ温度のチェック

駆動音のチェック

平常時は「ウーッ」という排熱のための気流音がわずかに聞こえる程度で静かです。

高負荷時でも気流音が大きくなることはなく平常時と同じくらい静かです。

パーツ温度のチェック

動画エンコード時とベンチマーク実行時について CPU の動作周波数と温度を計測、それらの関係をグラフ化しました。

動画エンコード時の CPU温度
動画エンコード時の CPU動作周波数と温度
(10分間の動画エンコード処理)

ベンチマーク時の CPU温度
ベンチマーク実行時の CPU温度
(ファイナルファンタジーXIV:漆黒のヴィランズを1回実行)

CPU はハイパフォーマンスをキープしつつ、温度が大きく上昇することもなく安定して推移しています。エアフローはとても良好です。

 

Windows の起動・再起動・シャットダウン時間計測

Windows の起動時間、再起動時間、シャットダウン時間を それぞれ 5回ずつ計測しました。

起動 再起動 シャットダウン
1回目 13.5秒 28.0秒 4.8秒
2回目 13.5秒 31.7秒 4.6秒
3回目 13.6秒 32.8秒 4.7秒
4回目 13.5秒 30.6秒 4.6秒
5回目 13.4秒 31.8秒 4.2秒
平均 13.5秒 31.0秒 4.6秒

感覚的にも早くて待ちのストレスはまったくありません。

なお、起動・再起動・シャットダウン時間は状況により多少変動するので、参考値としてください。

 

搭載ソフトウェア

『HP Pavilion Gaming Desktop 690』に搭載されている主なソフトウェアです。

主なソフトウェア(クリックで拡大表示できます)

Windows標準のソフトのほか、HP オリジナルのサポートソフト、セキュリティソフト「マカフィー リブセーブ」などがインストールされています。

DVD再生ソフトには「sMedio True DVD for HP」がインストール、DVDの映画も気軽に楽しめます。

sMedio True DVD
sMedio True DVD

 

付属品

本体ほか同梱品一式(電源コード、キーボード、マウス、ドキュメント類)です。

本体ほか一式

付属しているドキュメント類です。

ドキュメント類

【上記写真のドキュメント類について】
■上段左側から
・コンピューターの準備
・安心してお使いいただくために
・サポートガイド(保証規定)
・パソコン生活まるごと ガイドブック
■下段左側から
・速攻!HPパソコンナビ 特別編
・将来の下取りでプレミアムキャッシュバック受け取りの案内
・アンケートの案内
・お友達・ご家族紹介キャンペーン

 

まとめ

以上、『HP Pavilion Gaming Desktop 690』のレビュー記事をお届けしました。

Pavilion Gaming はもっとカジュアルにゲームを楽しみたいユーザーに向けたシリーズながら高いレベルの性能を備えているのが特徴です。

落ち着きのあるクールな印象のデザインにくわえ、ヘビーなゲームタイトルも意外と快適なパフォーマンスでプレイできるパワフルな性能は魅力です。

ゲーミングのみならず写真・動画編集などクリエイティブな作業にも使えるなどオールマイティなデスクトップPCといえます。

評価のポイントをまとめると・・・

高評価のポイント
・パワフルパフォーマンスで快適に使える
・高負荷時もパフォーマンスが安定している
・フロントパネルのデザインがカッコいい
・ゲーミングやクリエイティブ作業などオールマイティに使える

残念なポイント
・メモリやストレージの増設が少し面倒かも

『HP Pavilion Gaming Desktop 690』にラインナップするモデルや価格、キャンペーンなどの最新情報は日本HPの公式サイトでチェックできます。

 

 

HP Directplus 特別クーポン情報


当サイトでは日本HP公式オンラインストア「HP Directplus」で使える最大7%オフ特別クーポンを提供中です。
HP Directplus 最大7%オフ特別クーポン情報

 

正面(斜め)

 

LINEで送る
Pocket